ホワイトペーパー
  • モメンタム投資戦略はここしばらくアンダーパフォームしており、一部の投資家はモメンタムがリスク・ファクターとして有効でなくなったのではないかと疑っているようです。しかし、弊社はこの質問に対して、はっきりと「No」と答えます。



    > Download





  • 近年、株式市場が過去最高水準まで上昇した一方で、株式市場のボラティリティは過去最低水準にまで落ち込んでいます。総合的に見れば、投資家はあまりにも楽観的すぎるように見えます。しかし、過去9年間で最大の上げ相場を記録したため、投資家は株価評価(バリュエーション)とボラティリティ(株価変動率)の急激な逆転に備える必要があります。

    バリュエーションとボラティリティが均衡になると、株式と固定利付資産間の固定ターゲット配分を維持する資産割当に対するスタティック型アプローチでは運用に適さない可能性が高くなります。そこで、ダイナミック・アセット・アロケーションは、市場の低迷時にプリンシパルを最大限に保ちながら、投資家が上昇する市場に参加するのを助けることを目指しています。

    上げ相場が最終的に逆転するとき、投資家の運用を円滑にサポートする潜在力を持つ、ダイナミックなアプローチです。



    > Download





  • 旧来の分散ポートフォリオによるリスク管理は、金融市場が行き詰まったときなどに機関投資家に色々と制限を課します。

    ダイナミック・アセット・アロケーションは、ポートフォリオの分散効果を上げ、投資家がアセットクラス全体にわたるプラスおよびマイナスの傾向、そして、「上方・下方リスク」のポートフォリオを把握することによって、いわゆる「ファットテール現象」を管理することができます。

    ダイナミックなアセット・アロケーションは、投資家の目的や制約に応じて、機関投資家のポートフォリオの異なるニーズや目的に柔軟に対応した様々なアプローチを提供します。



    > Download 



  • 歴史的な低金利および内外株式の相関の高まりなどから、今、オルタナティブ投資戦略に関するニーズが高まりつつあります。

    オルタナティブ戦略は株式や債券との相関が低く、積極的に利益が期待できるという利点があります。

    マルチアセット・リキッド・オルタナティブ投資戦略は、市場動向に応じてアセット・アロケーション(資産の配分)とポジショニングを動的に調整することで、ポートフォリオの多様化を高いレベルに引き上げることができます。



    > Download