サステナビリティデータ:潮目を変える

持続可能な成果と財務的なリターンを結び付けて理解するには、独自開発された堅固なESG1データアーキテクチャが不可欠です。課題は、入手可能な膨大なサステナビリティデータを、すぐに役立てられる洞察に変えることにあります。

要点
  • 非財務要素を投資判断に組み込むことが主流になりつつありますが、何を、どのように組み込むかについては、まだ発展途上にあります。
  • グローバルな資産運用会社がデータ、投資対象の絞り込み、レポーティングに関する現在および将来のニーズに応えるためには、ESGデータに特化した戦略が不可欠と弊社は考えています。
  • 弊社のサステナビリティ・メソドロジーズ・アンド・アナリティクスという専任チームは、公開市場と非公開市場の両方のアセットクラスにおけるデータの選定、集約、実装に伴う課題に戦略的に取り組んでいます。
  • 「スージー(SusIE)」と呼ばれる弊社の新しい「サステナビリティ・インサイト・エンジン」は、ESGデータをよりよく理解するための独自開発されたデータツールです。

近年、資産運用業界では、環境・社会・ガバナンス(ESG)投資というテーマが大きく成長し、変化しています。投資家の関心の高まりとともに、ESGインテグレーションに対する規制の考え方が進み、新型コロナのパンデミックや地政学的ショックを背景にサステナビリティ投資の再考が迫られています。しかし、この業界はまだ、サステナビリティデータの入手と適用のための最善の方法に取り組んでいません。

ESGデータの管理に特化した思慮深いアプローチがなければ、資産運用会社は大量のデータを扱いきれなくなる恐れがあります。ESGデータ管理が戦略的に不可欠なものになっていることから、アリアンツ・グローバル・インベスターズでは、スコアや格付、重要業績評価指標(KPI)、不祥事・違反といった、膨大なサステナビリティデータを投資家が理解できるように導く専門チームを設けています。

ESG開示が世界的に著しく成長

ESG開示はこの数十年で著しい成長を遂げ、いまや世界の大企業のほとんどがサステナビリティ報告を実施するようになっています(図表1参照)。この変化を後押ししてきた2つの大きな要因が、投資家の関心と規制です。

企業は、サステナビリティ報告や企業の社会的責任(CSR)報告に対する投資家の関心に、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト2、グローバル・レポーティング・イニシアティブ3、サステナビリティ会計基準審議会4などの業界団体が提供するフレームワークを通じて対処しています。これらの団体は、企業によるESG開示を促進し、企業が公開すべき最も重要なESG項目について指針を提供しています。

図表1:世界におけるサステナビリティ報告の実施率、1993~2022年

出所: KPMG International5

2つ目の、おそらくより目立つ要因は、近年、資本市場に押し寄せている規制の波です。大陸レベルでも国レベルでも、規制当局は企業によるサステナビリティ情報の開示にさまざまな要件を定めています。その一例が欧州委員会の「主要な悪影響(PAI:Principal Adverse Impact)」フレームワークで、悪影響を及ぼす可能性のある投資についての比較分析を可能にする特定の指標や方法論の使用を義務付けています6。この規制の進化は、特に欧州大陸以外の地域で続くと思われます。

企業によるESG開示の範囲と程度は、今後数年で大きく拡大することが予想されます。たとえば、気候変動に関する報告は、スコープ1と2の排出量にとどまらず、スコープ37、メタン、カーボンオフセット、さらにはガバナンスなど、はるかに幅広い要素へと拡大しつつあります。開示の拡大は、ネットゼロ、タクソノミーとの一致、サステナブル投資の割合8といった項目の定量化に役立つでしょう。提示される情報が増える中、どのステークホルダーも、役に立たない分析に惑わされることがないように、改善と適応を図らなければならなくなります。

過ぎたるは及ばざるがごとし?

投資家はすでに、現在出回っている大量のサステナビリティデータの扱いに苦慮しており、ソースや方法論の多様化――どちらも、今後数年で爆発的に増えると予想される――が必ずしも役に立っているとはいえません。大きな課題となっているのが、規制を受けていない情報サービス会社から入手したデータです。そのような情報サービス会社は増える一方であり、現在、1,000社を超えると推定されます(図表2を参照)。こうした中、データの収集、解釈、方法論、提供に関してさまざまな基準が存在するようになり、リスク、サステナビリティ、インパクト、不祥事に関する測定指標のアウトプットに差異が生じています。

私たちを悩ませるこの複雑さと統一性の欠如は、数値にも表れています。成熟した信用格付機関が提供するアウトプットの相関は少なくとも94%9ですが、大手ESG情報サービス会社が提供する格付の相関は、それよりも低く、ばらつきが多いことが、CFAインスティテュートの2021年の調査から見てとることができます(図表3参照)。

図表2:ESG格付・評価会社の成長

出所: Allianz Global Investors *予測値

図表3:ESG格付の相関(%)

出所: CFA Institute10

サステナビリティデータ専用プラットフォーム「スージー」

財務業界が国際財務報告基準(IFRS)をまとめ上げるまでに数十年を要しましたが、私たちは非財務基準について同じことをその数分の一の時間で達成しようとしています。アリアンツGIでは、サステナビリティには、非常に特殊な専用のデータ選定・集計アプローチが必要だと考えています。

そこで2021年に、サステナビリティ・メソドロジーズ・アンド・アナリティクスというチームを立ち上げ、透明性が高く、堅固なデジタルアーキテクチャの開発を進めました。開発されたこのアーキテクチャが、「スージー(SuSIE)」と呼ばれる弊社の「サステナビリティ・インサイト・エンジン」です。

スージーは、弊社の投資担当者にESG、サステナビリティ、インパクトに関するデータを、関連する視点や見解とともに届ける役割を果たします。スージーには、対象とするデータソースの範囲を決定し、入手したデータを効率的に集計して、市販のフロントオフィスツールに取り込むための堅固なアプローチが組み込まれており、新しいデータの導入、冗長なデータの除去、新しい顧客向け商品との連携をサポートします。一例は、2023年後半にリリースが予定されている、新しいネットゼロ・アライメントツールキットです。

図表4:アリアンツGIのスージーのESGプロフィール見本、保険セクターA社の例

スージーのダッシュボード画面の画像。複数の要素にわたるESGスクリーニングと不祥事スコアを表示。

スージーに用いるデータの範囲の決定方法

弊社では、市場に出回っているさまざまなアプローチの考え方の多様性を重視しており、それがモデルのアウトプットにおける意図しない潜在的な偏りを避けるのに役立っています。しかし、さまざまなソースをどのように扱うかについては規律が必要であり、弊社は情報サービス会社を大きく3つのカテゴリーに分類しています11

  • ジェネラリスト―生データ、ピア分析、ESGスコア、ESG要素の定性的分析など、総合的なESGサービスを提供する企業。
  • スペシャリスト―粒度が非常に細かく、特定分野やニッチな分野に特化した情報、視点(小型株、プライベートマーケットなど)、テーマ(生物多様性、社会的インパクトなど)を提供する企業。
  • テクノロジー―人工知能や自然言語処理のような代替的なデータ収集技術を利用して、新種のサービスや分析を提供する企業。そうした提供商品・サービスには、フォワード・ルッキングな指標、より幅広い投資可能ユニバースのカバレッジ、ニュースフローのスクリーニング、真に独立した生データセットなどがあります。

ESGテクノロジーを活用した未来に備える

どのテクノロジーにも変化はつきものであり、弊社は、変化への備えも怠っていません。現在、データの進化において次の3つの要素が重要となる可能性が高いと考え、それらの要素を堅固かつレジリエントなESGデータ戦略にどのように組み込むかを定めています。

  1. 外部から購入したデータに依存している現状から脱却する、データ収集の進化。新しいテクノロジーのおかげで、利用可能な代替的な独立したソースが増え、より多くの視点を取り込むことが可能になります。将来的には、質の高い生データを外部の専門家の見解で補完するハイブリッドモデルが考えられます。
  2. 膨大なデータに対処する強力なエンジンと効率的なデータ処理。これには、個別のソースに対してクレンジングや照合、計算を実施し、一貫性のある標準化されたデータセットに変換・区分する作業が含まれます。より粒度の高いE、S、Gそれぞれの評価基準は、投資判断と資産配分に役立つ情報をもたらし、顧客報告に関する期待要件を満たします。
  3. 新しいテクニックを生かしたリスク評価。現在は公式な報告書からのデータ抽出が主流ですが、新しいテクノロジーを企業のバリューチェーン全体に適用することで、重大なリスクに対するより詳細で予測的な理解が可能になります。個別の非財務リスクの測定基準を充実させることは、投資におけるこれらのリスクの分散に役立ちます。

ESG情報収集・分析の今後の進化

まとめると、ESGデータの分野では、データの量と複雑さが急速に拡大しています。投資家は資産運用会社に対し、規制・報告に関する厳しい要求を満たしつつ、投資決定へのESG要素の統合やリスクと機会の把握を手助けすることを期待するようになるでしょう。弊社は、データの規模と複雑性がもたらす機会に乗じ、お客様が投資アプローチの目まぐるしい進化の時代を読み解き、乗り切ることができるように導きます。非財務的な結果を財務的なリターンと結び付けて理解するには、独自開発された堅固なESGデータアーキテクチャが不可欠です。

1 ESG=環境・社会・ガバナンス
2 Carbon Disclosure Project – www.cdp.net/en
3 Global Reporting Initiative – www.globalreporting.org
4 Sustainability Accounting Standard Board – www.sasb.org
5 出所:KPMG Survey of Sustainability Reporting 2022, KPMG International, September 2022. 全世界の調査対象5,800社(世界各地のトップ企業)は、世界58の国・地域それぞれにおける売上高上位100社、計5,800社を表します。世界上位250社は、2021年のフォーチュン500のランキングに基づく、世界の売上高上位250社を表します。
6 他の例には、EUの非財務情報開示指令2014/95/EUとコーポレート・サステナビリティ報告指令案があります。
7 スコープ1、2、3は、温室効果ガス排出量のさまざまなカテゴリーであり、スコープ3には、顧客が企業の製品を使用することで生じる排出量が含まれます。 https://www.weforum.org/agenda/2022/09/scope-emissions-climate-greenhouse-business/
8 EUサステナブルファイナンス開示規則の定義により、「サステナブル」とみなされるファンドの割合
9 24業種400社を対象とするスタンダード・アンド・プアーズ、ムーディーズ、フィッチレーティングスの長期債格付に関するリサーチによる。Kevin Prall, “ESG Ratings: Navigating Through the Haze,” blog posting at CFA Institute, 10 August 2021.
10 24業種400社のESG格付に関するリサーチによる。Kevin Prall, “ESG Ratings: Navigating Through the Haze,” blog posting at CFA Institute, 10 August 2021.
11 将来的には、パブリックなソースやNGO、ジェネラルあるいはスペシャリストのプレスリリース、業界団体といった、契約によらないデータソースや非公式のデータソースからなる第4のカテゴリーを設けることを考えています。

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

市場展望インサイト

欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化を近く開始しない理由は、もはやほとんどありません。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

中国は欧州の投資家にとってさまざまな意味で重要な市場です。欧州企業の方が、米国企業よりも国際的なエクスポージャーが多い傾向にあります。ここ数十年の中国の目覚ましい経済成長は、欧州企業にとって巨大な市場機会を生み出しました。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

「ペットヒューマニゼーション」は、ペット向けフードやヘルスケア、サービスのプレミアム化に対する需要をかき立てており、特にアジアのペット市場は驚異的な成長を見せています。

詳しくはこちら

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。