Blended Finance

ブレンド・ファイナンス推進の取り組みを加速

要点
  • アリアンツGIは2017年以降、5つのブレンド・ファイナンス・ビークルで、25億ドル以上の出資コミットメントを獲得しています。
  • アリアンツGIは、アリアンツ・グループおよび地域の開発金融機関と提携して、新興市場を対象とする気候ソリューションのブレンド・デット戦略の立ち上げを目指しています。
  • AfricaGrowが新たな投資先を発表しました。
  • エマージング・マーケット・クライメート・アクション戦略はすでに活動を開始し、追加の譲許的資本の調達を進めつつ、第1弾の投資を実行しています。
     

アリアンツGIは、ブレンド・ファイナンスを推進する取り組みを加速しています。ブレンド・ファイナンスは、リスク調整された投資ストラクチャを実現する革新的な官民パートナーシップを通じて民間資本を動員し、開発途上国における国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するプロジェクトに投資します。アリアンツGIは、ブレンド・ファイナンスの実績を持つ資産運用会社であり、2017年以降、5つのブレンド・ファイナンス・ビークルで25億ドル以上の出資コミットメントを獲得しています。アリアンツGIのブレンド・ファイナンス・プログラムの規模と堅固さは、その開発中の商品の成長にも見てとれます。

サステナブル&インパクト・インベスティングのグローバルヘッド、マット・クリステンセンは、次のようにコメントしています。「国連の持続可能な開発目標に関する取り組みに資金を供給するために必要な投資資本の不足が拡大していることを考えると、今後、民間セクターの関与が不可欠になることは明らかです。ブレンド・ファイナンスは、適切なリスク構造を持つ官民金融パートナーシップとして、今すぐ必要な資金を新興国・開発途上国に提供します。こうした戦略は、民間投資を動員し、多国間の融資と協力を強化する具体的かつ革新的な市場主導のアプローチの好例といえます。ブレンド・ファイナンスは、アリアンツGIのチームがすでにフロントランナーとして高い評価を得ている分野です」

アリアンツ・クライメート・ソリューションズ・エマージング・マーケット(「ACSEM(アクセム)」)戦略

アリアンツGIは、アリアンツ・グループおよび地域の開発金融機関(DFI)と提携して、新興市場を対象とする気候ソリューションのブレンド・デット戦略の立ち上げを目指しています。これは、アリアンツGIの3つ目のブレンド・ファイナンス方式のデット戦略となり、DFIとともにパリ協定に沿ったプロジェクトに投資する合計10億ドル規模のリスクトランシェで構成される見込みです。したがって、投資にあたっては、気候緩和と気候適応の両方を考慮に入れ、低炭素セクターの資産が対象となります。この革新的なアプローチには、エネルギー、インフラのレジリエンス強化またはトランジション、金融機関、農業ビジネス、製造、サービスなどへの投資が含まれます。

新興市場は、世界的に大きな汚染源となっている一方、経済成長と人口の成長を牽引する市場でもあります。したがって、世界の気温上昇を1.5℃以内に抑えるというパリ協定の目標を達成するためには、資金の流れの転換と経済的・社会的変革が必要となります。ACSEMが目指すのは、気候変動の影響を軽減する一助となり、新興市場における低炭素・気候レジリエントな社会への転換のための資金調達を支援することです。

ACSEMは、真の官民パートナーシップとして、機関投資家や公益団体、慈善団体から民間資本を調達します。ACSEMには、ジュニア資本がポートフォリオのファーストロスを吸収するリスクトランシェ構造が組み込まれます。このイニシアティブにより、アリアンツGIは、資金が最も必要とされる市場において気候ソリューションに大規模な資本を動員しつつ、投資家が低リスクかつスケールアップ可能な方法で新興市場にアクセスできる魅力的なソリューションを生み出すことを目指します。

AfricaGrow

さらに、アリアンツGIは本日、AfricaGrowがこのほど、西アフリカのテクノロジー系スタートアップに初期の触媒的資本を提供する汎アフリカのアーリーステージのベンチャーキャピタル会社、ベンチャー・プラットフォーム(本社:ナイジェリア)に投資したことを発表しました。2019年に立ち上げられたAfricaGlowは、ドイツ政府の「アフリカとのコンパクト(Compact with Africa:CwA)」イニシアティブの中心をなす革新的な融資手段であり、ドイツ連邦政府の委託を受けたKwF開発銀行とアリアンツ傘下の保険会社数社が2億ユーロを共同出資しています。AfricaGrowは、ファンドオブファンズとして、実績と実力のあるアフリカ全土の地域別あるいは国別のプライベートエクイティとベンチャーキャピタルファンドに投資することで、アフリカ大陸の中小企業とスタートアップを支援しています。

AfricaGrowはこれまでに、8億ユーロを超える投資を確約しており、さらに2,500万ユーロが承認に近い段階にあります。同戦略は、ポジティブな社会的・経済的インパクトを生み出すという目標を既に達成しており、2021年末までに、ポートフォリオに含まれる4つの戦略によって1万5,000人(うち、3,520人は女性)の直接雇用を創出・維持し、830万ユーロを超える賃金を支払い、法人税1,100万ユーロを納めています(数値は、アリアンツGI独自のインパクト・フレームワークで測定)。

EMCAF

エマージング・マーケット・クライメート・アクション戦略(EMCAF)は、欧州投資銀行(EIB)とアリアンツGIが革新的なブレンド・ファイナンス戦略を目指して共同で発足した6億ユーロ規模の戦略です。EMCAFは、新興・開発途上市場におけるクライメート・トランジションを支えるインフラの新規開発に不可欠なアーリーステージのエクイティファイナンスを提供するもので、特に気候緩和、気候適応、環境プロジェクトに焦点を当てます。2022年6月にドイツのエルマウで開催されたサミットで主要7カ国(G7)は、気候関連インフラのために民間投資を動員し、多国間の融資協力を強化する具体的な市場主導のアプローチの例としてEMCAFを支持する姿勢を示しました。戦略のジュニアトランシェには、ドイツ政府の委託を受けKfWと、北欧開発基金、ルクセンブルク政府が出資しており、シニアトランシェにはアリアンツ傘下の保険会社、フォルクサム、EIBが出資しています。

戦略はすでに活動を開始し、民間セクターのシニアトランシェのコミットメントを全額引き出せるようにするために必要な追加の譲許的資本の調達を進めつつ、最初の投資を実行しています。最初の投資先には、収穫後のフードロス削減によるCO2排出量減と食糧安全保障の向上を目指して東アフリカの低温物流インフラに投資するARCH Cold Chain Solutions East Africa Fundが選ばれました。11月のCOP 27の席で、さらなる投資先が発表される予定です。

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

水は、生命にとってなくてはならないものですが、時には生命を脅かすものでもあります。温暖化と地球人口の増大に伴って干ばつと洪水の両方が増えることが予想される中、こうしたリスクの緩和と適応には、多大な努力が必要となります。今後は、ポートフォリオにおける水リスクのスクリーニングにせよ、水危機のソリューションを提供する企業の特定にせよ、水に対する投資家の注目が強まると予想されます。

詳しくはこちら

地球上の生物種の多くを絶滅から救う取り組みが時間との戦いとなる中、最近開催されたCOP 15会議で世界各国が生物多様性保全の危機に対応するための計画に合意しました。しかし合意の成功は、あらゆるステークホルダーが、国際的な生物多様性目標に沿った資金の動員と、危機の2つの側面である気候変動と生物多様性の損失に取り組むことに主眼を置き、密接に協力できるかどうかにかかっています。

詳しくはこちら

農作物の収量を増やすための従来のアプローチは、たとえば肥料や害虫防除の改善、より大型で優れた機械の使用などによって既存のプロセスを改良し、資本をより効率的に利用することによって、収量を少しずつ上げていくというやり方に頼っています。

詳しくはこちら