不確実性への対応 -トレード・ファインナンス

サプライチェーンの逼迫、地政学的緊張、銀行融資の縮小などを背景に、トレード・ファイナンスへのニーズが急拡大しています。相対的に高いリターンの可能性と短いデュレーションを有するこの資産クラスは投資家にとって魅力的なものとなるでしょう。

要点
  • トレード・ファイナンスは納品から支払いまでの資金ギャップを埋める金融取引を提供します。
  • コロナ禍や地政学およびサプライチェーン上の問題はいずれも昨今の貿易停滞に拍車をかけています。そのような環境下、トレード・ファイナンスは、商流に必要となる資金の調達に対して役割を果たしています。
  • 投資家にとっては、返済期限の短さ、他の資産クラスとの相関性の低さ、相対的に高いリターンが見込める点が市場の不確実性を克服する上で有用となり得るでしょう。

昨今のサプライチェーンの停滞や銀行融資の縮小を機に、トレード・ファイナンスに対するニーズが高まりつつあります。ここ2年間で世界貿易が大きく停滞したことで、商品の納品から支払いまでのギャップを埋めるための資金調達メカニズムを求める動きが拡大しています。アジア開発銀行による直近の推計では、世界のトレード・ファイナンスの需給ギャップは2020年に1.7兆ドルに達しています。伝統的にトレード・ファイナンスの主な供給元となる一部の銀行がパンデミックの余波により資金供給を絞っており、中小企業を中心にトレード・ファイナンスのニーズが高まっています。

貿易停滞による打撃を特に大きく受けるのは世界の最貧困層で、貿易の果たす極めて重要な役割は雇用の創出と経済成長の促進にあります。機関投資家が資産の分散を図るのであれば、トレード・ファイナンスへの投資は有効な手段となり得るでしょう。またトレード・ファイナンスへの投資は構造的プレミアムの享受が期待されます。

トレード・ファイナンスの仕組みとは?

トレード・ファイナンスは、企業による商品売買代金の調達を円滑にするために第三者の金融業者が提供する与信取引に似ています。例えば、買い手の支払いを待たずして、売り手は代金を受け取ることができます。トレード・ファイナンスは、主に次の4つの形態に分けられます。

1 / 買掛金ファイナンス – サプライヤーが請求書を発行した時点でバイヤーが支払いできるよう資金を肩代わり。


2 / 売掛金ファイナンス – 複数の顧客から請求書による支払いを受ける前に、そのサプライヤーに資金を提供。

3 / 運転資金ファイナンス – 複数の顧客から売掛の返済を受けるサプライヤーに対し融資を提供。

4 / 信用状 
– 企業が商業上の契約に基づいて行う個別の取引とその支払いに必要な資金を調達する際に使う一般的な手段。信用状、手形、貿易融資などが含まれる。

トレード・ファイナンスが機関投資家にとって魅力的な選択肢となり得る理由は?

地政学的緊張の高まり、債券利回りの不安定な動き、インフレの進行といった環境下で投資家が世界的な先行き不透明感に対処するためには、トレード・ファイナンスがもたらす柔軟性や潜在的リターンが有用となり得るでしょう。トレード・ファイナンスは満期までの期間が短く(一般に取引のライフサイクルは60~120日)、他の資産クラスとの相関性が低いと考えられるため、投資家が金利上昇局面を乗り切る上で有効な手段となることが期待されます。また、ボラティリティが低い傾向があるため、ダウンサイドリスクの抑制効果も期待でき、直近の市場を揺るがした混乱の渦中でもその効果が確認されました。さらに、トレード・ファイナンスはサステナビリティの長期的な目標の達成にも貢献できる資産クラスでもあります。国際貿易は包括的な経済成長と貧困削減を推進する原動力であることから、トレードファイナンスは国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた重要なツールとなり得るでしょう。また同時に、構造的な変化によって機関投資家がこの市場に参入する下地が作られつつあります。銀行は自己資本比率規制に阻まれて顧客ニーズの高まりに十分対応できていない現状であり、パートナー探しに乗り出しています。そのような中、金融テクノロジー企業はこの分野にイノベーションをもたらし、コストを抑えることで少額融資の効率性を向上させています。

ポートフォリオにおけるトレード・ファイナンスの位置づけとは?

低金利の環境下で、主要資産クラス以外への分散投資でリターン確保を図る投資家にとって、トレード・ファイナンスは魅力的な選択肢となり得るでしょう。

  • トレード・ファイナンスは構造的プレミアムによる相対的に高い利回りが期待されることから、資産担保証券(ABS)や短期投資適格債といった従来型のクレジット資産に代わる資産クラスとなり得るでしょう。
  • 同様に、安定したリターンと金利変動に対する感応度の低さから、国債の代替資産としても期待されます。
  • 最後に、トレード・ファイナンスは戦略的キャッシュポジションとしての役割も担えるでしょう。投資家にとっては、セミリキッドな性質を利用してポートフォリオの移管や再配分が可能となります。それゆえ、プライベート市場におけるキャピタルコールに備えた資金調達源としての役割も期待されます。

トレード・ファイナンスは最適なパートナーと組むことが、トレード・ファイナンスが持つ潜在的なメリットを享受する上での重要な要素であると考えています。

  • Disclaimer
    Investing involves risk. The value of an investment and the income from it will fluctuate and investors may not get back the principal invested. Past performance is not indicative of future performance. This is a marketing communication. It is for informational purposes only. This document does not constitute investment advice or a recommendation to buy, sell or hold any security and shall not be deemed an offer to sell or a solicitation of an offer to buy any security.

    The views and opinions expressed herein, which are subject to change without notice, are those of the issuer or its affiliated companies at the time of publication. Certain data used are derived from various sources believed to be reliable, but the accuracy or completeness of the data is not guaranteed, and no liability is assumed for any direct or consequential losses arising from their use. The duplication, publication, extraction, or transmission of the contents, irrespective of the form, is not permitted.

    This material has not been reviewed by any regulatory authorities. In mainland China, it is for Qualified Domestic Institutional Investors scheme pursuant to applicable rules and regulations and is for information purpose only. This document does not constitute a public offer by virtue of Act Number 26.831 of the Argentine Republic and General Resolution No. 622/2013 of the NSC. This communication’s sole purpose is to inform and does not under any circumstance constitute promotion or publicity of Allianz Global Investors products and/or services in Colombia or to Colombian residents pursuant to part 4 of Decree 2555 of 2010. This communication does not in any way aim to directly or indirectly initiate the purchase of a product or the provision of a service offered by Allianz Global Investors. Via reception of his document, each resident in Colombia acknowledges and accepts to have contacted Allianz Global Investors via their own initiative and that the communication under no circumstances does not arise from any promotional or marketing activities carried out by Allianz Global Investors. Colombian residents accept that accessing any type of social network page of Allianz Global Investors is done under their own responsibility and initiative and are aware that they may access specific information on the products and services of Allianz Global Investors. This communication is strictly private and confidential and may not be reproduced. This communication does not constitute a public offer of securities in Colombia pursuant to the public offer regulation set forth in Decree 2555 of 2010. This communication and the information provided herein should not be considered a solicitation or an offer by Allianz Global Investors or its affiliates to provide any financial products in Brazil, Panama, Peru, and Uruguay. In Australia, this material is presented by Allianz Global Investors Asia Pacific Limited (“AllianzGI AP”) and is intended for the use of investment consultants and other institutional/professional investors only and is not directed to the public or individual retail investors. AllianzGI AP is not licensed to provide financial services to retail clients in Australia. AllianzGI AP is exempt from the requirement to hold an Australian Foreign Financial Service License under the Corporations Act 2001 (Cth) pursuant to ASIC Class Order (CO 03/1103) with respect to the provision of financial services to wholesale clients only. AllianzGI AP is licensed and regulated by Hong Kong Securities and Futures Commission under Hong Kong laws, which differ from Australian laws.

    This document is being distributed by the following Allianz Global Investors companies: Allianz Global Investors U.S. LLC, an investment adviser registered with the U.S. Securities and Exchange Commission; Allianz Global Investors Distributors LLC, distributor registered with FINRA, is affiliated with Allianz Global Investors U.S. LLC; Allianz Global Investors GmbH, an investment company in Germany, authorized by the German Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin); Allianz Global Investors (Schweiz) AG; in HK, by Allianz Global Investors Asia Pacific Ltd., licensed by the Hong Kong Securities and Futures Commission; ; in Singapore, by Allianz Global Investors Singapore Ltd., regulated by the Monetary Authority of Singapore [Company Registration No. 199907169Z]; in Japan, by Allianz Global Investors Japan Co., Ltd., registered in Japan as a Financial Instruments Business Operator [Registered No. The Director of Kanto Local Finance Bureau (Financial Instruments Business Operator), No. 424], Member of Japan Investment Advisers Association, the Investment Trust Association, Japan and Type II Financial Instruments Firms Association; in Taiwan, by Allianz Global Investors Taiwan Ltd., licensed by Financial Supervisory Commission in Taiwan; and in Indonesia, by PT. Allianz Global Investors Asset Management Indonesia licensed by Indonesia Financial Services Authority (OJK).

    #2294762