利上げは終盤戦へ

米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めサイクルのうち2022年の前半部分は、消火活動とみなすのが適切でしょう。金融緩和は行き過ぎており、財政政策による異例の下支えによって個人消費が伸び、インフレが加速していました。

2023年初頭から、金融引き締めは正常化局面に入りました。米経済におけるディスインフレの進行が目立ち始めたことを受け、FRBは、政策目標金利であるフェデラルファンド(FF)金利の引き上げペースをゆるめました。

そして今、FRBの金融引き締めは、チェスにたとえれば、エンドゲーム(終盤戦)と呼べる局面に入りつつあります。政策金利がピークに近いことは次第に明白になっているように見えます。けれども弊社は、金融引き締めのプロセスはまだ終わっていないと考えています。

一見すると矛盾しているように思えるこの状況は、どう説明できるでしょうか?

最初に考えられるのは、FRBは終盤戦に積極的にも消極的にも関与できるということです。積極的な関与にはもちろん、インフレが持続する可能性を確実に最小化するための追加利上げが含まれます。一方で、積極的な関与は、FRBがその成長予想やインフレ予想、さらには政策金利予想そのものにおいて示す見通しの形を取ることもあります。次回の会合では、こうした要素が重要となる可能性が高いと考えられます。

さらに、この終盤戦には、複数のプレーヤーが関わっています。他の中央銀行、特に日本銀行の政策転換は、世界の債券市場における長期債の利回り水準に影響を与えています。特に米国は、住宅ローン市場の規模が大きく、住宅ローンの大半が10年以上の固定金利であるため、他の国々よりも長期債の利回りの影響を強く受けます。債券利回りの上昇は、社債発行企業にも影響を与え、企業の支出力の足かせとなります。

最後にFRBは、たとえ完全に受動的な姿勢を取っている場合でも、インフレの低下に合わせて金利引き下げを行わないことによって、金融を引き締めることができます。実質金利(簡単に言えば、債券名目利回りと期待インフレ率の差)が上昇すると、実体経済における設備投資の必要実質収益率が上昇することにより、直接的な影響が生じます。また、長期割引率の上昇によって投資ポートフォリオにも影響が及びます。どちらの影響も、実質金利を基準としてキャッシュフローが評価される資産の価値を低下させることが少なくありません。影響の幅広さを示すものとして、そのような資産の例には、インフラや不動産のほか、さまざまな通貨、さらには金などが含まれます。こうした受動的な引き締めは、FRBによる利上げの完了後、何カ月も続く可能性が高いと弊社は見ています。

次の金融政策決定の行方

次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、米経済の後追い指標が極めて建設的な状況、すなわち実体経済活動は強さを増す一方、労働市場の逼迫とコアインフレ率の両方が和らいでいる状況の中で行われることになります。

このことから、終盤戦はほぼ終わり、勝利は近いと見る向きもあるかもしれませんが、弊社は、それはまだ先のことと考えています。歴史的には、インフレ率がピークから低下する際は再燃の波を伴うことが多く、最近の原油価格の強さを考えると、このパターンになるおそれがあります。そのため弊社は、FRBが来週のFOMCでは金利を据え置き、その予想において年内にもう1回の引き締めを引き続き示唆して、2024年の利下げ期待をさらに後退させる可能性が高いと見ています。

今週のチャート

FRBの政策目標金利と10年物米国債金利

 

出所: Bloomberg, AllianzGI Global Capital Markets and Thematic Research, 2023年9月12日

来週を考える

来週は、FOMCに加え、イングランド銀行と日本銀行の政策決定も発表を控えています。イングランド銀行は25 bpの利上げを実施する一方、日本銀行は金融政策を据え置くと予想されます。

最も重要な指標の発表は週の終わりに予定されており、米国、ユーロ圏、日本、英国の購買担当者景気指数(PMI)の速報値が出そろいます。一部の国では、製造業が安定し始めている兆しがあります。これは、待望のソフトランディングの実現に向けた重要な要因になるでしょう。対照的に、ユーロ圏と英国ではサービス業が鈍化しており、PMIがさらに低下すると、経済活動の縮小リスクが高まります。米国では、先月のサービスセクターの景況感調査が極めて強弱まちまちの結果となったため、今回のPMIは、成長期待を支える特に重要な材料となるでしょう。

終盤戦は続いていますが、来週中に決着がつく可能性は低いように思われます。大部分の資産市場はもうしばらくの間、次の好材料による後押しを待つ必要がありそうです。

Top Insights

来週を考える | The Week Ahead

3月のグローバルなマクロ指標は、弊社独自のマクロ・グロース指数 に基づくと、幅広い地域で4カ月連続上昇しました。先進国の景気拡大をけん引したのは主に、ユーロ圏における力強い回復と米国の経済指標の緩やかな改善でした。

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

資本市場参加者は3月、明らかに高揚していました。S&P 500種株価指数、日経平均、ユーロ・ストックス、DAXはいずれも、過去最高を更新するか、少なくとも過去最高の水準を維持しました。

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

米国の政策金利引き下げに対する市場の期待は、1月と2月のインフレが予想を上回る強さを見せたことで、この2カ月で後退しました。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。