Sustainability | ~ 2 min. read

持続可能性にとって重要なものを測定する

サステナビリティデータのソースや情報サービス会社があふれかえる中、重要な情報を見極めることが難しくなっています。弊社には、この問題を解決するソリューションがあります。

「数えられるものすべてが重要なわけではない。重要なものすべてが数えられるわけではない」。アルバート・アインシュタインが言ったとされることの多いこの言葉は、サステナビリティデータの使用にも当てはまるかもしれません。非財務データを投資判断に組み込むことに関しては意見が一致しているものの、それをどのように行うかについては、意見の一致はほとんど見られません。

サステナビリティデータのけん引役である投資家と規制当局の間には、循環的なループが存在しています。重要な定性的要素があると、投資家は、それを自らに有利に利用するために測定対象に含めることを望みます。すると規制当局は、それをどう測定するかを決定しようとします。投資家はその測定方法についても自分に有利な状況を生み出そうとする、といった具合です。

その結果、環境・社会・ガバナンス(ESG)開示は飛躍的に増大し、いまや世界の大手グローバル企業の80%近く、世界の上位250社にいたっては96%がサステナビリティ報告を行っています1。しかし、測定の規模と複雑さは今後も変化していくことが予想されます。

過ぎたるは及ばざるがごとし?

投資家は今日、大量のサステナビリティデータがあちこちに散らばる状況に直面しています。サステナビリティデータを提供する情報サービス会社は、実に1,000社を超えています。さらにソースと方法論が多様化しているため、どの情報サービス会社とデータを利用すればいいのか、投資家が混乱するのは無理もありません。これを端的にまとめているのが、CFAインスティテュートが2021年に行った以下の相関分析です2。分析の結果は、情報サービス会社によって相関の度合いが大きく異なることを示しています。対照的に、成熟した信用格付機関は94%の相関を示しています。

表:ESG格付の相関(%)

表:ESG格付の相関(%)

出所:CFA Institute3

何が正解なのか?

アリアンツ・グローバル・インベスターズでは、重要な2つのポイントを認識しています。第1に、サステナビリティデータには独自のアーキテクチャが必要であり、第2に、情報サービス会社に依存している状況から脱却して、透明性が高く、十分な範囲をカバーする生データに焦点を当てる必要があるということです。

弊社のサステナビリティ・メソドロジーズ・アンド・アナリティクスチームは、独自開発したアプローチを用いて、最も関連性の高いデータを選定し、さまざまな方法論を一元的に集約・統合して、得られたインサイトを公開市場・非公開市場両方のアセットクラスのフロントオフィスツールに取り込んでいます。

生データに焦点を当てることで、最も関連性の高いデータを分離し、さまざまなデータ収集・解釈手法や提供手法、方法論を駆使して、非財務的な結果について理解を深め財務的なリターンと結び付けることが可能となります。さらに、データ環境の進化に合わせて容易に、より優れた新しいデータソースを組み込むこともできます。

スージーのご紹介

このアプローチは、弊社の新しいサステナビリティ・インサイト・エンジン「スージー(SusIE)」の中核をなすものです。スージーについては、今後のブログ記事で詳しくご紹介します。

また、サステナビリティデータに対する弊社のアプローチについては、以下の記事をご覧ください。 https://jp.allianzgi.com/ja-jp/jp-insights/outlook-and-commentary/sustainability-data-turning-the-tide

1 出所:KPMG Survey of Sustainability Reporting 2022, KPMG International, September 2022. Worldwide sample of the top 5800 companies represent a worldwide sample of the top 100 companies by revenue in 58 countries or jurisdictions, 5800 companies in total. World’s 250 largest companies represent the world’s 250 largest companies by revenue based on the 2021 Fortune 500 ranking.
2 CFA Institute is a global association of investment professionals which offers the Chartered Financial Analyst (CFA) designation.
3 Study on ESG ratings of 400 companies in 24 industries, Kevin Prall, “ESG Ratings: Navigating Through the Haze,” blog posting at CFA Institute, 10 August 2021.

Top Insights

市場展望インサイト

英国の選挙結果が明らかになったいま、投資家はどのような結論を得ることができるのでしょうか。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

11月の米選挙に注目が集まりますが、勝者が誰かによって市場への影響が大きく異なる可能性があります。党指名獲得を確実にした2候補の政策を分析した結果では、分割政府(ねじれ議会のこと)を前提にした場合、トランプ氏が勝利したケースの方が短期的に市場の反応は大きくなると思われます。

詳しくはこちら

市場展望インサイト | 2024.06.27

自国市場以外への投資は、新しい機会を開くかもしれません。けれども、為替レートの変動による課題が生じる可能性もあります。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。