深いリラックスムードの市場

株式市場をざっと見ると、投資家が現在、深くリラックスしているという印象を受けるかもしれません。主要なセクターは年明けから活況といっていい状態であり、一部の市場はウクライナに対する戦争が始まる前の水準に回復すらしています。センティックスが示す投資家のセンチメントは、主要地域で上昇に転じました。特に、将来に対する期待感が大きく高まっています。インベスターズ・インテリジェンスの調査によれば、米国の個人投資家の大半は強気で、その数は増加傾向にあります。同時に、S&P 500種株価指数のネットショートポジションは低下を続けています。これは、投資家がヘッジポジションを減らしていることを意味します。さらに、世界のGoogle検索で「bull market(強気市場)」がトレンド入りしており、強気心理が目下の話題となっているようです(「今週のチャート」を参照)。

短期指標となることの多いテクニカル要因も健全です。一部の主要な株式市場では、株価指数は30日移動平均線と200日移動平均線の上を安定的に推移しています。相対力指数は、部分的に若干の過熱感を示すだけにとどまっています。コモディティ価格からのシグナルは、強弱まちまちです。ブルームバーグ・コモディティ指数は引き続き下落しており、特に原油価格は下落基調にあります。ウクライナへの攻撃とその結果生じた天然ガス不足に端を発したショックは、ガスの貯蔵水準が上昇し、ロシアに代わる新たな供給源が確保されるのに伴い薄れつつあります。欧州と米国のガス価格差は縮小に向かっており、圧力が弱まっていることを示唆しています。天然ガスにはまだ世界市場が存在しないため、両大陸の状況の違いはそのまま価格に反映されています。しかし、最近のエネルギー価格下落にはおそらく、もう一つ理由があります。成長懸念が増大し、コモディティ需要の減退に対する不安に拍車をかけていることです。

また、明るいセンチメントに覆い隠されていますが、アナリストの利益予想は下方修正される一方であり、このトレンドが反転する兆しはまだ見えていません。さらに、欧州中央銀行(ECB)がユーロ圏加盟国のために算出するシステミックストレス指標(Composite Systemic Stress Index:CISS) は、かなり前から上昇を続けています。セントルイス連邦準備銀行が算出する金融ストレス指数も同様です。こうした動向は、金融引き締めという背景に照らして考える必要があります。結局のところ、表面下の動きは、市場参加者が気を緩めすぎるのは禁物であることを示しています。

今週のチャート
全世界における「bull market(強気市場)」の検索件数(Google Trends)

出所: Google, AllianzGI Economics & Strategy, 2023年2月6日現在のデータ

来週を考える

深いリラックスムードは、インフレ圧力が後退し、中央銀行がアクションを起こす必要性が低くなったおかげでスムーズに成長軌道に戻れるのではないかという期待感から生じていると思われます。この状況の中、来週発表される指標がそうしたリラックスムードを支えるかどうかが特に重要となります。来週は、今後の先行きを予測する景況感指標の発表が目白押しとなっています。まず月曜日に消費者信頼感指数が発表され、火曜日にはユーロ圏と米国の製造業購買担当者景気指数(PMI)の速報値が発表されます。これらの3つの指標は最近、楽観的な見方が強まっていることを示しており、同じく火曜日に予定されている日本のじぶん銀行PMIとは対照的です。水曜日には、焦点はドイツのIfo企業景況感指数に移るでしょう。現状判断は最近少し悪化しているものの、期待指数は改善を続けています。木曜日には、米国のシカゴ連銀全米活動指数と米国の新規失業保険申請件数が発表されます。全米活動指数は秋から冬にかけて弱くなり、最近は横ばいになっています。新規失業保険申請件数はおそらく、労働市場がタイトであることを改めて浮き彫りにするでしょう。注目の個人消費支出(PCE)デフレーターが連邦準備制度理事会(FRB)の今後の政策緩和を示唆するものになるかどうかはまだ分かりません。

全体的に、来週はセンチメント、テクニカル要因、指標の発表によって全体的な状況が乱れることはおそらくないでしょう。したがって、表面下では多少の緊張があるものの、市場参加者は引き続きリラックスして過ごせそうです。

 

リラックスした1週間となりますように。

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

市場展望インサイト

良好な成長とインフレのダイナミクス、先進国市場に対するレラティブ・バリュー、そして中国に現れる可能性のある大きな投資超過収益(アルファ)の獲得機会などにより、2024年のアジア債券市場の見通しは堅調と考えます。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

東アジアでは、2024年2月10日に春節(旧正月)を迎えます。中国株の投資家たちは、期待外れとなった卯年に別れを告げることに安堵し、伝統的に干支において最も縁起が良いとされる辰年がその評判通りの1年になるのかどうか思案しているかもしれません。

詳しくはこちら

日本株月次レポート

現在の日本の株式市場は過去20年で3度目の転換点(過去2回は2005年小泉内閣の構造改革期待、2012年以降のアベノミクス)にあると認識しています。

詳しくはこちら

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。