Regulation | ~ 4 min read

炭素国境調整メカニズム:カーボンリーケージをなくすための調整

炭素排出の厳格な規則を逃れる目的で、規制が緩くコストの安い地に事業を移転する企業がなかにはあるかもしれません。新しい炭素国境調整メカニズム は、こうした動きを阻止するための制度です。

欧州連合の炭素国境調整メカニズム(EU CBAM)が2023年10月に施行されました。この規制は「カーボンリーケージ 」、つまり、環境政策が緩慢な地に生産拠点を移すことで排出対応に伴うコスト上昇を相殺しようとする動きに対処するものです。CBAMは、域外からの輸入で企業が得られる競争優位をなくすために、欧州連合への輸入品に炭素価格を適用する仕組みです。

移行は2段階

この規制は、排出量の削減と生産プロセスのグリーン化を目指す企業が競争面で不利益を被らないようにする狙いがあります。第1段階では、輸入事業者に対し、輸入品の生産プロセスで発生した排出量を申告することのみが義務づけられます。第1段階は2025年まで続き、初めに対象となるのは、鉄鋼、コンクリート、アルミニウム、電力、水素、肥料生産の6セクターです。これらセクターはEUの炭素排出量のほぼ50%を占めています。この段階では、影響は限定的とみられています。

第2段階は2026年に始まり、より大きな影響をもたらす見込みです。第2段階では輸入事業者にEU炭素証明書を購入することを義務づけ、これによって気候変動政策が緩慢な拠点で生産された製品が持つ価格優位をなくすことを目指しています。企業は申告から金銭的負担への移行を求められることになります。EUはCBAMが税や関税には該当せず、世界貿易機関の要件に完全に適合しているとしています。

ただ、違った見方もあります。CBAMは中国、米国だけでなく、カナダ、南アフリカ、ブラジル、トルコなど、欧州への輸出量が多い他国との間でも摩擦を起こすリスクがあります1。大半の影響評価では、経済規模の小さい国にも及び得る影響が無視されています。これは、影響評価で計測の重点が置かれている貿易量やCO2排出量が、経済小国では大規模輸出国に比べ少ないことによるものですが、経済規模の小さい国にもやはり影響が及ぶ可能性があります2

このほか、計測において地域のカーボンプライシング制度を考慮することも、難しい問題になります。移行の負担を他国に負わせることで、EUは最終的に国連気候変動枠組条約 の核心にある「共通だが差異ある責任 (common but differentiated responsibilities)」の原則に反するおそれがあります。

輸入のグリーン化

EUが目指しているのは、輸入を抑制することではなく、製品のグリーン化を進めることです。CBAMの施行に伴い、カーボンリーケージの阻止を目指して最初に導入されたEU炭素市場の排出枠自由取引は漸次廃止されていく見通しです。CBAMの成功は、EUが貿易相手国にCBAMが保護貿易の手段ではないと説得できるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

CBAMの導入は正しい方向に向けた一歩ですが、CBAMが円滑に実施され炭素排出量の削減に顕著な変化を起こせるかどうか、その結論は今後を待たなければなりません。

1 S&P Global, February 2023, Developing economies hit hardest by EU’s carbon border tax
2 Magacho, G., Espagne, É. & Godin, A. (2022), Impacts of CBAM on EU trade partners: consequences for developing countries

Top Insights

市場展望インサイト

良好な成長とインフレのダイナミクス、先進国市場に対するレラティブ・バリュー、そして中国に現れる可能性のある大きな投資超過収益(アルファ)の獲得機会などにより、2024年のアジア債券市場の見通しは堅調と考えます。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

東アジアでは、2024年2月10日に春節(旧正月)を迎えます。中国株の投資家たちは、期待外れとなった卯年に別れを告げることに安堵し、伝統的に干支において最も縁起が良いとされる辰年がその評判通りの1年になるのかどうか思案しているかもしれません。

詳しくはこちら

日本株月次レポート

現在の日本の株式市場は過去20年で3度目の転換点(過去2回は2005年小泉内閣の構造改革期待、2012年以降のアベノミクス)にあると認識しています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。