The future begins today.

投資環境の構造的な変化は、投資先や手法にも影響を与えており、これらの変化を理解し、対応することの重要性が増しています。中でも、"中国"、"金利"、"サステナビリティ"、"ディスラプション(破壊的な変革)"の4つは注目すべきテーマです。 これらのテーマは、新しい観点を提供し、これまでの投資分類を超えて考える助けとなります。明日の投資成果を左右する複雑な要因を明らかにし、解決の糸口となる重要な手法を提供するでしょう。

Navigating Rates

Navigating Rates

投資目標を達成するためには、"金利上昇"、"期待インフレの変化"、"為替の動き"など様々な要因を勘案し、ポートフォリオを再構築する必要があります。また、地政学的な混乱は新たな火種となる可能性があることも考慮しなくてはなりません。 国や地域によって成長性や金融政策の方向性が異なる中、ボラティリティは今後とも高まることが想定されます。それにより、投資家は、資産の安全な避難場所を探すのに苦労するでしょう。また、市場がどのように変化するのかの手がかりは限定的であり、予想を裏切られる恐れもあります。 しかし、私たちは、このような環境下でも魅力的な投資機会があると確信しています。パブリックとプライベートにまたがる投資対象の多様化は一つの鍵であり、私たちは、この複雑な環境を乗り切るためのアイディアと専門性を有しています。

低金利時代の投資をもっと知る

Embracing Disruption

Embracing Disruption

「ディスラプション(破壊的な変革)」は従来の定義を打破すべき時が来たと考えています。かつてはテック分野の話でしたが、今や「ディスラプション」はあらゆる分野に影響をもたらすものとなっています。テクノロジーとAIの発展が牽引し、この新しい破壊の波は、私たちの日常生活のあらゆる側面を新たに形作ろうとしています。また、その影響は深く且つ急速に拡大しており、パンデミックを契機に拡大したこのテーマの多くは、おそらく恒久的なものになることでしょう。

破壊的な変革をもっと知る

Achieving Sustainability

Achieving Sustainability

サステナブル投資は転換点にあり、投資家の関心は、その投資が意義のある投資であるかへと移り変わっています。また、その関心の移行は、効果の測定方法や影響度への関心を高めています。投資家は、サステナビリティの旅路において、様々なステージにおり、それぞれ異なった目標を有しています。私たちは、実現可能なアプローチ手法と本質的な発展への道筋に焦点を当てることで、サスティナブル投資を通じて世界に好影響をもたらすことに注力しています。

破壊的な変革をもっと知る

Interpreting China

Interpreting China

中国は変革し続けています。同国の経済成長は、テクノロジー、データ、サイエンスの技術革新を背景に推進されています。資本市場も同様に発展し続けており、世界の金融システムの一部として統合されつつあります。この投資機会を逃さず、このストーリーに参加するためには、中国ならではの政治的背景と戦略を理解することが不可欠です。

拡大する中国をもっと知る

2067572