アリアンツ・グローバル・インベスターズの歴史

アリアンツ・グローバル・インベスターズは1998年に資産運用会社として設立され、現在では世界有数のアクティブ資産運用会社に成長しました。お客さまの資産運用におけるベスト・パートナーでありづづけることは、当社のこれまでの歴史において、一貫して重要な指針となっています。

現在のアリアンツGI

グローバルに統合された資産運用会社
今日、当社はお客さまとともに進化を続け、アリアンツ・グローバル・インベスターズの名の下に一つに結束されたグローバルな資産運用会社としてお客さまに最良のソリューションを提供することを目指しています。
Impact investments are the future

2018

Impact investments are the future
拡大する専門性

アリアンツ・キャピタル・パートナーズが2018年に会社に加わり、プライベート・マーケットと再生可能エネルギーへの専門性を広げました。

また、ロゲー・グローバル・パートナーズを買収し、グローバル債券へのケイパビリティを強化しました。

1999

サステナブル投資のパイオニア
1999年より、サステナブル投資のパイオニアとして、私たちの全ての主要戦略にESGインテグレーションを取り入れるなど、環境・社会・ガバナンス(ESG)の能力を高めてきました。
Impact investments are the future

アリアンツGIの成り立ち

アリアンツ・グローバル・インベスターズは、株式、債券、マルチアセットに加えて、オルタナティブ戦略についても強みを有しています。

Impact investments are the future
よりお客さまのニーズに応えるために
2011年にお客さまのより包括的なソリューションニーズに応えるため、これまでのマルチ・ブティック型の組織体制から、PIMCO とアリアンツ・グローバル・インベスターズを独立した二つの柱とする新しい体制にシフトしました。

2004

1つのビジネスを1つの名のもとに
2004年にドレスナーRCMグローバル・インベスターズを含むドレスナー・アセット・マネジメント・グループおよびアリアンツ・グループは、アリアンツ・グローバル・インベスターズという名前の下に1つに統合されました。
Impact investments are the future

2001

Impact investments are the future
ドレスナー銀行とPIMCOグループの買収

2001年にアリアンツはドレスナー銀行を買収し、ドレスナーRCMグローバル・インベスターズを含めたドレスナー・アセットマネジメントグループを傘下に加えました。

2000年には、NFJインベストメント・グループとオッペンハイマー・キャピタル、PIMCOグループを買収。翌年2001年にはニコラス‐アップルゲート・キャピタル・マネジメンも買収しました。

アリアンツの伝統

アリアンツは、資産運用において長期にわたる実績と豊富な経験を有しています。アリアンツは1890年の設立以来、世界中の個人投資家から機関投資家の方々まで、多くのお客さまの将来をより良いものにすることに重きを置き、70か国、8,200万ものお客様にサービスを提供してきました。

アリアンツ・グループの歴史を知る

詳細はこちら

アリアンツの考え方

私たちのバリューについてもっと知る

インクルージョン&ダイバーシティ

インクルージョン&ダイバーシティへの取り組みについてもっと知る