生成AIの台頭が投資家に意味すること

チャットGPTやDALL-E2(ダリ・ツー)のような生成AIの進化は、投資家にとってどのような意味合いを持つのでしょうか。

要約
  • チャットGPTとDALLE-2の登場により、生成AIに注目が集まっています。
  • 根底にあるGPT技術は急速に成長しており、さまざまなセクターや産業で実用的なユースケースが考えられます。
  • 生成AIは、徐々にではあるものの、破壊的イノベーションになると予想されます。

「生成AIは転換点にあり、キャズムを超えようとしている。このような魔法が起こるのを一般の人々が広く目の当たりにするのは初めてのことだ。私は、このコンセプトについて極めて強気な見方をしている。(中略)みなが口を揃えて、AIはもう流行らない、これからはブロックチェーンと暗号資産だと言っていたが、いまやAIが加速し、それ以外が凋落している。これからの数年間、とても面白いものが次々と出てくると思う1

ダニー・ラング、ユニティAI担当シニアバイスプレジデント

ニュース:マイクロソフトは、チャットGPTの開発元である評価額約290億米ドルのスタートアップOpenAIに数十億ドル規模の投資を行う予定。

人工知能(AI)関連の最新のトップニュースは、マイクロソフトによるOpenAIへの追加投資でしたが、他の生成AIアプリケーションも世間の注目を集めています。これまでとの違いは、このテクノロジーにはすぐに応用できる用途が数多くあることと、投資家にとって幅広い意味合いを持つことです。

生成AIとは何か?

生成AIとは、「深層学習」という、機械学習(ML)の一形態を指す包括的な用語です。この種のAIは、データセットで学習させたマシンを使って、人間の指示がなくても特定のタスクを実行したり予測を立てたりすることができ、最近、その学習方法が目覚ましい技術的発展を遂げています。初期のMLモデルは、大半が「教師あり学習」をベースにしていました。教師あり学習では、ある画像を「犬」と識別したりソーシャルメディアへの投稿を「政治的」と識別したりといったデータの分類に、人間の手を借りる必要があります。最近の生成AIの発展に関わっているのは、「教師なし学習」です。教師なし学習では、投入された膨大な量のデータに基づいてMLモデルが自身で予測や計算を実行します。

今日のマシンは、画像の中の犬を識別できる段階から、犬の画像を作成できる段階へと進化しています。DALL-Eと呼ばれる技術は、説明的な言葉に基づいて絵を描くことができ、Chat Generative Pre-trained Transformer(チャットGPT)は、いくつかのプロンプト(命令文)に基づいて経済解説やコンピューターコードさえ書くことができます。確かに、チャットGPTとDALL-Eの機能やユーザーインターフェースに注目に値しますが、その基礎となる技術は何年も前に登場しており、現在急速に向上しつつあります。2018年以降、メタ・プラットフォームズやマイクロソフト、グーグルなどによって独自あるいはオープンソースの高度なGPTモデルが作成されています。

なぜ投資家にとって重要なのか

チャットGPTは、大規模言語モデル(LLM)の一例であり、要は文章やコード行を書くといった特定のタスクを実行するために膨大なテキストデータで学習したソフトウェアです。LLMには数十億個の変数(パラメーター)が含まれており、学習を重ねるにつれ、それらの変数を変えることができます。結果として精度が上がると、ビジネスにおけるユースケースも増えます。たとえば、AIを利用したチャットボットは、バンキング顧客からの質問の9割に回答できるかもしれません。そうして従業員の負担を減らすことで、サービスの販売に費やす時間を増やしたり、銀行にとって最も価値のある顧客の対面エクスペリエンスの向上を図ったりすることが可能になります。

この種のテクノロジーを応用できる場面は、いろいろ考えられます。簡単な商品紹介から技術マニュアル、さらには「保険料率が上がった理由」に対する回答まで、書面の資料を必要とする企業は、人間よりも早く、安く資料を作成できるようになります。コーディングに生成AI技術を生かすことで、プログラマーは、非常に時間のかかる基本的かつ定型的なコーディング作業から解放され、より重要で、より高い付加価値をもたらすプログラミング作業に専念できるようになります。

生成AIは、テキスト以外に、画像や音声、動画などの生成にも利用できます。ロゴのデザイン、背景の描画、製品の設計といった、時間のかかる人間の作業を補助し、人間に取って代わることも考えられます。こうしたモデルはいずれ、ゲーム、視覚的なインタラクティブ・エンターテイメント、「デジタルツイン」等のビジネスシミュレーションにおいて、次世代の拡張現実(AR)や仮想現実(VR)関連の技術と統合されるでしょう。有名女優が自分の画像の使用許諾をプロダクションに与え、プロダクションが生成AIモデルを使ってその女優が実際に演技をしているような広告を制作することも、近いうちに可能になるかもしれません。

倫理・規制上の問題

チャットGPTをはじめ、あらゆるAI関連技術は、AIが作成した画像の著作権とライセンスの問題といった、重要な倫理的問題を提起しています。また、チャットGPTはインターネット全体を学習セットとして使用するため、間違った回答や整合性のない回答、あるいは不適切な回答をすることもあります。特定のユースケースでこの技術を利用する企業にとっては、このことはあまり問題にならず、より目的に特化したデータセットと微調整によってマシンにさらに学習させることができます。しかし、特にソーシャルメディア企業にとっては、こうした問題は深刻です。

新しいテクノロジーが登場する度に幾度となく目にしてきたことですが、アプリケーションや用途が先に導入され、規制は後追いで対応しなければなりません。OpenAIは、チャットGPTをまず広く一般用に公開することで、ユーザーからのリアルタイムのフィードバックによってモデルをより効果的に学習させられると期待しています。2022年11月のリリース後、OpenAIのチャットGPTツールを利用するために登録したユーザーの数は、最初の5日間で100万人を超えました2

生成AIに対してアリアンツGIが取っているポジション

生成AI技術そのものは数十年前から存在していますが、チャットGPTやDALL-Eのようなアプリケーションは、特に教師なしMLと深層学習のアプリケーションの分野において画期的なものです。この種のAI主導の変革というテーマにおいて、アリアンツ・グローバルAI戦略は、AIインフラ、AIアプリケーション、AI利用産業にわたり、生成AIに幅広く分散的なエクスポージャーを取ることを目指しています。

結論

生成AIの未来は、急速に進化していくと予想されます。生成されるコンテンツの質と多様性が向上し、新しいタイプの生成モデルが登場し、ヘルスケアや金融、輸送といったさまざまな業界において広く応用されるようになるでしょう。さらに、使いやすいインターフェースやツールによって、より多くのユーザーがAIにアクセスできるようになると思われます。生成AIの未来を正確に予測することは難しいものの、弊社では、生成AIが今後、AIを活用した変革とイノベーションの重要な一部になると楽観しています。

今日のチャート:生成AI市場は今後10年にわたり年率27%で成長する可能性がある
生成AI市場の規模(2023年~2032年、単位:10億米ドル)

出所:Precedence Research, 2022年12月。アリアンツGI。Compound annual growth rate = 27.02% from 2023-2032.
特定の有価証券について、推奨または勧誘するものではありません。

1 Unity’s AI Chief on Generative AI, Metaverse and Gaming, aibusiness.com, December 20, 2022.
2 “What is Generative AI”, McKinsey and Company, 19 January 2023

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

2024.5.7 | 市場展望インサイト

2024年に米国が複数回利下げを実施するとの期待は後退しています。従来、こうした事態は新興国市場(EM)債券にとってマイナス要因とみられてきました。ところが、スプレッドや利回り全体の水準が示唆しているのは、デフォルトに対するレジリエンスが高まった成熟市場に利益獲得の可能性があるということです。

詳しくはこちら

テクノロジー関連

AIの急速な台頭は、2030年までに世界経済にプラス13兆米ドルの効果をもたらす可能性がありますが1、その将来の成長は、2つの見落とされがちな要素、つまりインフラとエネルギーに大きく依存しています。データセンターからエネルギー効率の高い技術に至るまで、産業がどのように適応しようとしているのか、理解を深めましょう。

詳しくはこちら

テクノロジー関連

弊社はサステナブル投資家として、万人にとって安全で持続可能な未来を確実なものにする、現実的で永続的な変化を世界にもたらすことが可能です。

詳しくはこちら

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。