生物多様性保全 の危機:COP15から見えてきた7つのポイント

地球上の生物種の多くを絶滅から救う取り組みが時間との戦いとなる中、最近開催されたCOP 15会議で世界各国が生物多様性保全の危機に対応するための計画に合意しました。しかし合意の成功は、あらゆるステークホルダーが、国際的な生物多様性目標に沿った資金の動員と、危機の2つの側面である気候変動と生物多様性の損失に取り組むことに主眼を置き、密接に協力できるかどうかにかかっています。

要点
  • 2022年12月のCOP 15開催に至るまでの4年に及ぶ交渉、そして会期中2週間にわたって繰り広げられた活発な議論の結果として、2015年にパリで達成された気候温暖化に関する1.5℃目標の合意に匹敵する合意が成立しました3
  • 最も注目される目標は、2030年までに世界の陸域、内水域、沿岸・海洋域の少なくとも30%を効果的に保全・管理することを掲げています1
  • しかし、2030年までに現在の生物多様性のための国際支援を3倍に増やすという約束4は、生物多様性の損失と戦うには十分でないかもしれません。
  • 今後は、生物多様性の保護とクライメートトランジションとのつながりを強める必要があると弊社は考えています。

自然の劣化を食い止めるための大規模な行動計画がこのほど合意されたことを受け、国際的な保全活動に大きな弾みがついています。しかし、「自然界にとってのパリ協定の瞬間」と呼ばれるこの合意の成功は、今後数十年のうちに生物多様性の損失を逆転させるための資金を確保できるかどうかにかかっています。

モントリオールで開催された国連生物多様性会議(COP15)は2022年12月、それまでの4年に及ぶ交渉と会期中2週間にわたる活発な議論の末、さまざまな保全目標を定めるポスト2020年グローバル生物多様性フレームワーク(GBF)1を196カ国が採択して幕を閉じました。合意された内容は、大がかりなものですが、それは必然といえます。国連によれば、100万種以上の動植物が絶滅の危機に瀕しており、その多くは数十年以内に絶滅する恐れがあります2。気候変動は近年、政府や投資家から大きな関心を集めています。今回の合意をきっかけに、2023年は生物多様性が気候変動と同等の重要な課題として扱われるようになるでしょう。以下に、今回の合意に対する弊社の7つの所見をまとめました。

Icon

 1.「30 by 30」目標の合意:自然界にとってのパリ協定の瞬間

最終合意に盛り込まれた目標の中で最も注目されるのは、2030年までに世界の陸域、内水域、沿岸・海洋域の少なくとも30%を効果的に保全・管理することを目指す「30 by 30」合意です。この合意はまた、劣化した生態系の少なくとも30%を回復させることも目標に掲げています(現状では、保護対象となっているのは陸地の17%、海洋の10%)5。一方、こうした保護対象地域における有害な活動を明示的に排除するには至りませんでした。それでも、今回の合意の重要性は、今世紀末までの気温上昇を1.5℃に抑えるように努めるという2015年のパリ協定に匹敵するものです。

Icon

2. 地球の守り手の保護が不可欠

自然界を保護するためには、そのスチュワード(管理人)となる地域社会を守る必要があるため、今回の合意には社会的保護も盛り込まれています。特徴的な側面は、先住民族コミュニティの権利の保護と、保全における彼らのスチュワードとしての役割が認識されたことでした。先住民族コミュニティが世界の人口に占める割合は5%にすぎません。しかし、彼らの活動と理解は、地球の生物多様性の80%を守るのに役立ちます6。今回の合意は、先住民族が主導する保全モデルが標準となるべきであり、意思決定への先住民族コミュニティの参加が不可欠であることを明確にしています1。 
 
Icon

3. 予算は拡大したものの、まだ不十分

地球上最も豊かで最も繊細な動植物の生息地の多くは、開発途上国にあり、その保全には資金が必要です。会議では、開発途上国への資金拠出を増やし、2025年までに年200億米ドル、2030年までに年300億米ドルにするという約束がなされました1。この金額は、生物多様性に対する現在の国際支援の2倍、3倍に相当します。しかし、気候の場合と同様、資金の問題はまだ満足のいく形で対処されていません。発表された資金拠出は一つのスタートではありますが、2030年までに生物多様性の損失を逆転させるために必要な1年当たり推定7,000億米ドルの資金不足を埋めるには、ほど遠い水準です。

Icon

4. 環境に有害な補助金と有害な廃棄物の削減という重要な合意

過去10年間の生物多様性目標の主な失敗として挙げられてきたのが、環境に有害な補助金です。これに対応するため、各国政府は今回の会議で、林業、農業、水関連の分野で生物多様性に悪影響があるとされる補助金を年5,000億米ドル減らすことで合意しました1。また、世界の食品廃棄物を半減させ、有機性廃棄物を少なくとも5割削減するという目標も合意されました。その他の目標には、農薬と有害な化学物質の使用を半分以上減らすことや、2030年までにプラスチック汚染の撲滅を達成するために取り組むことなどが盛り込まれました1

Icon

5. 自然への影響に関する企業開示に向けた土台作り

今のところ、事業活動が自然に与える影響について企業に要求される開示は、環境に関して義務付けられている開示ほど厳しくありません。今回合意されたフレームワークでは、自然資本に関する義務化は見送られました。現在、そのような詳細な開示要件を設けている国はごく少数にとどまっています。とはいえ今回の合意には、各国政府に大企業や金融機関による「生物多様性へのリスク、依存、影響」の開示を徹底するよう求める内容が盛り込まれました1。生物多様性の影響を評価するさまざまな指標についてコンセンサスに到達することは困難だとしても、この動きは、重要な土台作りになります。

Icon

6. 保全のための戦いにおいて金融業界の力を利用する

生物多様性の危機を逆転させるには、政府以外のステークホルダーの助けが必要です。この会議と並行して発表された2つの重要なイニシアティブは、協調的なアプローチが可能であることを示していました。一つは、合計24兆米ドルを超える資産を運用する150の金融機関がGBFの採択を各国政府に呼びかける声明を発表したことでした7。そしてもう一つは、自然と生物多様性の損失の縮小に向けた企業の意欲と行動の促進を目指す世界的な投資家エンゲージメントのイニシアティブ「ネイチャー・アクション100」が発足したことです8。このイニシアティブの目的は、生物多様性の損失を逆転させるためにシステム上重要とみなされる主要セクターの企業に関与し、コミットメント、行動、公共政策活動を促すことにあります。

Icon

7. 次は、生物多様性と気候のつながりを強める番

現在、焦点は、2024年にトルコで開催される次の生物多様性会議(COP16)に移ってきています。GBFの支持を表明した196カ国すべてが、生物多様性に関する戦略と行動計画を、生物多様性のための資金不足を埋める戦略とともにアップデートする必要があります。そのような行動は、生物多様性の損失に対処しない結果としてもたらされるリスクに対する関心を高めるとともに、このトピックに政治的・財政的支援を集中させるのに役立ちます。こうした取り組みをきっかけに、先に述べた7,000億米ドルの資金不足をどうやって埋めるかという議論が活発化することが期待されます。弊社では、生物多様性とクライメートトランジションとの間には強い相互関係と相互依存性があると考えています。そのつながりが正式に認識されていないことが、十分な資金を振り向けることを妨げる要因となっています。このつながりを正式に認識し、民間セクターや特に影響力の大きいセクターの貢献についてより明示的な指針を示すことにより、必要な緩和と適応のための措置に対する関心が高まり、ひいては生物多様性危機を抑制するための取り組みを後押しすることになるでしょう。
 

1 Convention on Biological Diversity, Nations Adopt Four Goals, 23 Targets for 2030 in Landmark UN Biodiversity Agreement, 2022 https://prod. drupal.www.infra.cbd.int/sites/default/files/2022-12/221219-PressRelease-Final.pdf
2 United Nations Environment Programme Nature’s Dangerous Decline ‘Unprecedented’ Species Extinction Rates ‘Accelerating’, 6 May 2019
3 United Nations, Paris Agreement 2015 https://unfccc.int/sites/default/files/english_paris_agreement.pdf
4 Paulson Institute; Nature Conservancy; and the Cornell Atkinson Center for Sustainability, Financing Nature: Closing the Global Biodiversity Financing Gap, 2020
5 Protected Planet Report, 2020 https://livereport.protectedplanet.net/
6 WWF, Recognizing Indigenous Peoples’ Land Interests is Critical for People and Nature, 2020
7 Principles for Responsible Investment 150 financial institutions, managing more than $24 trillion, call on world leaders to adopt ambitious Global Biodiversity Framework at COP 15, 13 December 2022
8 Nature Action 100, https://www.natureaction100.org/

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

水は、生命にとってなくてはならないものですが、時には生命を脅かすものでもあります。温暖化と地球人口の増大に伴って干ばつと洪水の両方が増えることが予想される中、こうしたリスクの緩和と適応には、多大な努力が必要となります。今後は、ポートフォリオにおける水リスクのスクリーニングにせよ、水危機のソリューションを提供する企業の特定にせよ、水に対する投資家の注目が強まると予想されます。

詳しくはこちら

地球上の生物種の多くを絶滅から救う取り組みが時間との戦いとなる中、最近開催されたCOP 15会議で世界各国が生物多様性保全の危機に対応するための計画に合意しました。しかし合意の成功は、あらゆるステークホルダーが、国際的な生物多様性目標に沿った資金の動員と、危機の2つの側面である気候変動と生物多様性の損失に取り組むことに主眼を置き、密接に協力できるかどうかにかかっています。

詳しくはこちら

農作物の収量を増やすための従来のアプローチは、たとえば肥料や害虫防除の改善、より大型で優れた機械の使用などによって既存のプロセスを改良し、資本をより効率的に利用することによって、収量を少しずつ上げていくというやり方に頼っています。

詳しくはこちら