Five themes for 2024

テーマ3:ESGの終焉、そしてESG 2.0の喜ぶべき復活

弊社はこのほど、2024年にサステナビリティの議論に大きく影響する可能性がある5つのテーマを発表しました。本稿では、その第3のテーマであるESGと、その本来の目的への回帰がどのような状況にあるかを考察します。

3文字から成る語のうち、ESGほど多くの混乱、あるいは動揺とも呼べる状況を生み出した語はまれです。環境、社会、ガバナンス(ESG)投資という概念が初めて正式に導入されたのは2004年のことでしたi。ESGという語は近年、ミッション・クリープ(当初の目的以上に活動が拡大してしまうこと) に悩まされており、「良い行い」を優先させること、あるいは、投資収益の増加に先行する価値観の押し付けとみなされてきました。このほか、大手ESG情報サービス各社 の間で不透明なESG格付けが用いられii、異なるサービス会社間でESG評価を比較するのが難しい点も問題になっています。

とはいえ、潮目は変わりつつあります。弊社はこの先、ESGがリスク重要性 という本来の目的に立ち返るとみています。このESGのルネッサンスを促しているのが、高品質で革新的なデータ収集です。このデータ収集によって、インパクトと依存性の両リスクについて確実に透明性を保って定量化することが可能になっています。

アリアンツ・グローバル・インベスターズはESGに対しどのようなアプローチをとっているのでしょうか。弊社ではすべての運用資産についてリスク評価を行っており、3段階でリスク重要性を考察しています。

段階1:テーマ別の重要性

弊社はトップダウンレベルでサステナビリティの3つの重要テーマ(気候変動、プラネタリーバウンダリー、包括的資本主義 )について、インパクトまたは重要性が最も大きいセクターを特定しています(下図の各重要テーマの例を参照)。


Allianz Global Investors Sustainability Research and Stewardship

出所: Allianz Global Investors Sustainability Research and Stewardship


このテーマ別重要性マップは重点的エンゲージメントおよびリサーチの柱となるもので、チームはセクターと個別企業の両方についてリスク・機会の評価に大きな確信を得ることができます。またこのマップは、弊社独自の企業評価、スコアリングシステム(ネットゼロ・アライメント・シェア などiii)に役立ち、業界やテーマ別の共同イニシアチブ(ネイチャー・アクション100 など)に弊社が参加する上でも有用です。

段階2:セクター別の重要性

弊社は、リサーチチームおよび投資部門のスペシャリストと共同で、業種を幅広く24分類するためのサステナビリティのセクターフレームワークを策定しました。このフレームワークには弊社独自のサステナビリティ重要性マトリックスが取り入れられており、環境、社会、コーポレートガバナンス、企業行動という共通の4つのファクターに対して重要性を評価しています(高、中、低)。重要性マップは、弊社のリサーチおよびエンゲージメント活動(推奨されるエンゲージメントに関わる問題も含む)の指針となるだけでなく、それぞれのサブファクターが具体的な関連の未加工データと調整され、2024年に導入される弊社独自の新しいサステナビリティ格付け(PSR)に取り込まれる予定です。

段階3:企業別の重要性

個別企業を評価するにあたり、弊社は質と範囲の両面で最適のESGデータを継続的に調査しています。弊社のサステナビリティ・インサイト・エンジン、「スージー(SuSIE)」 で利用できる「ESGプロファイル」は、リスク、論争、サステナビリティ、炭素、気候、その他の指標などの対象範囲が拡大し続けています。また弊社は、リスク重要性を2つのキーカテゴリーに区別することが重要だと考えています。

  • 有害なインパクト:企業の具体的な活動の結果として生じます。これらの有害インパクトは、規制や、政府、消費者の介入を受けたり、企業の評判に影響が生じたりすることで、罰金の賦課、収益減、またはコスト増という形で財務的重要性に置き換わる可能性があります。
  • 脆弱な依存性:企業活動、または企業活動を支えるサプライチェーンに対する外部インパクトの結果として生じます。これらの脆弱な依存性は、収益やコストの変動という形で財務的重要性に置き換わる可能性があります。

生物多様性に関わるインパクトおよび依存性の分析事例を、最もインパクトの大きいセクターと併せて下図に示しています。


生物多様性関連リスクの二重の重要性
生物多様性関連リスクの二重の重要性

出所:Allianz Global Investors


弊社のESGへのアプローチは全般に、多面的なリスク重要性評価という本来の目的に回帰しています。鍵になるのはデータです。AIおよび機械学習を含めた新しいデータ収集技術や、一層進歩的なデータがもたらす未来に、弊社は期待を膨らませています。

i The Global Compact, https://www.unepfi.org/fileadmin/events/2004/stocks/who_cares_wins_global_compact_2004.pdf, 2004
ii CFA Institute, https://blogs.cfainstitute.org/investor/2021/08/10/esg-ratings-navigating-through-the-haze/, August 2021
iii ネットゼロ・アライメント・シェア(NZAS)はアリアンツGI独自のKPIで、企業を5つのネットゼロ準備評価のいずれか1つに格付けします。

Top Insights

2024.5.7 | 市場展望インサイト

2024年に米国が複数回利下げを実施するとの期待は後退しています。従来、こうした事態は新興国市場(EM)債券にとってマイナス要因とみられてきました。ところが、スプレッドや利回り全体の水準が示唆しているのは、デフォルトに対するレジリエンスが高まった成熟市場に利益獲得の可能性があるということです。

詳しくはこちら

テクノロジー関連

AIの急速な台頭は、2030年までに世界経済にプラス13兆米ドルの効果をもたらす可能性がありますが1、その将来の成長は、2つの見落とされがちな要素、つまりインフラとエネルギーに大きく依存しています。データセンターからエネルギー効率の高い技術に至るまで、産業がどのように適応しようとしているのか、理解を深めましょう。

詳しくはこちら

テクノロジー関連

弊社はサステナブル投資家として、万人にとって安全で持続可能な未来を確実なものにする、現実的で永続的な変化を世界にもたらすことが可能です。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。