セイ・オン・クライメート:期待に応えられるか?

「セイ・オン・クライメート(Say on Climate)」決議は、現時点での導入状況はまちまちですが、企業にその気候目標に対する責任を持たせるのに有効な手段です。企業のクライメート・トランジション計画に最終的に責任を負うべきは経営陣であることから、弊社では、こうした決議は拘束的ではなく勧告的なものとすべきと考えています。

要点
  • 「セイ・オン・クライメート」は、投資家がネットゼロに向けた企業の取り組みに影響力を及ぼすのに役立つさまざまな手段の一つです。
  • セイ・オン・クライメートキャンペーンの勢いは、国によって異なります。これは、取締役会の役割や株主の考え方の違いによります。
  • 「セイ・オン・ペイ(Say on Pay)」との類似点もありますが、セイ・オン・クライメートに画一的なアプローチはないため、類似点は限定的です。
  • 企業戦略について最終的に説明を負うべきは経営陣であることから、弊社では、セイ・オン・クライメート決議は拘束的ではなく勧告的なものとすべきと考えています。

「セイ・オン・クライメート」1運動は、ネットゼロへの移行の取り組みと連動した取締役会提案の決議を促進するために2020年に始まりました。この運動では、企業にクライメート・トランジションに関する開示の向上とそれに関連する行動計画を求め、それらを年次株主総会で株主投票にかけることを目指します。本稿では、過去2年間に学んだ教訓を取り上げ、「セイ・オン・ペイ」との違いを明らかにするとともに、欧州各地で支持を得ているこのキャンペーンに対する弊社の姿勢について説明します。

セイ・オン・クライメートの第1号はスペインの大手空港運営会社で、働きかけを受けた同社は、2021年の株主総会でネットゼロ移行計画を提出することに同意しました。それ以降、一般消費財、エネルギー、金融などのセクターで、いくつかの世界的な大企業がセイ・オン・クライメート決議を提出しています。


セイ・オン・クライメートとセイ・オン・ペイの違い

セイ・オン・クライメートとセイ・オン・ペイには重なる部分があるものの、株主投票の部分が異なります。セイ・オン・クライメートは、具体的な戦略的気候計画を株主投票にかけますが、セイ・オン・ペイでは、年次株主総会で投資家が役員報酬について投票します。他にも、以下の違いがあります。

  • クライメート・トランジション計画には、出発点や道筋、目標など各企業に固有の要素が盛り込まれる上、2050年までのネットゼロ達成に向けた足並みはそれぞれ異なるため、セイ・オン・クライメートに画一的なアプローチはありません.2
  • セイ・オン・ペイ決議を勧告的なものにするか拘束力を伴うものにするかは、国によって異なります。フランスは、決議に拘束力を持たせるという強いスタンスを取っており、一部のフランスの投資家は、セイ・オン・ペイに合わせてセイ・オン・クライメートでも拘束的決議を求めています。
  • 弊社は、両者の明確な違いを考慮して、このような強いスタンスについては慎重に考えています。セイ・オン・クライメートは戦略的な決議ですが、セイ・オン・ペイでは、役員報酬が企業の長期業績と適切に連動しているかどうかが検討されます。
セイ・オン・クライメートに賛成票を投じる

アリアンツ・グローバル・インベスターズは、2021年に30件のセイ・オン・クライメート決議に投票しました。この数は2022年には、およそ50件に増えましたが、その中には、有名な石油・ガス企業のほか、金融、建築材、工業、小売のトップ企業から提出された決議が含まれていました。

2022年は、現在EUタクソノミー気候委任法3(2023年1月1日から適用)の対象となっているセクターでの決議が明らかに増えました。同法は、どの経済活動がEUの環境目標の達成に最も貢献するかを明確にすることで、サステナブル投資を支援することを目的としています。同法の対象となるのは、上場している欧州企業の約40%の経済活動であり、これらの企業が、欧州における温室効果ガスの直接排出量のほぼ80%を占めています。

ただし、セイ・オン・クライメート決議は、タクソノミーが対象とする銀行などのセクターにとどまらず、農業や林業などにも及びます。

導入は広がっていない

この活動は、英国やフランス、スイス、スペインなどの欧州の一部で支持を得ています。これらの国々を合わせると、欧州におけるセイ・オン・クライメート決議の3分の2以上を占めます。しかし、ドイツ、イタリア、オランダ、北欧諸国では、法人設立に関する法律が大きなハードルとなり、それほど導入は進んでいません。そのようなハードルの一つが、企業戦略を設定・運営する(執行)取締役会の責任に株主が干渉することを禁止する強制的な職務分掌制度です。

図表1-2022年の欧州におけるセイ・オン・クライメート投票の導入状況

出所:Georgeson’s 2022 AGM Season Review, www.georgeson.com/uk


セイ・オン・クライメートに対する意見は、北米でも同じように分かれています。この活動を支持している団体の一つは、カリフォルニアを拠点とするアクティビスト団体のアズ・ユー・ソウ4で、2020年にネットゼロ移行計画とセイ・オン・クライメート投票を求める書簡を企業に送付しました。そして、翌2021年には、輸送やレジャー、飲料セクターの有名企業の株主総会を含め、いくつかの年次株主総会で株主決議を提出しました。

しかし、一部の有名機関投資家は、気候戦略に責任を負うべきは投資家ではなく経営陣であることを理由として、また、各セイ・オン・クライメート決議の是非を評価するために必要とされるリソースを考慮して、セイ・オン・クライメートを支持していません。したがって、セイ・オン・クライメートは米国では支持が増えないと弊社は予想しています。

気候変動の緩和には、時間と労力が必要
気候への取り組みは、多くのリソースを必要とします。クライメート・トランジション計画は、事業戦略と結び付いています。その内容は、企業ごとに異なり、複雑になることもあります。慎重な評価を必要とするため、一つ一つの計画、道筋、目標への進捗を検討するために特別な専門知識とリソースが求められます。気候開示に関するグローバルスタンダードがないことは、同じセクター内でも、気候行動計画の包括的かつ適切な比較分析を行うことを難しくしています。しかも多くの場合、こうした作業すべてを年次総会での決定前の限られた時間枠の中で行わなければなりません。最後に、気候戦略を株主投票にかける企業に過度の注目が集まり、包括的な気候行動計画を策定していない、気候リスクがより高い企業とのエンゲージメントがおろそかになるリスクもあります。
株主投票がなくても堅固なエンゲージメントを

企業がセイ・オン・クライメート決議を提出しない場合でも、企業のクライメート・トランジション計画を理解するためのしっかりしたエンゲージメントが行われるべきです。投資家は、取締役会と経営陣に、気候リスクの評価と戦略について責任を取るよう迫る必要があります。

セイ・オン・クライメートキャンペーンがすべての国・地域で積極的に支持を得ているわけではないことは残念ですが、気候規制の発展と投資家からの圧力が重なることで、参加する企業が増え、公平な条件の実現に向けた動きが世界中で進む可能性があります。

アリアンツ・グローバル・インベスターズは企業に、気候リスクの軽減と適応だけでなく、大規模な気候投資機会をつかむことによって、クライメート・トランジションとネットゼロの未来に向けて積極的に計画するよう働きかけることを目指しています。このプロセスは、質の高い対話から始まりますが、所有者としての権利を行使して、弊社に与えられた影響力を働かせることにまで及びます。

セイ・オン・クライメートに対するアリアンツ・グローバル・インベスターズの見解

弊社はセイ・オン・クライメートを、企業、その取締役会と経営陣に気候目標について責任を取らせる手段と見ています。さらに、セイ・オン・クライメートは、投資家にとってエスカレーションの手段にもなります。企業は、長期的に進捗を評価する能力があることを明確にするとともに、明らかにずれが生じていない限り、長期戦略の頻繁な変更を避けるべきです。

クライメート・トランジション計画は、企業に固有のものであり、秘密情報や競争に関わる情報が含まれることが少なくありません。そのため弊社は、会社の方針を定めて、経営陣によるその実行と進捗を監督するのに最もふさわしい立場にあるのは取締役会だと考えています。この責任は、取締役会が負うべきものであり、株主に負わせるものではありません。

取締役会は、会社のクライメート・トランジション計画について責任を取るべきであり、投資家は、計画との一致が守られるようにするために明確なエスカレーションの仕組みを持つ必要があります。したがって、弊社は、セイ・オン・クライメート決議を拘束的ではなく勧告的なものとすることを支持しています。

弊社は、排出量の多い投資先企業に対し、気候戦略を株主投票にかけるように促します。加えて、議決権行使の参考とするために、以下の領域における進展の証拠を求めます。

  1. 企業の気候開示と目標がどの程度包括的で一貫性があるかの評価(取締役会の説明責任と適切なガバナンスの監視を含む)。取締役会は、確立された報告フレームワークに沿って毎年進捗報告を行うことを約束すべきです。このような進捗報告により、企業とセクター全体のピア分析が可能になります。
  2. 明確かつ信頼できるターゲットとマイルストーンを盛り込んだ積極的な気候戦略(短期・長期両方)。ただし、それらの戦略が企業の中長期的な業績と財務成績を損なわないことを示す必要があります。また、必要な投資や財務コミットメントがあれば、その詳細も含めるべきです。
  3. 株主の反対が大きいにもかかわらず、株主の懸念に対処する措置が取られない場合、あるいはセイ・オン・クライメート実施に対する会社の対応が満足のいくものではない場合、弊社は通常、会長または持続可能性・気候担当取締役に反対票を投じます。

繰り返しますが、弊社では、セイ・オン・クライメート投票は、勧告的なものにとどめるべきと考えています。これは、企業がクライメート・トランジション計画に対するリーダーシップと説明責任を示すことのできる手段です。このキャンペーンを通じて、気候戦略とパフォーマンスへの強固な投資家エンゲージメントを標準にする余地があります。そうなれば、このトピックに真剣に取り組んでいる企業や業界に対する投資家の信頼感も高まるでしょう。

とはいえ、この活動の当初の導入状況はまちまちです。ネットゼロに沿った開示とガバナンスを拡大し、気候変動に有意義な影響を与えるためには、この活動が一部の国・地域を超えて広がっていく必要があります。一方で、セイ・オン・クライメートが今後、欧州でスチュワードシップの向上を示すことができれば、他の国・地域の参加を促し、勢い付けることができるかもしれません。

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

市場展望インサイト

欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化を近く開始しない理由は、もはやほとんどありません。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

中国は欧州の投資家にとってさまざまな意味で重要な市場です。欧州企業の方が、米国企業よりも国際的なエクスポージャーが多い傾向にあります。ここ数十年の中国の目覚ましい経済成長は、欧州企業にとって巨大な市場機会を生み出しました。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

「ペットヒューマニゼーション」は、ペット向けフードやヘルスケア、サービスのプレミアム化に対する需要をかき立てており、特にアジアのペット市場は驚異的な成長を見せています。

詳しくはこちら

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。