Global Multi Asset team

コアインフレ上昇は続く見込み

2月には、ほぼすべての経済指標がコアインフレの高止まりを示す結果となったことで、再びインフレに注目が集まり、中央銀行は追加利上げの必要性を認める発言を繰り返しました。その結果、2月末の10年物ドイツ国債の金利が2011年7月以来の高水準となる2.7%に迫るなど、金利はじわりと上昇しました。歴史的な水準の金融緩和政策、パンデミック、そして過度な財政支出という、例を見ない組み合わせの後の新たな均衡状態を市場が見定めようとしている中で、これが金利のボラティリティを高めることにつながりました。一方、金利上昇に対する株式市場の反応は比較的落ち着いたものでした。米国における収益は大幅に減速し、一方、欧州の収益は引き続き改善しました。その結果、米国株は下落し、欧州株は引き続きわずかに上昇しました。

このような背景から、私たちは、債券に対しては慎重な姿勢を保ちつつ、株式に対しては上昇を続ける金利に対するボラティリティへの懸念から、中立のスタンスを取っています。しかし、欧州株式に対しては、ポジティブなモメンタムもあり、建設的な見方をしています。逆に言えば、直近の欧州中央銀行(ECB)の、堅調な欧州の経済指標を背景としたタカ派的な発言から、欧州債券に対するディフェンシブな見方を強めています。まだ完全にはモメンタムがあるわけではありませんが、魅力的なバリュエーションと中国の再開から利益を得るという戦術的観点において、新興諸国は魅力的な投資対象だと考えています。英国の高い財政赤字と高い経常赤字などの構造的な問題から、弊社は英国ポンド(GBP)を格下げすることを決めました。

戦略的な資産配分見解の要約

戦略的な資産配分の見解は、定性的・定量的な判断に基づく分析と方向性および短期的な視点を反映したものです。

Swipe to view more

資産クラス
インデックス・リターン(%)
1カ月 /3カ月 /6カ月
資産クラスの見通し
強気/ 弱気
コメント
代表的な資産クラス
 グローバル株式 -2.9 0.0 3.3     バリュエーションが魅力的な米国以外の市場に牽引され、株式に対する見通しがわずかに明るい見通し
グローバル・ソブリン -3.4 -0.6 -1.9   回復力のあるコア物価指数と経済活動指標によって、世界の債券市場、そしてターミナルレート(到達金利)が調整される
コモディティ -4.7 -7.5 -10.9   低いCAPEX(資本的支出)とタイトな在庫が商品価格を支えるなか、需要は堅調に推移
通貨 (米ドル) 2.6 -1.2 -3.2   インフレへの再注目により米ドル(USD)は回復したものの、依然として強い割高感が残る
株式
 米国株 -2.4 -2.3 1.3     高いバリュエーション、業績悪化の加速、そして金利の「より高く、より長く」の方針が、米国の魅力を低下
欧州株 1.6 7.4 17.7   景気後退にはまだ至らず、欧州は冬を乗り越え、株式は史上最高値を更新
日本株 0.9 0.6 2.9   レンジ相場では再びブレイクアウトが試されている。中国には追い風だが、日銀への影響は不透明
新興国市場 -6.5 -0.5 -2.3   これまで代替データでとして見られていたPMI(製品製造情報)データは、2月にようやく期待された景気改善を示した
債券
 米国債 -2.2 -0.4 -2.5     コア物価の上昇により、2023年のFED(連邦準備制度)緩和期待が低下、そして米国イールドカーブが上昇に転じる
英国債 -3.3 -4.8 -7.4   堅調な労働市場とインフレ指標を背景とした金融引き締めの必要性に反応する英国債
ユーロ圏ソブリン -2.2 -4.4 -5.6   堅調な活動データと持続的な価格圧力が、利回りの上昇、そして欧州中央銀行(ECB)の行動につながる
米国ハイ・イールド
-1.3 1.8 2.5     これまでのところ良好なファンダメンタルズは織り込まれているが、長期金利の上昇によりリスクセンチメントが影響を受けている
エマージング債 -3.4 0.1 1.3   エマージング債は、新興国の見通しが改善したにもかかわらず、米国金利の動きに対する感応度が高いため、苦戦を強いられた
コモディティと通貨
原油 -2.2 -4.1 -10.3     中国の再開は原油需要を押し上げ、供給は依然タイト、地政学的リスクは過小評価される
-3.2 10.3 18.5   LATAM(ラテンアメリカ)の供給障害は継続、「グリーン」需要は住宅建設の弱さを補う可能性が高い
-5.3 3.3 6.8   利上げ懸念と米ドル高が金の重しに
USD vs. EUR 2.7 -1.6 -4.9     ECBがタカ派的な姿勢を崩さないことから、バリュエーションと利回り格差がユーロ(EUR)高を支える
USD vs. GBP 2.5 0.3 -3.3     低成長予想と英国の構造問題が2023年の英ポンド(GBP)の重しとなる
USD vs. JPY 4.7 -1.4 -2.0     上田氏が日銀総裁に指名されたことで幾分ボラティリティが高まる。今夏にはイールドカーブ・コントロール(YCC)をさらに見直すとことが想定される

過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。

グローバル株式はMSCI AC World Daily TR、グローバルソブリンはFTSE World Government Bond Index - Developed Markets in USD、コモディティはBloomberg Commodity Index、通貨(米ドル)はBloomberg Dollar Spot、米国株式はS&P 500 Index、ユーロ圏株式はMSCI EMU Index(EUR)、日本株式はTOPIX Index(JPY)、新興国市場はMSCI EM NR、米国債は J. Morgan U.S.A. 国債Index、英国債はJ. Morgan U.S.A. 国債Index、 ユーロ圏ソブリンはJ. Morgan EMU Investment Grade Index、米州債はJ. Morgan U.S. A.,、米国債はDaily Daily TRで表示されています。米国債はJ.P. Morgan米国国債インデックス、英国ギルトはJ.P. Morgan英国国債インデックス、ユーロ圏ソブリンはJ.P. Morgan EMU投資適格指数、米国ハイ・イールドはBloomberg U.S. Indexで算出。Corporate High Yield、EM fixed income by J.P. Morgan EMBI Plus Index、Oil by S&P GSCI Crude Oil、Copper by BBG Copper TR、Gold by GOLD SPOT $/OZ. 通貨については、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)、英ポンド(GBP)は、それぞれの通貨対米ドル(USD)で表示されています。

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

市場展望インサイト

良好な成長とインフレのダイナミクス、先進国市場に対するレラティブ・バリュー、そして中国に現れる可能性のある大きな投資超過収益(アルファ)の獲得機会などにより、2024年のアジア債券市場の見通しは堅調と考えます。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

東アジアでは、2024年2月10日に春節(旧正月)を迎えます。中国株の投資家たちは、期待外れとなった卯年に別れを告げることに安堵し、伝統的に干支において最も縁起が良いとされる辰年がその評判通りの1年になるのかどうか思案しているかもしれません。

詳しくはこちら

日本株月次レポート

現在の日本の株式市場は過去20年で3度目の転換点(過去2回は2005年小泉内閣の構造改革期待、2012年以降のアベノミクス)にあると認識しています。

詳しくはこちら

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。