Two-Minute Tech

次の大きな生成AI成長の波は「エッジAI」か

生成人工知能(AI)コンピューティングは、集中型データセンターから「エッジAI」へと移行しつつあり、ユーザーに対しより高速でよりパーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。また、投資家に魅力的な機会をもたらすことが期待されています。

  • AIコンピューティングは、データセンターからエンドユーザーへと拡大し、より強固なAIエクスペリエンスを生み出しています。
  • エッジAIエクスペリエンスとはどのようなものでしょうか。会話をリアルタイムで翻訳するAI搭載のスマートフォンや、パーソナライズされたAIアシスタントを装備した自動運転車を想像してみてください。
  • エッジAIへの拡大は、エッジAIのデバイス、サービス、AIインフラへの投資機会を創出する可能性があります。

生成AIは、変革をもたらす力として2023年に登場しました。世界の注目を集め、そして多額の投資を呼び込んでいます。しかし、生成AIはまだ初期段階にあり、そのメリットは現在バリューチェーンの限られた部分に集中していると弊社は考えます。弊社は、今後数年間で生成AIがより広範に採用されるにつれ、この状況は変わる可能性が高いと考えます。そして、「エッジAI」の世界は重要な成長分野になると見られ、2025年までに、作成されるすべての企業データの半分をエッジAIが担うと分析されています1

エッジAIとは

現在、ほとんどのAIコンピューティングアクティビティ(生成AIを含む)は、大規模なデータセンターで集中管理されており、AIモデルは膨大な処理能力を活用できます。しかし、生成AIの普及が進むにつれて、コンピューティングはエンドユーザーにより近い「エッジ(末端)」に向かって拡大すると弊社は予想します。このシナリオでは、スマートフォン、自動車、PC、エッジサーバーが、より多くの処理負荷を担い、より高速で低レイテンシー(低遅延)のエクスペリエンスを実現します。

私たちエンドユーザーにとって、それはどのようなものでしょうか。AI搭載のスマートフォンが、海外旅行中にリアルタイムで正確な会話翻訳を行うところを想像してみてください。あるいは、パーソナライズされたAIアシスタントを装備した自動運転車も考えられます。エッジAIを活用する企業には、自社を差別化し、よりパーソナライズされた効率的なサービスを提供し、競争力を獲得する機会がもたらされます。

エッジAIへの移行が理にかなう理由

エッジAIが集中型モデルと比べてなぜこのような強みを持つのかを理解するには、AIの2つの主要なコンピューティングアクティビティ、すなわちトレーニングと推論の理解が重要です。

  • トレーニングには、AIモデル内でのインテリジェンスの開発が含まれます。これは、人が社会に出る前に教育や訓練に何年も費やすのと似ています。ChatGPTのような生成AIモデルのトレーニングプロセスには、ウェブサイト、書籍、ウィキペディアの記事など膨大な量のテキスト分析が含まれます。このトレーニングは、相互接続された数千台の高性能グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)により促進されます。それらのGPUは、このフェーズで要求される処理の実行に最も適しています。
  • AIモデルが適切にトレーニングされると、より広範な利用のために展開されます。これは推論(inference)と呼ばれるプロセスです。推論の間、AIモデルはユーザーの要求に応じて、写真の生成、レストランのおすすめの提供、最近のイベントの概要といったタスクを実行します。特に何百万人ものユーザーが生成AIアプリで積極的に関与している場合、推論コンピューティングがトレーニングの要求を上回る可能性があります。

データセンターのみでAI推論を実行すると、コストが高くつき、そしてユーザーエクスペリエンスが低下してしまう可能性があります。この問題を解決する最善の方法は、推論コンピューティングをネットワーク全体(データセンター、エッジサーバー、ユーザーに最も近いデバイス)に分散させることです。これは、モバイルゲームやソーシャルメディアの写真フィルターですでに起こっています。そこでは推論コンピューティングは末端に分散され、ユーザーエクスペリエンスを向上させています。生成AIも同様の軌道をたどる可能性が高いと思われます。

投資家がエッジAIにプラグインする方法

最近、いくつかの企業が今後のエッジAI製品の発売について発表しています。

  • 大手半導体企業数社は、AIアルゴリズムを実行するため特別に設計されたチップである、新しいニューラル・プロセッシング・ユニット(NPU)を発表しました(そのうちの1社は、AI搭載PCが今後2年以内に1億台という驚異的な台数に達する可能性さえ予測しています)2
  • 別の有名な半導体企業は、オンデバイスの生成AI機能を装備したモバイル・コンピューティング・プラットフォームを導入しました。
  • ある世界最大級のスマートフォンメーカーは、自社が製造するすべてのスマートデバイスにAIを組み込む意向を表明しています。

新しいエッジAIデバイスとサービスの導入は、投資に大きな影響を与えます。まず、エッジAIは、デバイスのユーザーがアップグレードを待つ傾向が強まる中、成長が鈍化しているPCやスマートフォンの販売を再活性化する可能性を秘めています3。さらに、エッジAIデバイスの採用は、スマートフォンの初期の波を受けてモバイルアプリが爆発的に普及したのと同様に、次の「キラーアプリ」の出現への道を開きます。そして最後に、エッジAIの成功は、新しいAIモデルのブレークスルーを達成するためのさらなる研究努力を促進し、それにより企業はAIインフラへの投資拡大が必要となる可能性が高いと弊社は考えます。

1 Morganstanley.com: What 'Edge AI' Means for Smartphones. As of February 2024
2 Intel newsroom: Intel Launches Industry’s First AI PC Acceleration Program. As of October 2023
3 Techcrunch: Smartphone sales to rebound on AI gains, Morgan Stanley says. As of December 2023.

Top Insights

テクノロジー関連

AIの急速な台頭は、2030年までに世界経済にプラス13兆米ドルの効果をもたらす可能性がありますが1、その将来の成長は、2つの見落とされがちな要素、つまりインフラとエネルギーに大きく依存しています。データセンターからエネルギー効率の高い技術に至るまで、産業がどのように適応しようとしているのか、理解を深めましょう。

詳しくはこちら

Two-Minute Tech

米食品医薬品局(FDA)は、人工知能(AI)および機械学習を活用したメドテック(Medical(医療)とTechnology(技術)を組み合わせた造語)関連ツールの承認数を増やしてきました。これらの機器は、医療の診断と検出に革命をもたらしており、患者、病院、投資家に等しくメリットを提供します。

詳しくはこちら

Two-Minute Tech

生成人工知能(AI)コンピューティングは、集中型データセンターから「エッジAI」へと移行しつつあり、ユーザーに対しより高速でよりパーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。また、投資家に魅力的な機会をもたらすことが期待されています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。