Embracing Disruption

見えないものを大切にする—持続可能なソリューションによる地下水過剰利用への対処

要点

  • 国連は1993年から毎年3月22日を「世界水の日(World Water Day)」としており、淡水の重要性に世間の注目を集めてきました。
  • 今年の世界水の日のテーマ「平和のための水」1では、水の不足や汚染あるいはこの貴重な液体へのアクセスが不平等で限定されていることが紛争を引き起こす可能性、そして水に関する協力がどのようにプラスの波及効果を生み出せるのかに特に重点を置いています。
  • 地球の生命線である淡水資源を守ることは、地下水や帯水層の枯渇を防ぐことも意味します。
  • 自然の貯水機能の管理と復元に重点を置いた持続可能なソリューションへの投資が、現在および将来における水関連の課題への対処にここで役立ちます。

地下水は全淡水の30%を占める2とともに、地球上の液体淡水の99%近くを占めており、世界中の飲料水のほぼ半分を供給しています3。 

現在、世界中で採取される地下水の70%が、食料、繊維、家畜、工芸作物などの農畜産物に使用されており、乾燥および半乾燥地域では取水量のレベルが著しく高くなっています4

非常に大きな帯水層は、合わせると世界の地下水埋蔵量の半分以上を占め、世界の地下水取水量の約40%を供給しています5。最近の科学分析によると、世界中で調査された合計1,693の帯水層のうち36%で、2000年から2022年にかけて水位が大幅に低下しました6

涵養に必要な推定期間は水文地質学的特性により異なりますが、ある帯水層はわずか10年かそれ以下である一方、別の種類の帯水層では数千年を要します。

地球の水循環における必須要素である地下水と帯水層の脆弱性を踏まえると、持続可能性の高い水処理、水管理、水インフラと供給ソリューションに投資を振り向けることが欠かせません。投資は、地下水枯渇の世界的な加速に伴う諸課題への対処に寄与します。また、水とエネルギーへの需要が等しく増大する中、増え続ける人口に対する食料供給を確保する上でも、重要な役割を果たせます。

地下水と帯水層:逼迫する必須資源

投資はさらに不可欠となっています。なぜなら、気候変動が進行し、干ばつがより頻発してその期間が長期化する中、帯水層や地下水貯留層が過剰利用により信頼に足るバッファ機能を果たせず、農業損失の軽減に貢献できないためです。結果的に、将来の干ばつに対する農業の強靱性は低下し、世界の食料サプライチェーンと食料安全保障が危険にさらされます。

さらに、地下水の人為的汚染、つまり、家庭、工業、鉱業、農業からの大量の廃棄物、廃水、残留物による汚染は、この不可欠な資源をさらなる圧力にさらします。

info

米国の農作物輸出の42%(主にトウモロコシ)は、枯渇しつつある地下水で栽培されています7。地下水の枯渇が進むほど、農作物の生産・輸出が減少し、より多くの輸入国とその食料供給がリスクにさらされます。

持続可能なソリューションによる淡水資源の貯蔵とアクセスの改善

持続可能かつ総合的な形による自然の淡水貯蔵機能の維持、管理、復元は、特定のセグメントにおいて、今後数年間でほぼ2桁の成長を示す市場になると見込まれます。とりわけ、地下水位と水質をコスト効率の高い方法で監視および測定するのに役立つデジタルソリューションへの支出増加がその要因です。

世界の上下水道セクターによるデジタルソリューションへの支出は、年率8.8%で成長し、2030年に市場価値552億米ドルに達すると予測されています。これは、2021年の投資額259億米ドルの倍以上です8
世界の上下水道セクターによるデジタルソリューションへの支出は、年率8.8%で成長し、2030年に市場価値552億米ドルに達すると予測されています。これは、2021年の投資額259億米ドルの倍以上です

出所: Cleantech Insights: The Future of Digital Water Technologies. 2023年3月現在。

この発展しつつある市場では、水のバリューチェーン全体に沿ってイノベーター、主要なイネーブラー、受益者を特定し、そこに投資を行うことも求められます。

たとえば、洗練された上下水の処理技術、サービス、製品を持つ世界的大手メーカーは、専門的な環境水モニタリングのために、水流の速度と複雑な水流状態を測定する超音波流速計(超音波ドップラー流速プロファイラー:ADCP)を開発しました。

スウェーデンに本拠を置く熱交換器分野のトップ企業は、温室効果ガス排出量を大幅に削減し、エネルギー消費の最適化に寄与するとともに地下水温の保持を可能とする、地下水ベースの自社製冷暖房システムを提供しています。

これらの企業やその他の先進的企業が、天然水資源の持続可能性を向上させる品質と強靱性に優れた製品をさらに開発できるようにするには、現在および将来の水不足と水質の問題に対処するソリューションに向け、さらに多くの資本フローを振り向けることが極めて重要です。

1 UN World Water Day
2 How Much Water Is on Earth? – Earth How. As of September 25, 2023.
3 UN World Water Development Report 2022. As of March 2022.
4 UN World Water Development Report 2022: Agriculture. As of April 2023.
5 The Groundwater Project: Large Aquifer Systems Around the World. As of July 2022. Updated March 2023.
6 Nature.com: Rapid groundwater decline and some cases of recovery in aquifers globally. As of January 2024.
7 United Nations University; Institute for Environment and Human Security (UNU-EHS): Technical Report. Groundwater depletion. As of 2023.
8 Cleantech Insights: The Future of Digital Water Technologies. As of March 2023.

Top Insights

2024.5.7 | 市場展望インサイト

2024年に米国が複数回利下げを実施するとの期待は後退しています。従来、こうした事態は新興国市場(EM)債券にとってマイナス要因とみられてきました。ところが、スプレッドや利回り全体の水準が示唆しているのは、デフォルトに対するレジリエンスが高まった成熟市場に利益獲得の可能性があるということです。

詳しくはこちら

テクノロジー関連

AIの急速な台頭は、2030年までに世界経済にプラス13兆米ドルの効果をもたらす可能性がありますが1、その将来の成長は、2つの見落とされがちな要素、つまりインフラとエネルギーに大きく依存しています。データセンターからエネルギー効率の高い技術に至るまで、産業がどのように適応しようとしているのか、理解を深めましょう。

詳しくはこちら

テクノロジー関連

弊社はサステナブル投資家として、万人にとって安全で持続可能な未来を確実なものにする、現実的で永続的な変化を世界にもたらすことが可能です。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。