インフレ:一息つくには早すぎる?

インフレは、資本市場にとって依然として最重要問題の一つとなっています。ユーロ圏のインフレに関するニュースは一見、非常に先行きの明るい材料のように思えるかもしれません。欧州中央銀行(ECB)が発表した季節調整済みデータによれば、コアインフレ率は現在、2.0%から2.25%の間となっています(厳密な定義によって異なる)。つまり、目標インフレ率まで戻ったということです。しかし、これにはテクニカルな要因が関係しています。バスケットのウエイト変更により、前年比のインフレ率が実際よりも低く見えるということです。信頼できるインフレ統計が得られるのは来年の初め、つまり変更の影響がデータから消えた後になります。11月の非エネルギー工業製品の季節調整済み前年比インフレ率は、10月よりもさらに低下しました。エネルギーと食品を除くと、インフレ率はほぼゼロでした。インフレ率がまだ3%前後と高い領域は、サービスセクターのみとなっており、これはある程度予想通りと言えます。これに関連して、米国に比べてかなり強かったユーロ圏のコアインフレ率の上昇が落ち着きつつあるのも、興味深いところです。

心強いことに、米国でも消費者物価は下落しました(「今週のチャート」を参照)。しかし、ここでも、市場が一息つくのは早すぎるでしょう。弊社のモデル計算の結果を見ると、安心できるような兆候は限られています。米国のインフレに関する弊社の長期モデルは、景気サイクル(GDPギャップ)、短期的な供給混乱(エネルギー価格)、金融・財政政策(とりわけ、米連邦準備制度理事会(FRB)によるインフレ圧力)、賃金(特に単位労働コスト)、国際貿易(国内総生産(GDP)に占める輸入の割合で測定)に基づいています。短期的には、米国のインフレはさらに減速する可能性が十分あります。しかし中期的には、根底にあるインフレ圧力によって、長期にわたり2%目標を超える状態が続くと予想されます。過剰な流動性を吸収するには時間がかかる上、脱グローバル化(deglobalization)、人口動態(demographics)、脱炭素化(decarbonisation)の「3つのD」を背景にした構造的な供給ショックは相変わらず、インフレに構造的な上昇圧力を加えています。弊社モデルでは、2027年までインフレ率は3%弱(ベースラインシナリオ)と4%超(インフレ圧力が高いシナリオ)の間で推移すると推定しています。それより早くインフレ率が2%を切るのは、非常に楽観的なディスインフレシナリオ においてのみでしょう。

今週のチャート

米消費者物価指数(CPI、前年比):実績値、モデルおよびシナリオ予測値

出所: AllianzGI, Refinitiv; estimates for 2024 until 2029, 2023年12月現在のデータ。

来週を考える

来週の水曜日と木曜日はそれぞれ、米国とユーロ圏の中央銀行が主役となります。クリスマス前の平穏な金融環境が再びかき乱される可能性は低いでしょう。FRBもECBも、現在の方針を再確認することになりそうです。最近の物価指数を背景に、将来の金利の道筋に関する文言がカギとなります。最近、数人のFRB関係者が早期利下げについて、それとなく言及し始めています。しかし、これはまだ全体的な合意ではありません。FRBのパウエル議長もECBのラガルド総裁も、金利を「より高く、より長く」維持する選択肢を残しておくことに気を配ると思われます。金融政策は、微調整の局面に入っています。物価面に関する警戒解除信号を時期尚早に出すと、利下げ臆測とインフレ期待が再び高まることになります。ウクライナへの攻撃によってエネルギー価格が高騰したことから、金融緩和政策がインフレに一役買っていることが忘れ去られています。物価指数の低下はまだ、持続可能な傾向を示すとは言えません。

中央銀行の会合はさておき、月曜日には、ユーロ圏とその加盟国を対象とする欧州経済研究センター(ZEW)の景況感指数が公表されます。続いて火曜日には、米国の消費者物価が発表されます。コンセンサス予想では、前年同月比のインフレ率は、過去数カ月の水準から若干下がると見られています。しかし、2%の目標にはまだまだ遠いと思われます。

日本では、先行指標を総合的にまとめた「短観」が水曜日に発表されます。全体的に、前月と比べて変化はないでしょう。木曜日には、米国の小売売上高、新規失業保険申請件数、輸出入物価指数が発表されます。そして金曜日には、中国の鉱工業生産高と小売売上高の発表が予定されています。コンセンサス予想では、どちらも改善が見込まれており、足取りの弱い中国の回復にとって重要な前進となると思われます。

金曜日は、ユーロ圏とその加盟国の多くの経済指標が控えていますが、最も重要なのは、英国の購買担当者景気指数とGfK消費者信頼感指数でしょう。英国と米国のS&P購買担当者景気指数が出そろうことで、全体像が明らかになります。

 

資本市場が落ち着いた局面を迎えることを祈ります。

Top Insights

来週を考える | The Week Ahead

市場の意志は明確です。市場は、上へ上へと上昇しています。実際、いくつかの主要な経済指標は一時的に、新たな史上最高値に達しています。

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は最近、まず「もっと多くの良好なデータを見たい」と述べ、近い将来の利下げ期待を打ち砕きました。

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

米国がリセッションに陥る可能性はまだ除外できませんが、そのような事態を免れる確率は高まっています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。