辰年の中国、デレバレッジが続く見込み

中国経済にとって辰年は波乱の幕開けとなりました。弊社は、中国で進んでいる民間セクターのデレバレッジ(債務圧縮)が今後も続く可能性が高いと見ています。これは、同国の成長と物価安定の足かせになると予想されます。中央政府が2021年に高レバレッジの不動産開発業者を取り締まる方針を決定したことは、中国が2008年の「4兆元の景気刺激対策」の開始以来追求してきた、借り入れを原動力とする投資主導の成長モデルの終焉を意味していました。

大規模な財政・金融救済策がなければ、不動産セクターが今後12~18カ月以内に安定する可能性は低いと思われます。つまり、企業(特に民間の不動産開発業者)も家計もデレバレッジのために既存の不動産在庫の売却を迫られる状況が続き、全体的な需要が弱まり、景気にデフレ圧力がかかることになります。

中央政府は、国債を増発し、インフラプロジェクトや都市リノベーションプロジェクトの資金負担を増やしていますが、弊社は現行の規模では十分でないと考えます。不動産セクターを安定させ、民間セクターのデレバレッジのプロセスを抑制するには、より大規模な中央政府の財務資源の投入とマクロ政策の緩和が必要になる可能性があります。

中国が直面している問題は一見すると、1990年代の不動産バブル崩壊後の日本といくらか類似しているものの、大きな違いもあります。

第一に、日本の不動産価格は、高騰から暴落までのサイクルが完全に一巡し、企業セクターのバランスシートにダメージを残しました。中国の場合、不動産価格は調整が進んでいるもののまだ高止まりしており、大きな影響を受けている企業はほぼ、巨額の債務を抱えた民間の不動産開発業者に集中しています。

第二に、日本企業が抱えた多額の損失は、日本の銀行システムの資産の質と資本基盤を著しく毀損し、その結果生じたシステミックな問題は、解消に長年を要しました。中国の場合、銀行システムは以前から、企業や家計への貸し出しから生じる不動産エクスポージャーを隔離する措置を取っています。資産の質は低下が予想されるものの、対処可能なものになるはずであり、銀行システムにシステミックな脅威を及ぼすことはないと思われます。

今週のチャート

国内総生産(GDP)比で見た非金融企業のレバレッジ-中国と日本の比較

出所: Bloomberg, Allianz Global Investors Economics & Strategy,2024年1月現在。

来週を考える

来週は、G3(日米欧)経済の最新のインフレ統計が発表されます。まず火曜日に日本の1月の消費者物価指数(CPI)が発表され、木曜日に米国の1月の個人消費支出(PCE)デフレーター、金曜日にユーロ圏の2月のCPI速報値が発表されます。

月曜日は、米国の1月の新築住宅販売件数が発表されます。前月は前月比8%増でしたが、市場は前月比2.4%増を予想しています。また、米製造業の直近の景気を判断する材料となる2月のダラス連銀製造業活動指数も控えています。

火曜日は日本で、物価上昇圧力が根強く残っているかどうかを見極める手がかりとなる1月の全国CPIとコアCPIが発表されます。これは、日本銀行による金融政策正常化のタイミングを判断する上で重要となるでしょう。米国の1月の耐久財受注の速報値も発表されます。前月は前月比横ばいだったのに対し、市場は前月比4%減を予想しています。また、2月の全米産業審議会(コンファレンスボード)消費者信頼感指数も発表されます。市場予想では114.7と、0.1ポイントの微減を見込んでいます。

木曜日は、米国の1月のPCEデフレーターの総合指数とコア指数が発表されます。市場は、総合が前月比0.3%増、コアが前月比0.4%増と底堅く上昇すると予想しています。これらの指標は、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ開始時期を見極めるカギとなります。この日には、日本の1月の小売売上高成長率と鉱工業生産成長率も発表されます。

金曜日には、ユーロ圏の2月のCPI速報値が発表されます。これは、欧州中央銀行の政策金利の動きを判断する上で重要になると思われます。米国の2月ISM製造業景況指数も控えており、市場予想では、前月の49.1から変化はないと見られています。

 

この辰年が、繁栄の1年になりますように。

Top Insights

来週を考える | The Week Ahead

英国とフランスでここ数週間に行われた議会選挙は、ポピュリストの主張が持つ潜在的な破壊力を思い起こさせるものでした

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

個別銘柄のアナリストのセンチメントから判断すると、明確なトレンドが出現しつつあります。米国経済は、ハードランディングであれソフトランディングであれ、着地しそうにありません。

詳しくはこちら

来週を考える | The Week Ahead

政治的期待に基づいた投資行動は、危険をはらんでいます。これを明確に示したのが、2016年の米大統領選挙でした。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。