貯水不足に対処する

水の利用可能性は、生活のカギを握るものですが、その水の利用可能性が近年、圧迫されるようになっています。世界的な干ばつの深刻化、水インフラの老朽化、水の需要と供給の不均衡の増大は、そこに暮らす人々や産業活動、そして人々の生活を支える農業部門に大きな圧力をもたらしています。

要点

  • 貯水は、水不足を防いで水の利用可能性を守るために不可欠です。
  • 過去50年にわたり、世界の自然の貯水量は、約27兆m³減少しました1
  • 貯水バリューチェーン全体にわたる投資は、水不足とそれに関連する水力発電問題に対処するのに役立ちます。

水ストレスの影響を軽減するために、水不足の時期に水の利用可能性を高めるのに役立つ持続可能な水供給・貯水ソリューションが必要とされています。

貯水不足の増大

貯水不足の増大

出所:World Bank: What the future has in store – A New Paradigm for Water Storage, February 2023.

水の安全保障に不可欠な貯水

水ストレス関連の課題への対処において、貯水が重要な持続可能な水管理技術とみなされることは滅多にありません。しかし、天然・人工の貯水とその混合型の貯水は、長期にわたる干ばつや予測の難しい降水量の影響を軽減するのに以下の点で役立ちます。

  • 雨が降らない期間中、住民や産業のさまざまなニーズを満たす
  • 水力発電(設備容量と発電量で最大のエネルギー源)を支える
  • 洪水による環境・社会的リスクを軽減する
  • 全季節を通じて水路交通へのアクセスを確保する

貯水が地域社会、企業、地域にもたらす恩恵を考慮すると、既存の天然の貯水池(帯水層、湖、湿地帯)を保全し、向上させるとともに、人工の貯水システムの刷新と開発に投資することが極めて重要です。

水の循環

コロラド川流域:危機に瀕する天然の 巨大貯水池

水の過剰使用が問題となっているコロラド川への依存度が高い米国の7州が最近、水の消費量を削減し、この水路の保護に取り組む協定を結びました。ちなみに、コロラド川は、以下のための重要な水源となっています。

  • 4,000万人以上への飲料水の供給
  • 国内有数の農地への灌漑水の供給2
  • 周辺8州への水力発電の供給
  • 年間約600億米ドル相当の穀物と家畜の生産に必要な水(オリンピックサイズのプール600万個を満たすのに必要な水に相当)の供給3

この協定に基づき、2026年まで300万エーカーフィート(オリンピックサイズのプール600万個を満たすのに必要な水に相当)の節水が実施され、 バイデン政権が成立させたインフレ抑制法からコロラド川流域の水域、都市、先住民コミュニティに12億米ドルが補償されることになっています4

上流州

全体的に、インフレ抑制法の予算のうち100億米ドル以上が干ばつ救済や洪水の緩和、国内の水インフラの気候変動対策に向けられています。超党派インフラ法(2021年)や飲料水・廃水インフラ法(2021年)を通じて米政府が900億米ドル以上の予算を割り当てている中、水に100億米ドルを投資するのは素晴らしいことですが、水がようやく、しかるべき注目を集めていることを示すさらなる証拠を得ることが重要となります。

2021年米国飲料水・廃水インフラ法

最近成立した協定は、まさに時宜を得たものでした。コロラド川流域は、20年にわたり干ばつに見舞われている5一方、雪解け水が例年に比べ劇的に減少したことが、川の水位と、パウエル湖およびミード湖というコロラド川流域の2大貯水池の水位の低下を加速させています。

水力発電への貯水問題の影響

この憂慮すべき事態は、広範囲に影響を及ぼしています。というのも、コロラド川水系は周辺の地域社会に水を供給しているだけでなく、この地域の重要な経済要因であり、米国経済に年1.4兆ドルを貢献し、近隣州における1,600万人の雇用を支えているからです8。さらに、コロラド川流域が干上がると、電気代や水道代にも大きな影響が及ぶ可能性が高く、水位の低下につれ電気代や水道代も上がるでしょう。電力需要が上がり続ける中で貯水池の水力発電能力が低下すれば、太陽光や風力などの代替的な再生可能エネルギー源のためのインフラ建設を検討しなければならなくなります。

注目すべき数字として、ミード湖のフーバーダムとパウエル湖のグレンキャニオンダムは現在、流域7州の住民約400万人に水力発電による電力を供給しています9

また、コロラド川流域だけでなく米国全体の観点から河川流量の減少や貯水池の水位の低下の影響を考えた場合、水力発電が米国の再生可能エネルギーの発電量全体に占める割合は28.7%、米国の発電量全体に占める割合は約6.2%であることにも留意する必要があります10

こうした状況下では、既存の水力発電能力を回復させ、新たな水力発電能力を構築するために、さらに資金を振り向けることが今まで以上に急務となっています。

貯水のバリューチェーン全体にわたって投資する

貯水槽の漏れの修理、貯水池の堆積物の除去、貯水池から人々や企業への水の輸送の管理、貯水ライフライクルへの対処といった、すぐに成果の出る解決策は、十分な水供給を確保するためにもちろん欠かせませんが、貯水問題に包括的に対処するには、そうした手っ取り早い解決策にとどまらない取り組みが必要となります。

より広く、体系的な観点から持続可能な水管理を考えるということは、バリューチェーン全体にわたりイノベーターとイネーブラーを特定することを意味します。これは、帯水層や湿地帯といった、淡水の大半が貯えられている天然の貯水池を理解し、モニタリングし、保全するのに役立つ技術から、特定の気候条件や現地の条件、地域の条件に合わせた人工の貯水システムを設計する企業まで、多岐にわたります。環境への影響を最小限に抑え、貯水池の効率性と多様性を最大化することが極めて重要です。

とりわけ、全体的なアプローチに従って持続可能な形で貯水能力を管理し、既存の貯水能力を回復させるとともに新たな貯水能力を構築するためには、天然、人工、混合型の貯水能力を組み合わせて、それぞれの持つダイナミクスを調和させる統合的なソリューションが必要とされています。

Top Insights

市場展望インサイト

欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化を近く開始しない理由は、もはやほとんどありません。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

中国は欧州の投資家にとってさまざまな意味で重要な市場です。欧州企業の方が、米国企業よりも国際的なエクスポージャーが多い傾向にあります。ここ数十年の中国の目覚ましい経済成長は、欧州企業にとって巨大な市場機会を生み出しました。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

「ペットヒューマニゼーション」は、ペット向けフードやヘルスケア、サービスのプレミアム化に対する需要をかき立てており、特にアジアのペット市場は驚異的な成長を見せています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。