Embracing Disruption

中国経済は、辰年に再び活気を取り戻すか?

東アジアでは、2024年2月10日に春節(旧正月)を迎えます。中国株の投資家たちは、期待外れとなった卯年に別れを告げることに安堵し、伝統的に干支において最も縁起が良いとされる辰年がその評判通りの1年になるのかどうか思案しているかもしれません。とはいえ、干支に込められた知恵も、近年の傾向に基づいた諦観的な予想も、投資家の役に立つ指針とはならないでしょう。常に言えることですが、中国の株式市場の先行きを分析するにあたっては、その成功に極めて重要な要因を明確かつ冷静に見極める必要があります。たしかに、中国の構造的問題は紛れもない事実ですが、現在の景気低迷局面を新たな現状とみなすことは、3年前の根拠なき楽観論と同様、見当違いとなる可能性が高いでしょう。

では、2024年に極めて重要となる要因とは何でしょうか。

第1に、中国政府がどの程度の財政・金融刺激策を講じる用意があるのか、そしてどのように講じるのかが注目されます。李強首相がダボス会議で中国経済を免疫力の強い健康な人にたとえ、昨年の成長が「大規模な刺激策に頼ることなく」達成されたことを強調するスピーチを行ったことで、株式市場はさらなる政府支援が計画されているかどうかを疑問視するようになっています。しかし弊社は、中国政府が債務負担を大幅に拡大しないよう慎重姿勢を保ちつつも、支援せざるを得なくなるという見方を変えていません。実際に、政策当局は、中国の2024年のGDP成長目標(4.5~5%程度と予想される)を達成するために尽力することが予想され、そのためには追加の刺激策は避けられない可能性があります。

中国経済の課題への政府対応が変化する可能性を示すもう一つの兆候として、中国人民銀行は、預金準備率(銀行が貸し出しや投資に回さず手元に残しておかなければならない負債の割合)を2月5日から50ベーシスポイント(bp)引き下げると発表しました。人民銀の潘功勝総裁はまた、農業セクターと中小企業向けにさらなる支援策を講じることも確認しました。さらに、人民銀と国家金融監督管理総局が共同で、不動産開発業者の調達資金の利用範囲を拡大し、流動性を改善させる措置を発表したことも歓迎されました。これは、中国の回復ストーリーに不可欠な不動産セクターの再編を進めるためのより一貫性のある枠組みの確立を示唆しています。弊社はこの取り組みが、数年にわたる複雑なプロセスになると見ています。

第2に、市場のバリュエーションは、低く抑えられた水準にあります。MSCI中国A株オンショア指数は、長期の平均をはるかに下回る予想PER11倍近辺で取引されています1。この1年にわたって見られた中国株式市場の下落の大半は、企業業績の低迷によるものではなく、バリュエーションの低下によるものです。このバリュエーションの低下は主に、この資産クラスに上乗せされるリスクプレミアムの上昇と、国内外の投資家の信頼感の喪失の両方を反映しています。市場が回復するためには、この投資家の信頼感を取り戻すことが重要な第一歩となります。

この一歩を踏み出すためには、中国経済の先行きに改善の兆しが見えることが極めて重要となるでしょう。国内消費の上昇——縁起が良いとされる辰年の出生数増加が追い風になりうる——はまさに、そのような兆候になる可能性があります。消費関連の数字はまだ低迷しているものの、最近オープンした深圳のコストコでロッツォ・ハグベア(ピクサーの映画「トイ・ストーリー3」に出てくる悪役のテディベア)を入手するために長い行列ができ、ソーシャルメディア上でこの5フィート(約152センチ)大のテディベアが熱狂的に取り上げられたことなどは、中国の消費者が健在であることを物語る事例的な証拠になるかもしれません。

第3に、中国が2024年中、イノベーション主導型経済への移行をどれだけ進められるかが、その長期的な経済的成功のカギとなるでしょう。弊社は、中国が戦略的な経済的岐路に立っていると見ています。一方では、資本集約的な不動産とインフラに基づく以前の成長モデルから徐々に脱却する必要があります。もう一方では、それに代わる成長を他の分野から見出して、特に、より価値の高いイノベーション主導のセクターに軸足を移す必要があります。ちなみにこれは、韓国がかつてたどった道筋です。

この経済の方向転換を実現するには、重要技術への継続的かつ高水準の資本投資(人的資本を含む)が不可欠となります。いくつかの点で、中国はすでに十分に進んでいます。産業オートメーション、グリーンテクノロジー、電気自動車、自動運転、再生可能エネルギー、ソフトウェアなどの分野では、すでに大きな進歩を遂げています。しかし全体的には、イノベーションと新しいテクノロジーの開発を中心とする新たなモデルへの移行において、中国は比較的初期の段階にあるように見受けられます。多くの銘柄のバリュエーションが低下し、より魅力的な水準に水準になっているだけに、投資家はこうした分野に、とりわけ興味深い投資機会を見出すことができます。

辰年だからといって、中国が最近直面している逆風が魔法のように消えることはないでしょう。しかし、政策対応が本格化する中、市場のセンチメントがようやく回復し、中国企業が開発している魅力的なイノベーションにしかるべき注目が払われるようになるかもしれません。

1 Bloomberg, 29 January 2024

Top Insights

市場展望インサイト

欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化を近く開始しない理由は、もはやほとんどありません。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

中国は欧州の投資家にとってさまざまな意味で重要な市場です。欧州企業の方が、米国企業よりも国際的なエクスポージャーが多い傾向にあります。ここ数十年の中国の目覚ましい経済成長は、欧州企業にとって巨大な市場機会を生み出しました。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

「ペットヒューマニゼーション」は、ペット向けフードやヘルスケア、サービスのプレミアム化に対する需要をかき立てており、特にアジアのペット市場は驚異的な成長を見せています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。