政策変更が中国の先進テクノロジー企業の追い風に

中国にはイノベーションを先導してきた長い歴史がありますが、政府の政策はその伝統を継続し、同国の次の段階の経済成長の物語を牽引するものとなることを保証しています。

要点

  • 中国は意欲的な経済成長目標を掲げています。このビジョンを達成するためには技術とイノベーションの進歩が不可欠です。
  • 中国政府はイノベーションを推進する政策をとっていますが、テクノロジー部門に関わる最近の政策変更が一因で、産業テクノロジー企業が消費者テクノロジー企業をアウトパフォームしています。
  • こうした技術や政策の変更をうまく捉えることができる企業は、その恩恵を受ける有利な立場にあるでしょう。

2020年に公表された中国の最新の5カ年計画では、「イノベーション」という語が165回、「デジタル」が81回、使用されています。これに対し、「共産党」への言及は54回にとどまっています。2035年までのGDP倍増を目標に掲げる中国政府が、技術大国への道のりの強化に重点を置いていることは、明白です。

中国におけるここ数年来の経済成長の筋書きは、プラットフォームとハードウェアの両面で消費者テクノロジーの成長と密接に関連していました。ところが現在、政府はハイテク製造業を重視する姿勢を鮮明にしており、産業テクノロジーのグローバルリーダーとしての地位を獲得すべく、イノベーションの新しい波に乗り出しています。この目標を達成することは、同国が戦略上最も重視する経済領域で自国調達を実現する鍵になるとみられます。例えば、経済成長目標の達成に欠かせない技術インフラの構築は、中国が重視する領域の一つです。

中国が消費者テクノロジーよりも産業テクノロジーに投資と資源を集中させる政策を採用したことは、注目に値します。株式市場は2019年には早くもこのテクノロジー政策の変更を予見していました。この年、半導体株指数がインターネット株指数をアウトパフォームし始めたのです。これは、消費者テクノロジーに対する厳しい措置がとられて注目を集めた2021年から、2年も前のことでした。中国政府は2021年に消費者テクノロジー部門に対する監視を強化するとともにより厳格な規制を施行し、中国の複数の有名テクノロジー企業株が影響を受けました。

テクノロジー政策における軸足の移行

この政策変更は、中国政府が計画する自国のテクノロジーの未来について、多くのことを示唆しています。そして、技術大国化する中国から利益を得たい投資家にとって、いくつかの中国企業の銘柄が魅力的な投資対象になるかもしれません。

中国にイノベーションの新しい波が到来している証拠は多々あります。電気自動車(EV)市場において中国は既に世界最大の市場になっており、世界の販売台数の約40%を占めています。再生可能エネルギーでも太陽光発電網における世界の発電量の70%超を占め、世界トップに立っています。現在開発段階にある新薬は1,000を超えているほか、産業ロボットでも世界最大市場となっています。

これに加え、中国は特許および商標の出願数においても世界に占める構成比が最も高く、2020年においては特許出願全体の45.7%、商標出願の54.3%が中国です1。図表1のとおり、研究開発費ではまだ北米がリードしていますが、中国が差を縮めています。

図表1:世界の研究開発費(10億米ドル)
Exhibit 1: Global R&D expenditure (USD bn)

出所: OECD data, Allianz Global Investors, as of 2020

政策で新しいテクノロジーを支援

新しいテクノロジーを真っ先に活用できる企業は、政策、経済両面の追い風に恩恵を受け、利益を大きく伸ばしています。弊社は、産業オートメーション、グリーンテクノロジー、ヘルスケア、半導体、スマート輸送などの分野に投資機会があると考えています。

ロボット密度 は国のテクノロジー開発に関してよく使用される指標です。人口高齢化と人件費の上昇を受け、中国企業は産業オートメーションを採用し、ロボットを導入しています。この動きは、中国のロボット密度が急上昇し、世界上位10カ国にランクインするほどの急ペースで進んでいます。ロボティクスの導入はまだ初期段階にあるとみられ、さらなる成長の余地があります。

中国が掲げる壮大な将来計画に一層重要なのが、半導体でしょう。中国の半導体輸入は金額ベースで原油を上回っています。チップは製造技術のさまざまな局面で重要な商品です。電気自動車だけでみても、半導体は、モーター制御、カメラ、人と機械のインタラクション、高性能プロセッサー、ディスプレイシステムやその他のさまざまな機能に欠くことができません(図表2)。半導体に支えられた技術への需要が拡大するにつれ、半導体自体に対する需要もこれに合わせて増加する公算が大きいでしょう。

図表2:技術進歩とともに増大する半導体の需要(スマート輸送の場合)
Exhibit 2: Semiconductor demand to rise with technological advancement (eg, smart transportation)

出所: Allianz Global Investors

先端医療

ヘルスケア も急成長中のイノベーション分野です。人口がますます高齢化し、豊かになる一方で、健康水準は悪化しているため、ヘルスケアに対するニーズが急拡大し、その成長を後押ししています。弊社の試算によると、中国では2060年までに65歳以上の人口がおよそ4億人に達し、人口のほぼ3分の1を占めるようになるとみられます。その半数程度が、がんや心血管疾患、神経性疾患に罹患すると予想されます。同時に、若年層の糖尿病と肥満の罹患率も急上昇しています。

こうした疾患の治療のために、薬剤開発や医療機器のイノベーションが急速に進んでいます。図表3に示したとおり、現在、臨床試験段階にある薬剤は約1,500と、ごく最近の2016年時点の約300から急増しています。

中国は長年にわたるその先端医療の歴史を土台に一層の発展を探っており、ヘルスケア部門のイノベーションが投資機会をさらに拡大するとみられます。ヘルスケア部門上位5社の時価総額でみると、現在、中国は欧州の上位5社の4分の1程度にとどまっており、米国の上位5社との比較ではわずか15%に過ぎません。このため弊社では、今後10~20年のさらなる成長の余地が非常に大きいと予想しています。

図表3:中国における「画期的」薬剤の臨床試験数

出所:PharmaGO database as at May 2022. 上記の情報は説明のみを目的として提供されるものであり、特定証券または戦略の売買を推奨するものでも、投資について助言を行うものでもありません。過去の実績や、いかなる予測、予想、見通しも、将来の成績を示唆するものではありません。

産業テクノロジーとヘルスケアが中国の成長を牽引

中国では国内消費や不動産などの部門がここ数十年の成長を先導してきましたが、2020年代に入り、そのバトンは産業テクノロジーやヘルスケアを中心とする先進テクノロジー部門に委ねられました。先進テクノロジー部門は中国経済の広い範囲で重要であるため、政府は今後もこれらの部門の企業を支援する環境を推進していくと考えられます。

図表4から看取されるとおり、これらの部門は既に大きく拡大しています。イノベーションを最もうまく利用しているこれらの企業が、将来的に一段と大きな投資機会を提供する可能性があるでしょう。

図表4:MSCI中国株指数およびMSCI中国A株オンショア指数全体のセクター別銘柄数
Exhibit 4: Number of stocks per sector in MSCI China and MSCI China A Onshore Index combined

出所:Bloomberg as at 31 March 2022. 上記の情報は説明のみを目的として提供されるものであり、特定証券または戦略の売買を推奨するものでも、投資について助言を行うものでもありません。

1) WIPO Statistics Database, February 2022
  • Disclaimer
    Investing involves risk. The value of an investment and the income from it will fluctuate and investors may not get back the principal invested. Past performance is not indicative of future performance. This is a marketing communication. It is for informational purposes only. This document does not constitute investment advice or a recommendation to buy, sell or hold any security and shall not be deemed an offer to sell or a solicitation of an offer to buy any security.

    The views and opinions expressed herein, which are subject to change without notice, are those of the issuer or its affiliated companies at the time of publication. Certain data used are derived from various sources believed to be reliable, but the accuracy or completeness of the data is not guaranteed and no liability is assumed for any direct or consequential losses arising from their use. The duplication, publication, extraction or transmission of the contents, irrespective of the form, is not permitted.

    This material has not been reviewed by any regulatory authorities. In mainland China, it is for Qualified Domestic Institutional Investors scheme pursuant to applicable rules and regulations and is for information purpose only. This document does not constitute a public offer by virtue of Act Number 26.831 of the Argentine Republic and General Resolution No. 622/2013 of the NSC. This communication’s sole purpose is to inform and does not under any circumstance constitute promotion or publicity of Allianz Global Investors products and/or services in Colombia or to Colombian residents pursuant to part 4 of Decree 2555 of 2010. This communication does not in any way aim to directly or indirectly initiate the purchase of a product or the provision of a service offered by Allianz Global Investors. Via reception of his document, each resident in Colombia acknowledges and accepts to have contacted Allianz Global Investors via their own initiative and that the communication under no circumstances does not arise from any promotional or marketing activities carried out by Allianz Global Investors. Colombian residents accept that accessing any type of social network page of Allianz Global Investors is done under their own responsibility and initiative and are aware that they may access specific information on the products and services of Allianz Global Investors. This communication is strictly private and confidential and may not be reproduced. This communication does not constitute a public offer of securities in Colombia pursuant to the public offer regulation set forth in Decree 2555 of 2010. This communication and the information provided herein should not be considered a solicitation or an offer by Allianz Global Investors or its affiliates to provide any financial products in Brazil, Panama, Peru, and Uruguay. In Australia, this material is presented by Allianz Global Investors Asia Pacific Limited (“AllianzGI AP”) and is intended for the use of investment consultants and other institutional/professional investors only, and is not directed to the public or individual retail investors. AllianzGI AP is not licensed to provide financial services to retail clients in Australia. AllianzGI AP is exempt from the requirement to hold an Australian Foreign Financial Service License under the Corporations Act 2001 (Cth) pursuant to ASIC Class Order (CO 03/1103) with respect to the provision of financial services to wholesale clients only. AllianzGI AP is licensed and regulated by Hong Kong Securities and Futures Commission under Hong Kong laws, which differ from Australian laws.

    This document is being distributed by the following Allianz Global Investors companies: Allianz Global Investors U.S. LLC, an investment adviser registered with the U.S. Securities and Exchange Commission; Allianz Global Investors Distributors LLC, distributor registered with FINRA, is affiliated with Allianz Global Investors U.S. LLC; Allianz Global Investors GmbH, an investment company in Germany, authorized by the German Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin); Allianz Global Investors (Schweiz) AG; in HK, by Allianz Global Investors Asia Pacific Ltd., licensed by the Hong Kong Securities and Futures Commission; ; in Singapore, by Allianz Global Investors Singapore Ltd., regulated by the Monetary Authority of Singapore [Company Registration No. 199907169Z]; in Japan, by Allianz Global Investors Japan Co., Ltd., registered in Japan as a Financial Instruments Business Operator [Registered No. The Director of Kanto Local Finance Bureau (Financial Instruments Business Operator), No. 424], Member of Japan Investment Advisers Association, the Investment Trust Association, Japan and Type II Financial Instruments Firms Association; in Taiwan, by Allianz Global Investors Taiwan Ltd., licensed by Financial Supervisory Commission in Taiwan; and in Indonesia, by PT. Allianz Global Investors Asset Management Indonesia licensed by Indonesia Financial Services Authority (OJK).

    2402302

Top Insights

市場は大きく変化しています。再び資本の調達コストの高まりが懸念され、株式以外の選択肢を検討する必要があるかもしれません。ただ、これは単に、超低金利と良好なインフレ環境が長期化した金融市場が正常な状況に戻ったことを意味するのでしょうか。それとも、この先には何か不確定要素があるのでしょうか。2023年は市場が調整され、安定し始めるにつれて、投資家にとって潜在的な機会が出現する可能性があると考えています。

詳しくはこちら

戦争、景気の減速、エネルギー価格高騰を背景に、今年は持続可能性へのコミットメントが試される1年となっています。困難にかかわらず、こうした問題は最終的にはエネルギー転換を加速させる役割を果たし、サステナブル投資機会を積極的に追求しようとする投資家を後押しすると思われます。

詳しくはこちら

ウクライナでの戦争をきっかけに起こったエネルギー危機を受けてエネルギー転換が見直されており、原子力と天然ガスという議論の分かれる電力源に注目が集まっています。持続可能な投資に関するEUタクソノミーに含めることで、将来のエネルギーミックスにおける原子力と天然ガスの役割が明確になるのでしょうか。

詳しくはこちら