Achieving Sustainability

自然の未来に投資する:生物多様性に関する投資家向けガイド

世界経済フォーラム によると、全世界のGDPの半分以上に相当する44兆米ドル が自然とその生態系サービスから創出されています1。このため、GDPの半分以上が自然の損失リスクにさらされています。

医薬品をはじめ、原材料、食品、観光に至るまで、あらゆるセクターの企業が直接的あるいは間接的に自然と生態系サービスに依存しています。

自然に対する圧力の上昇は、企業とそのバリューチェーンの継続性を直ちに脅かします。そのため、多くのセクターをレジリエントにし、人と地球を保護するために、生物多様性に資金を投じることが極めて重要です。投資家には率先してネイチャーポジティブ なシステムへの転換を促す機会があると弊社は考えています。

infographic
  生物多様性を守るために投資する理由

生物多様性の損失は、今後10年におけるグローバルリスクのトップ5の1つに数えられます1。とはいえ、ネイチャーポジティブへの転換は投資機会にもなります。

  • 生物多様性は動植物種の生態系であり、食料や酸素、医薬品、清潔な水をもたらします。

  • 生物多様性のある生態系の損失は、グローバル経済に幅広く、直接的な影響を与えます。
  • すべての事業活動が生物多様性に影響を及ぼし、生物多様性に依存しています。
  • 投資家には、投資に伴う生物多様性関連リスクを考慮すること、ネイチャーポジティブなシステムへの転換をリードする機会を検討することが求められます。
  生物多様性をめぐる問題の大きさ

生物多様性の損失

  • 100万を超える種が脅威にさらされています2
  • 人間は土地利用、外来種、気候変動、汚染に影響を与えており、天然資源の枯渇によって生物多様性のある生態系が損なわれています。

損失のペース

  • 地球上では、毎分フットボール場27個分の森林が失われています3
  • 生物多様性の損失が進み、国連持続可能な開発目標2030アジェンダ 達成に向けた進捗がグローバルレベルで減速しています。

自然資本の価値

  • 世界のGDPの約50%に相当する44兆米ドルが生物多様性に依存しています4
  • 現在、生物多様性の課題への対処に必要な資金は年間で約7,000億米ドル不足しています5。この資金調達には生態系の価値測定が必要です。生態系の価値測定は困難ですが、欠くことはできません。
  生物多様性への投資を検討する3つの方法

生物多様性リスクの危険度を管理する

  • 生物多様性リスクとその機会のマテリアリティを理解する
  • データに基づいて生物多様性の課題を投資プロセスに組み込むことに努める
  • 業界基準と規制の整合を求める

ネイチャ―ポジティブな結果に投資する

  • 自然を保護し、生物多様性を復活させるための新しいソリューションおよびプログラムを検討する
  • 食品、インフラ、鉱業、エネルギーなどの主要セクターの転換に資金を提供する
  • 国連持続可能な開発目標に沿って資産を配分する

積極的なスチュワードシップを支援する

  • 的を絞った積極的な企業エンゲージメントを促す
  • フレームワークと開示を促進する共同イニシアチブを活かす
  • 自然資本のサステナブルな利用を進める企業とソリューションを適切に見極める

 

1 World Economic Forum New Nature Economy Report, 2020
2. Reuters: Extinction crisis puts one million species on the brink, December 2023
3. International Forest Industries, January 2020
4. World Economic Forum, January 2020
5. Global Biodiversity Framework, Convention on Biological Diversity, December 2022

Top Insights

市場展望インサイト

良好な成長とインフレのダイナミクス、先進国市場に対するレラティブ・バリュー、そして中国に現れる可能性のある大きな投資超過収益(アルファ)の獲得機会などにより、2024年のアジア債券市場の見通しは堅調と考えます。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

東アジアでは、2024年2月10日に春節(旧正月)を迎えます。中国株の投資家たちは、期待外れとなった卯年に別れを告げることに安堵し、伝統的に干支において最も縁起が良いとされる辰年がその評判通りの1年になるのかどうか思案しているかもしれません。

詳しくはこちら

日本株月次レポート

現在の日本の株式市場は過去20年で3度目の転換点(過去2回は2005年小泉内閣の構造改革期待、2012年以降のアベノミクス)にあると認識しています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。