鉱物価格入門:カリ

カリは、カリウムを多く含むさまざまな化合物をいい、一般に地下の鉱床から採掘されます。カリの最も一般的な用途は、農業用の肥料です。カリウムは、ストレスや病気に対する植物の抵抗力を高め、雑草や害虫を抑制し、植物が土壌から水や養分を吸収しやすくすることによって、作物収量を大幅に増やすのに役立ちます。

要点
  • 世界人口の成長とそれに伴う食料需要は、カリの需要に拍車をかけています。
  • カリ肥料は、作物収量の維持と増加に不可欠です。
  • ロシアとベラルーシはどちらも、カリの主要生産国です。

カリウムは、窒素、リンとともに、植物の健全な生育に必要な三大栄養素の一つです。農業以外の用途―消費量全体のおよそ15%―には、アルミニウムのリサイクル、ビールの醸造、合成ゴムの製造などがあります1。カリの需要が今後数十年にわたり大きく伸びることを示すグローバルなトレンドがいくつかあります。まず、人口が着実に増加していることは、言うまでもなく食料需要が伸びているということであり、その需要を限りある農地で満たさなければなりません。しかも、この作物収量の増加とより集約的な食料生産のニーズは、一部の地域で土壌の肥沃度が低下している中で満たさなければならず、効果的で安全な肥料の使用がいっそう不可欠となっています。カリは、通常採掘によって生産されますが、環境フットプリントがそれほど大きくないという点で、他の多くの化学肥料よりもはるかに魅力的です。具体的には、一部の化学肥料に比べて生産に必要なエネルギー消費量がかなり少なく、使用によって河川の健全性を脅かすこともありません。

 

業界の概況

カリの商業生産は、数百万年前に水分が蒸発して形成された鉱床で行われます。こうした蒸発岩は通常、地中の奥深くに存在しているため、鉱石を地表に運んで精錬する伝統的な地下採鉱で採取されます。代替的な生産法として、地下鉱床に水を注入し、鉱床を溶解して地表に汲み上げ、乾燥させて水分を蒸発させる溶解採鉱法などがありますが、従来の採鉱法よりも多くのエネルギーと水を消費します2。世界のカリ生産は現在、カナダに集中―2020年の産出量は世界全体のおよそ3分の1―しており、ロシア、ベラルーシ、中国も主要産出国です。

市場の構造に関しては、カリ市場は統合が進んでおり、10大生産者が世界の供給量のおよそ85%を支配しています。これらの大手生産者が通常、需要に応じて価格を設定し、規模の小さい生産者はほぼ、大手が設定した価格に従う格好になっています。

図表1:世界生産量に占める割合

出所: U.S. Geological Survey, Mineral Commodity Summaries, January 2022

供給、需要、価格の見通し

世界人口の成長とそれに伴う食料需要に加え、開発途上国における都市化による耕作可能地の減少を考えると、カリに対する需要は当面の間、大幅な成長が続くと予想されます3

実際、ここ数十年、カリの生産量の伸びは作物生産の伸びを上回っています。同時に作物生産の伸びも、人口成長を上回っています。

さらに、現在のところ、カリ肥料の代替となる肥料は知られていません。価格上昇対策として、農家が時折カリ施肥の休止期間を設けることもありますが、土壌のカリウム濃度を高く保つことが安定した作物収量と農業の収益性に不可欠とみなされていることから、通常は短期間にとどまります。

図表2:世界のカリ消費量の伸び(2015~2020年の年平均成長率)

出所: FAO (2017), FD

供給に関しては、現在のウクライナ紛争がある程度の影響を及ぼしています。現時点では肥料は制裁対象になっていないものの、黒海を通過する船舶の保険コストが跳ね上がるなど、物流上の理由から貿易が停滞しています4。現在、ロシアとベラルーシからの輸出量の減少に伴う不足に対処する他の生産地の能力は限られており、すでに需給が逼迫している市場でのこのような不足は、当面の間、価格をかなり下支えをするだろうと見られます。現実的に、紛争が長引けば、こうした問題は悪化の一途をたどるでしょう。
図表3:年平均成長率、1993~2020年(%)

出所: BHP, Potash outlook and fundamentals, 17 June 2021

1) https://pubs.usgs.gov/periodicals/mcs2021/mcs2021-potash.pdf
2) BHP, Potash outlook and fundamentals, 17 June 2021
3) Fox-Davies, “Potash & Phosphate – Investing in Global Growth”, Mining, 16 July 2021
4) Deutsche Bank Research, “European Fertilizers”, Industry Update, 8 March 2022
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

市場展望インサイト

欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化を近く開始しない理由は、もはやほとんどありません。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

中国は欧州の投資家にとってさまざまな意味で重要な市場です。欧州企業の方が、米国企業よりも国際的なエクスポージャーが多い傾向にあります。ここ数十年の中国の目覚ましい経済成長は、欧州企業にとって巨大な市場機会を生み出しました。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

「ペットヒューマニゼーション」は、ペット向けフードやヘルスケア、サービスのプレミアム化に対する需要をかき立てており、特にアジアのペット市場は驚異的な成長を見せています。

詳しくはこちら

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。