Embracing Disruption

減量薬ブームが投資に与える影響

一部界隈で「驚異の薬」ともてはやされ、オプラ・ウィンフリーやイーロン・マスクなどの有名人のお墨付きを得たことで人気を博しているグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬は、1年ほど前から医療界と投資界の両方に旋風を巻き起こしている薬剤群です。一般にはいくつかの商品名の方が知られているこれらのGLP-1薬は、製薬セクターとメドテック(Medical(医療)とTechnology(技術)を組み合わせた造語)セクターに破壊的影響を及ぼしており、弊社はその影響がこれらのセクター以外にも広く、深く及んでいくと考えています。

医薬品のブレークスルー

簡単に言えば、GLP-1薬は、摂取すると満腹感を持続させて、食べる量を少なくし、結果的に体重を減らす薬剤群です。これらの薬剤はもともと、インシュリン分泌を促進し、血糖値を下げる働きにより、2型糖尿病を効果的に治療するために開発されました。しかし、思いがけない副作用として体重減少が現れ、現在ではGLP-1薬は、その体重減少効果で広く知られるようになりつつあります。さらに、これらの薬剤には他にも、心臓発作や脳卒中などの心血管系イベントの発生の低下や、依存症治療薬としての役割といった効果があることを示す証拠が次々と出ています。

これらの臨床効果はもちろん、それ自体素晴らしいものですが、GLP-1薬をめぐる過熱ぶりを十分に理解するには、背景にある人口動態のトレンドを考慮する必要があります。調査によれば、米国の人口の70%前後が標準体重を超えており、うち40%が肥満、10%が重度肥満と推定されています。これは、今日の米国の人口のうち約1億2,000万人が肥満とみなされていることを意味し、この数字は2030年には1億5,000万人に増加すると予想されています。さらに、アメリカ人の10人に1人が現在、糖尿病を患っており、うち9割以上は2型糖尿病です。これは従来、45歳以上がかかりやすい病気でしたが、最近では若年成人や子どもでも発症するケースが増えています。ここで紹介したトレンドは、米国に関連するものですが、世界的にも同じような状況が見られます。2020年時点で5歳以上の世界人口の約38%が標準体重を超えていると推定され、2035年にはその割合は50%以上に増えると予想されます。

図表1:関心の経年変化
図表1:関心の経年変化

出所: Google, 17.01.23

言うまでもなく、過度の体重や肥満は、個人にとっても医療制度にとっても大きな負担となるさまざまな合併症と結び付いているため、GLP-1のような薬の将来性がこれほど騒がれているのもうなずけます。また、冒頭に述べた有名人のお墨付きのおかげで、一般の人々の間でGLP-1薬に対する認識がかつてないほど急速に広がりました。

製薬セクターを揺るがす

GLP-1とその長期的な健康への影響は、ヘルスケアとヘルスケア投資に関して、ここ最近で最も劇的なパラダイムシフトを引き起こしています。

そのインパクトはすでに、他のセクターにも波及しています。GLP-1薬がだいぶ前に登場していたことを考えると、なぜこの1年で爆発的に注目を集めるようになったのでしょうか。

GLP-1薬の使用は、以前は糖尿病治療が中心であり、減量・肥満対策市場への参入は、その幅広い用途を裏付ける証拠が増えてきた最近のことです。実際、こうしたデータの強度の高まりが、米国の食品医薬品局(FDA)による初の減量用途でのセマグルチド(GLP-1受容体作動薬の一種)の承認につながりました。米国と世界におけるそのような薬剤の市場の潜在的規模を考えると、その導入が市場でこれほど大きな興奮を引き起こしている理由は一目瞭然です。

当然のことながら、この領域の2大プレーヤーは、自社の薬剤が肥満関連の合併症の予防に与える影響を積極的に喧伝しており、それが医療技術セクター全体の急落の一因となっています。実際、GLP-1分野の有力企業の成長エンジンが勢いを増す中、心臓血管治療、整形外科、睡眠時無呼吸症候群、肥満手術をはじめとするさまざまな領域の企業が、TAM(獲得可能な最大市場規模)の縮小の懸念に見舞われています。

図表2:GLP-1の勝者と敗者
図表2:GLP-1の勝者と敗者

出所: Bloomberg, 16.01.23

もちろん、大規模なTAM(1,000億米ドル以上と推定される)を持つ新しい、収益の大きい治療分野の例にもれず、激しい競争が起こるでしょう。そのため主要プレーヤーは、完了した(そして進行中の)研究を囲い込むために「データの壁」をもうけています。そうした研究の多くは、競合他社がまだ着手すらしていない種類のものです。すでに有効性は立証されていることから、現在行われている臨床試験は、医師による採用と保険適用の拡大を目的として行われており、先行企業と業界リーダーに、さらに大きなマーケティング上の優位をもたらすように働くと思われます。競合他社は既存のプレーヤーに対抗する臨床を行わなければならなくなりますが、これは高い障壁であり、この分野に新規参入する企業は多大なコストと時間を強いられるでしょう。

GLP-1薬の採用は現在、保険適用と強く結び付いており、今後もそうなると思われるため、医療保険セクターの動向を注視する必要があります。現在、米国における肥満治療の保険カバーは民間市場に集中しており、メディケア(高齢者等を対象とする公的医療保険制度) を通じて利用できる保険は、はるかに低い水準にとどまっています。最近の推計によると、米国では約5,000万人が現在、保険で肥満治療を受けています。2003年以降、メディケアが減量目的の薬剤をカバーすることは法律で禁じられていますが、現在議会で審議されている「肥満治療・軽減法(TROA)」と呼ばれる超党派の法案は、この法律を廃止して、保険適用を可能にすることを目指しています。今後、保険適用が拡大する可能性は高いものの、一部の雇用主は最近、提供する保険の対象から減量目的の薬剤を外すことを選択しており、長期的な採用には、コストなどのハードルが残ります。一方で、現在および今後の合併症の臨床試験により、GLP-1薬のコストベネフィットが向上する可能性があります。

肥満率の低下がもたらす破壊的影響

控えめに見積もっても、GLP-1薬の普及は、市場リーダーにとって大きな恩恵をもたらすと思われます。肥満人口への浸透率を10%、患者一人当たりの年間コストを5,000米ドルと仮定すると、アルコール依存症などの依存症治療といった他の有望な治療を含めなくても、米国だけで600億ドル規模の市場となります。さらに、弊社は、2大プレーヤーが長期的にこの市場で合計80%以上のシェアを維持する可能性が高いと見ています。

さらに、GLP-1薬の幅広い採用の影響は、一部の先駆的な製薬会社に利益をもたらすだけにとどまりません。さまざまな領域における合併症の治療需要の減少という点で、メドテックセクターの他の部分に破壊的な影響を及ぼしかねないことは明らかですが、摂取カロリーの減少の広がりによる影響はそれ以上に深刻であり、食品・飲料や農業関連、タバコなどの市場が影響を受けるでしょう。たとえば、米国のソフトドリンク市場では、消費量の50%以上を消費者の7%が消費しており、この層は確実にGLP-1薬のターゲットになります。

図表3:GLP-1薬の浸透によって「大きな影響を受ける」銘柄の割合は、生活必需品セクターの中でもさまざま
図表3:GLP-1薬の浸透によって「大きな影響を受ける」銘柄の割合は、生活必需品セクターの中でもさまざま

生活必需品セクターにおけるBMI数値が 27以上の企業の割合
出所: World Health Organisation, company reports, Barclays Research

GLP-1薬は、ヘルスケアサービスとメドテックだけでなく、幅広い消費者セクター、特にスナック業界、ソフトドリンク業界、高炭水化物食品業界に重大な破壊的影響を及ぼしています。弊社はまだ、この影響の評価と予測を始めたばかりの段階ですが、数カ月後、数年後にはより明確になると思われます。したがって、これらのセクターに対してアクティブな アプローチを維持することがカギとなります。GLP-1薬の今後の道筋は明確でなく、一筋縄ではいかないでしょう。しかし、その破壊的な影響は世界中に波及し、金融市場やそれ以外の市場において勝者と敗者を生み出す可能性が高いため、弊社は、今後もGLP-1の動向を追跡する価値があると考えます。

Top Insights

市場展望インサイト

欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化を近く開始しない理由は、もはやほとんどありません。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

中国は欧州の投資家にとってさまざまな意味で重要な市場です。欧州企業の方が、米国企業よりも国際的なエクスポージャーが多い傾向にあります。ここ数十年の中国の目覚ましい経済成長は、欧州企業にとって巨大な市場機会を生み出しました。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

「ペットヒューマニゼーション」は、ペット向けフードやヘルスケア、サービスのプレミアム化に対する需要をかき立てており、特にアジアのペット市場は驚異的な成長を見せています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。