試される欧州の回復力

来週、中国では旧正月の祝賀行事によって流動性が低下することが予想され、市場参加者の関心は中国経済の再開からそれるだろうと見られます。

それに代わって、欧州経済が勢いをつけ注目を集めることを期待しています。昨年末以降、ユーロと欧州株式はともに堅調に推移しています。米国株は長期的な強気相場であるため、ラリー相場でアウトパフォームすることが期待されますが、2022年第4四半期以降の株式の回復は、米国以外の市場によって主導されています。

欧州目線では、どのような変化があったでしょうか。

変化の一端は、割安なバリュエーションに見て取れるでしょう。しかしそれには、相対的な景気循環の勢いの変化が多く影響しています年間の欧州天然ガス価格は昨年8月に頂点をつけてから大きく減落していますが、依然として2020年初頭の56倍の水準にあり、一部の欧州産業にとって構造的な課題となっています。

昨年のガス価格の高騰が成長期待を押し下げた一方で、今回の下落は3つの意味でユーロ圏の資産に有利に働くと見られます。

まずは、欧州における消費者の経済的な圧迫軽減です。さらなる物価上昇のリスクをめぐる不確実性は、消費者と企業の需要を押し下げました。したがって、不確実性を緩和することで、ある程度の需要回復が期待できるでしょう。

次に、政府はエネルギー価格ショックによる消費者支援を約束しましたが、これらの支援コストは想定よりも低く収まるだろうとみられます。これは、国債の供給を増やすための買い手探しに苦心している周辺国政府にとって、助けになるだろうと思われます。

最後に、エネルギーコストの低下は、ユーロ圏の交易条件を押し上げる要因となるでしょう。ユーロ圏の貿易収支がより協調的に回復するだろうとの見込みは、ユーロの回復を支え、米ドル建ての商品価格による国内インフレへの圧力を軽減することにつながるとみられます。

ZEW経済指標では回復が示されていますが、来週のユーロ圏企業調査では、さらなる改善がみられると予想されます。しかし、それ以上に景気回復の勢いが見られるかどうかは、ユーロ圏のコアインフレ率が急上昇するかにかかっているでしょう。市場はインフレ圧力が全般的に低下するとの見通しを楽観視していますが、欧州中央銀行(ECB)は12月の会合で、2023年初めに異常価格となった商品やサービスがさらに値上げされる可能性を警告しています。もしそれが現実となれば、ECBは12月の理事会で約束した「春までに3%まで迅速に利上げを行う」を実行に移し、夏までにさらに引き締める可能性は十分にあるでしょう。この金融引き締めは引き続きユーロを支えるだろうと思われますが、春に向けて欧州の株式には、強い逆風となるかもしれません。

今週のチャート
Momentum in recent data has improved in Europe versus the US

Quelle: Refinitiv Datastream, AllianzGI Stand: 16.01.2023

来週を考える

来週は、さまざまな重要指標の発表が予定されており、米国と欧州で2月初旬に開催される中央銀行総裁会議を前に、重要な情報が得られる機会となるでしょう。

ユーロ圏では、ユーロ圏の企業活動を最も幅広く 示す購買担当者景気指数(PMI)年初に発表されますが、こちらはさらなる小幅な上昇を見込んでいます。さらにIFO景況感指数は、2022年後半、ユーロ圏全体の景気を下回ったドイツが、エネルギー価格への圧力が緩和した今、他の圏域に追いつけるかどうかを示す指標となるでしょう。

米国ではPMI に加え、第 4 四半期の GDP発表されますが、第 3 四半期に見られた強い回復の後の成長が、トレンド並みかそれ以上かを示すと予想され ます。耐久財受注は11月に見られた損失をいくらか回復すると予想されますが、製造業が厳しい環境にあるという認識を変えるには至らないでしょう。また、米国では、連邦準備制度理事会(FRB)が好んで使用するコアPCEインフレ指標が金曜日に発表される予定です。市場では、コアインフレ率(年率)は引き続きFRBの目標値に近づくと予想されています。これが実現すれば、次回のFRB会合で25bpの利上げが実施されるとの見方が濃厚となるでしょう。

日本では、2023年年初のインフレモメンタムの兆候が、東京のCPI(消費者物価指数)で見られるかもしれません。

最後に、直近のデータでは、英国は今のとこ景気後退を免れているようです。PMIのデータは、この状態が続くのか、またいつまで続くのかを示す指標となるはずです。しかし、PMIの結果にかかわらず、イングランド銀行は、引き続き上昇を続ける賃金を注視するでしょう。

市場では、今後開催される中央銀行の会合への注目が高まっています。米国経済回復のモメンタムが弱まり、ユーロ圏の経済成長予想を裏付ける指標が発表されるシナリオは、引き続きユーロ圏の回復を後押しすると思われますが、株式市場で大きな上昇が起こるためには、企業収益の改善が確認される必要があるでしょう。
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

水は、生命にとってなくてはならないものですが、時には生命を脅かすものでもあります。温暖化と地球人口の増大に伴って干ばつと洪水の両方が増えることが予想される中、こうしたリスクの緩和と適応には、多大な努力が必要となります。今後は、ポートフォリオにおける水リスクのスクリーニングにせよ、水危機のソリューションを提供する企業の特定にせよ、水に対する投資家の注目が強まると予想されます。

詳しくはこちら

地球上の生物種の多くを絶滅から救う取り組みが時間との戦いとなる中、最近開催されたCOP 15会議で世界各国が生物多様性保全の危機に対応するための計画に合意しました。しかし合意の成功は、あらゆるステークホルダーが、国際的な生物多様性目標に沿った資金の動員と、危機の2つの側面である気候変動と生物多様性の損失に取り組むことに主眼を置き、密接に協力できるかどうかにかかっています。

詳しくはこちら

農作物の収量を増やすための従来のアプローチは、たとえば肥料や害虫防除の改善、より大型で優れた機械の使用などによって既存のプロセスを改良し、資本をより効率的に利用することによって、収量を少しずつ上げていくというやり方に頼っています。

詳しくはこちら