日本株式超集中型

戦略目標

確信度の高い銘柄に集中投資をし、常に高いリターンの実現を目指します。


運用アプローチ

ファンダメンタルズ重視のアクティブ運用を行い、徹底した調査に基づくボトムアップによる銘柄選択を重視しています。銘柄選択においては、株価が適正に評価されるようになるカタリスト、企業の実態と投資家認識のギャップ、企業収益の中・長期トレンド、経営の質などに着目します。


特性

  • 集中投資:確信度の高い銘柄を厳選し、超過収益の獲得を目指します。

  • 業界での経験年数:経験豊富な専門家が運用を行っています。運用メンバーは、平均業界経験年数が20年以上と極めて長く、日本市場や日本企業に対する深い洞察力と深い専門性を有しています。

  • グローバルな情報網:グローバルの情報網を活用し、グローバルな視点による分析を行っています。各市場に深い知識を有している各地域のセクターアナリストからの知見や、弊社独自のグラスルーツ・リサーチなどを、銘柄選択やポートフォリオ構築に活かしています。

  • リスク管理にも配慮したポートフォリオ構築: 少数の銘柄に集中投資しているものの、幅広い業種から銘柄を組み入れるため、適度な業種分散が図られています。また、推定トラッキングエラーやベータなどの数値を日次でモニタリングしています。

哲学

企業の本源的価値に比べ株価が過小評価されている銘柄群に集中投資をすることで、リターンの最大化を目指します。