参加することに意義がある

夏真っ盛りの現在、金融市場はやや混乱に見舞われています。投資家は今なおパニックと新たな楽観的観測との間で揺れ動いています。懸念されていた米国のリセッション(景気後退)が先延ばしされる可能性を示す兆候が増えつつあります。これまでのところ、連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締め政策は、期待されたほど成長を鈍化させていません。リセッション入りの可能性は、来年にずれこみ始めています。ドイツと欧州では、エネルギー価格と産業活動の停滞が現在、最も重要なトピックになっています。中国の経済回復は、数々の支援策にもかかわらず失速しており、中国政府からは成長強化のための信頼性の高い施策は提示されていません。世界中で物価上昇が減速する中、夏休み前は最も重要な指標だったインフレ率から市場関係者の注目が離れつつあるように見受けられます。エネルギー価格のインフレ率は最近少し加速しているものの、前年比ではまだ低い水準にとどまっています。そのため、最近行われた中央銀行の記者会見は大きな注目を集めたものの、これまでと同じ主張を繰り返して今後の道筋を再確認しただけに終わったため、たいした影響はありませんでした。こうした中、投資家は今年の残りの期間に備えてどのようなポジションを取るべきでしょうか。

これに関しては、中期的な景況感指数が参考になるかもしれません。バンク・オブ・アメリカの調査によれば、機関投資家は自信を取り戻し始めたところです。米国のエコノミストは、最近の好調な数字に驚いています。欧州では、Ifo指数や購買担当者景気指数(PMI)などの先行指標はまだ伸び悩んでいます。このことは、米国から波及する形で、欧州もある程度安定化する可能性があることを示唆しています。特にドイツは、2024年に再びリセッションの可能性が取り沙汰される前に、長引く低迷(成長率が現在まで3四半期連続でわずかにマイナスとなっている)からの年内脱却を果たすかもしれません。その結果として、芽吹き始めた楽観的観測が今後も強まっていく可能性があります。実際、上昇のポテンシャルはかなりあります(チャート参照)。直近の企業業績の数字は、このトレンドを裏付けています。第2四半期の企業報告と2023年末までの見通しは全体的に明るいものとなっていますが、環境の悪化によってストレスは増大しています。特に、ガバナンスの問題や難しい製品サイクルを抱えている企業とエネルギー需要の高い企業は、困難に見舞われています。また、物価上昇は、利幅を圧迫しています。こうした状況の中でも、異なる視点から物事を見るのが賢明です。さまざまな業界で、多くの企業が危機の中でも好調であり、危機を追い風にすらしています。力のある企業は、この状況をうまく利用して新製品を次々と発表し、新たな市場に参入しています。エネルギー価格の高騰、新しいテクノロジーやイノベーションを受けて、世界の競争環境は変わりつつあります。この過程では多額の政府補助金も重要な役割を果たすようになっています。また、金利上昇も影響を及ぼしています。企業の経営者は、高い資本コストに対処する必要があり、業務の効率化や投資収益率の向上が急がれています。企業のバリュエーションは、高い割引率によって押し下げられています。企業が長期にわたって高い成長率を定期的に実現することができなければ、株価が下落するでしょう。同じ理由で、成長率が高く、説得力のある長期計画やビジョンを持っている企業の株価が突然、過剰に値上がりする可能性もあります。  

今週のチャート

バンク・オブ・アメリカのグローバル投資家調査
世界のファンドマネージャーは楽観的な成長期待を抱いているとはいえ、改善の余地は大きい

出所: BOFA Global Fund Manager Survey, AllianzGI E&S, 22/08/2023.

来週を考える

より多くの企業報告が公表される10月まで、経済の先行指標が焦点となります。来週は、先進国のインフレ率が注目を集めるでしょう。水曜日と木曜日には、ユーロ圏の主要国のインフレ率と全体のインフレ率が発表されます。最も重要な問いは、ベース効果が消えつつある中でもインフレ率はおおむね安定するのかということです。安定したインフレ率は、現在の基本シナリオである利上げサイクルの休止の前提条件となっています。休止の可能性と2024年初めまで短期金利がほぼ変わらないことは、市場心理という点で極めて重要です。インフレ率とは別に、ドイツの消費者景況感指数(月曜日発表)、ユーロ圏の消費者景況感指数(火曜日発表)、そして米国の個人消費支出(金曜日に発表)が注目を集めるでしょう。米国の個人消費支出に関して重要なのは、FRBが重視する指標である個人消費支出(PCE)デフレーターが予想(+3.3%)を超えないことです。米国でも、金融市場は2024年の金利について楽観的な見方を強めており、来年は金利が横ばいになるだけでなく低下すると予想しています。市場は「ソフトランディング」を織り込んでいます。

ここ数週間、中国が発表する指標は全般的に低迷しているため、木曜日と金曜日は中国の2つの購買担当者景気指数(PMI)、すなわち国家統計局PMIと財新PMIが注目を集めると思われます。最近の製造業景況感調査は、景気拡大と縮小の分かれ目である50を割り込みました。景況感がさらに悪化すると、世界の成長の勢いに対する懐疑的な見方が強まる可能性があります。こうした状況の中、木曜日に発表される米国のシカゴ製造業PMIと日本の鉱工業生産高は当然、注目を集めることになります。これらの2つの指標によって全体像が明らかになり、他の地域が中国経済の減速を補うことができるかどうかが示されるでしょう。投資家は徐々に、再び日本に注目し始めています。

短期的な指標に対する専門家の解釈がどうであっても、また市場がどれほど不安定であっても、忘れてはならないのはオリンピックのモットー、すなわち「参加することに意義がある」ということです。投資を継続し、短期的なボラティリティを乗り切り、世界中に新たな機会を探すこと——それが、過去数年間の成功の秘訣でした。同じことが、再び魅力的なリターンを提供している債券市場にも言えるようになりつつあります。

Top Insights

来週を考える | The Week Ahead

市場の意志は明確です。市場は、上へ上へと上昇しています。実際、いくつかの主要な経済指標は一時的に、新たな史上最高値に達しています。

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は最近、まず「もっと多くの良好なデータを見たい」と述べ、近い将来の利下げ期待を打ち砕きました。

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

米国がリセッションに陥る可能性はまだ除外できませんが、そのような事態を免れる確率は高まっています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。