Achieving Sustainability

サステナブルなデジタルの未来

弊社はサステナブル投資家として、万人にとって安全で持続可能な未来を確実なものにする、現実的で永続的な変化を世界にもたらすことが可能です。

デジタル時代は、人がお互いにやりとりする方法に革命をもたらし、情報の共有や保存がかつてないほど簡単になりました。残念なことに、このデジタル世界は、個人情報窃盗から悪意あるハッキングまで、悪質な犯罪者に対する脆弱性が一段と高まっています。このため、サイバーセキュリティが、不正なアクセスや攻撃からコンピューター、ネットワーク、プログラム、データを保護するための重要なツールとなっており、これらの新たな課題から個人や企業を守るのに役立っています。

サイバーセキュリティは、現代社会における喫緊の課題です。FBIインターネット犯罪苦情センター(IC3)は、過去2年間でサイバー犯罪が300%増加したと報告しています1。サイバー犯罪者は、個人情報窃盗、ランサムウェア、各分野の主要インフラに対する標的型サイバーテロ攻撃など、オンライン商取引や重要なインフラの弱点を突く新たな手法を絶えず考え出しています。個人情報窃盗やフィッシング、ランサムウェア、そしてエネルギー、医療、金融、製造など各業界の重要なインフラに対する標的型サイバーテロ攻撃はすべて、悪意のある攻撃者が脆弱性を突く新たな手法を発見した例です。サイバー犯罪の蔓延は、世界中の個人や組織に数十億ドルもの損失と風評被害をもたらしています。たとえば、サイバーセキュリティ・ベンチャーズは、世界のサイバー犯罪によるコストが今後5年間で毎年15%増加し、2025年までに年間10.5兆米ドルに達すると予測しています2

例を挙げると、ユナイテッドヘルス・グループのチェンジ・ヘルスケア部門が最近ハッキング被害に遭いましたが、同社によるコミュニケーションとPR戦略は、サイバーインシデント発生時に規制上の義務、顧客への情報提供、機密情報の取り扱いをバランスさせることの難しさを示しています。このインシデントの翌日、ユナイテッドヘルスは米国証券取引委員会(SEC)に規制上の開示を提出し、ある国家による関与を非難しました。また、技術サポートサイトの案内も行いましたが、停止中のサービスやデータのセキュリティに関する更新はほとんどありませんでした。1週間も経たないうちに、同社は2回目の提出を行い、今回はALPHVと呼ばれるランサムウェア集団を非難しました。そのため、多くの顧客やパートナーが無視されていると感じる結果となり、チェンジ・ヘルスケアは、当初のハッキング被害に加え、広報上の危機への対応にも追われることになりました。

変化する世界

サイバー犯罪はますます巧妙化しており、組織はデータや財産を保護するために高度なセキュリティテクノロジーを導入する必要に迫られています。数年前と比較して、サイバーセキュリティは劇的に変化しました。これは、「クラウドへの継続的な移行」と「AIの出現」という2つの複合的なトレンドによるものです。従来のオンプレミス展開のセキュリティは比較的単純で、境界によって信頼できないエンティティを排除していましたが、クラウドネイティブ環境では、アプリケーション・アーキテクチャの性質や、ユーザー、データ、インターネット間の接続性のため、より複雑なソリューションが必要です。ハイブリッドなインフラ環境では、より広範囲をカバーするソリューションを必要とするため、複雑さはさらに増します。

AIは急速にサイバーセキュリティに不可欠な要素になりつつあります。このテクノロジーは、現場に機会と危険の両方をもたらします。テクノロジーは、脅威の検知と対応を自動化し、セキュリティ運用の精度とスピードを向上させるために利用できます。しかし、悪意ある攻撃者も、AIを使いシステムの弱点を迅速に発見してそれにつけ込み、フィッシング、ソーシャルエンジニアリング、ハッキングなどの活動を自動化し、偽のコンテンツを作成して配信することが可能です。

サイバーセキュリティと持続可能な開発

今日のデジタル時代において、企業は貴重なデータの保存や管理をテクノロジーに大きく依存しています。ハッカーやサイバー犯罪者は、これらのシステムの脆弱性を突く手法を常に探しています。そのため、サイバーセキュリティは組織の規模を問わず最優先事項となっています。同時に、環境・社会的責任を優先するサステナブル投資を採用する企業が増えています。これら2つの概念は無関係に見えるかもしれませんが、実は力を合わせてより安全でサステナブルな未来を築けます。サイバーセキュリティは、特に生活のデジタル化に伴い、世界中のビジネス、組織、インフラを守るために不可欠なものとなっています。そのため、持続可能な開発目標(SDGs)、特に「目標16:平和と公正をすべての人に」を達成する上で極めて重要となります。このSDGは、平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、違法な資金や武器の取り引きを大幅に減少させることに焦点を当てています。さらに、サイバー犯罪と闘い、盗まれた資産の回収と返還を強化する必要性も強調しています。

持続可能な開発への幅広いアプローチ

もちろん、効率的で効果的なサイバーセキュリティは、このように持続可能な開発目標に貢献できますが、サイバーセキュリティ業界は、同様にすべてのセクターに影響を与える広範な持続可能性の懸念に直面しています。たとえば、テクノロジーを基盤とするサイバーセキュリティ業界は電力を大量に消費し、データセンターに依存する可能性があることから、持続可能なエネルギー利用をめぐる疑問が生じています。さらに、サイバーセキュリティ・プロバイダーが取り引きする顧客のタイプが問題となる可能性があります。たとえば、圧政的な国家や武器製造業者などにサービスが提供される場合、それ自体が倫理的およびサステナビリティー上の問題を引き起こすおそれがあります。こうした疑問を初めとして、サステナブル投資家がこのセクターに取り組む際の考慮事項は数多くあります。

デジタルテクノロジーが従来以上に生活に不可欠になる中、サイバー犯罪を減らし、デジタル社会の信頼と安全を確保するためには、データ、インフラ、デジタル資産を保護するための堅固なアプローチが必要です。そして、弊社はサステナブル投資家として、持続可能な開発におけるサイバーセキュリティの幅広い役割を考慮すると同時に、この分野のプロバイダーに影響を与える可能性のある上記のような問題にも対処することで、この取り組みにおいて重要な役割を果たせます。実際、サイバーセキュリティと持続可能な開発目標を優先する企業への投資は、体系的な変化を推進し、万人にとって安全で持続可能な世界を築くことにつながります。

さらに、データやインフラ、デジタル資産の保護に取り組む企業に投資することで、組織にサイバーセキュリティを優先し、安心・安全なデジタル社会を構築するインセンティブを与えられます。弊社はサステナブル投資家として、万人にとって安全で持続可能な未来を確実なものにする、現実的で永続的な変化を世界にもたらすことが可能です。

Top Insights

市場展望インサイト

日銀は、統計データの高度な読み解きを求められる環境下に引き続きいます。インフレ低下傾向は広範かつ持続的です。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

英国では最近、インフレが抑制されているように見受けられ、成長見通しが改善しています。7月に予定されている選挙は、バリュエーションが魅力的でリターン見通しが堅調な英国株を見直す機会になると考えます。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

2回シリーズの第1弾では、11月に行われる米選挙が市場に与える影響について探ります。手始めに、共和党と民主党それぞれの政権下での市場のパフォーマンスについて、歴史が何を物語っているかを見ていきましょう。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。