Stewardship | ~ 4 min read

多様性の力

指導チームに多様性があると事業における決定がより適切になされることが、多くの学術研究で示されています。そのメリットは明白ですが、企業の役員レベルやその下位レベルにおける多様性にはまだ大きな改善の余地が残されています。特にドイツでは、その余地が大きいといえます。

欧州中央銀行(ECB)の調査では、取締役会のジェンダーの多様性(ジェンダー・ダイバーシティ)が高い銀行ほど、「よりブラウンな」企業、つまり炭素排出量が多い企業への融資が少なく、カーボンニュートラルな経済への転換に貢献していることが明らかになっています1。取締役会のジェンダー・ダイバーシティの向上は、規制面からも進められています2。また、監督機関としての役割を担うECBは、2021年以降、銀行の経営トップに対する適格性(fit and proper)評価の指針にジェンダー・ダイバーシティを取り入れています。


欧州他国に後れをとるドイツ

弊社が2023年8月末に行った分析から、DAX40採用企業3の監査委員会メンバーに占める女性の割合は平均39%であることがわかりました。これに対し、取締役会メンバーの女性の割合は平均22%にとどまっており、CEOが女性である企業はわずか1社でした。MDAX採用企業において女性が役員レベルに占める割合はさらに低く、取締役の女性の割合は15.6%で、女性が一人もいない取締役会が半数近くにのぼりました。


共同のエンゲージメント

弊社はジェンダー・ダイバーシティの向上をエンゲージメントの優先課題と考えています。このため弊社は30% Club Germany Investor Group (30%クラブ・ドイツ・インベスター・グループ)の共同創立に加わり、共同議長を務めています。これはフランスにおける弊社のアクティブなスチュワードシップにも反映されており、弊社は現在、30% Club France Investor Group(30%クラブ・フランス・インベスター・グループ)の共同議長も務めています。

この新しいインベスター・グループの共同創立者であるアムンディ 、カンドリアム 、コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツ 、リーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・マネジメント 、シコモア・アセット・マネジメント とともに、弊社はドイツ企業に対し、取締役会における女性登用を促す取り組みを強化し、これを実行するよう求めています。この問題については今後もDAX40採用企業およびMDAX採用企業に共同でエンゲージメント活動を行い、DAX40企業の経営チームに対し2030年までに取締役会議席の30%以上を女性にすることを求めていく予定です。


規制だけでは不十分

ドイツ政府はFührungsPositionenGesetz (FüPOG II)を施行し、3人以上で構成される取締役会メンバーの少なくとも1人は女性を任命することを法律で企業に義務づけました。この法によってジェンダー・ダイバーシティが進むとみられ、実際に改善が見え始めています。ただ、この法の適用対象がDAXの全上場企業ではないことで状況が複雑化しており、さらなる前進には時間を要すると弊社はみています。このため、ポートフォリオ構成企業に対して投資家が積極的にエンゲージメントを行うことがジェンダー平等推進の鍵になると弊社は考えています。

弊社はエンゲージメントの優先課題としてジェンダー・ダイバーシティを重視しています。詳しくはこちらのショート動画をご覧ください

1 European Central Bank, October 2022, Gender diversity in bank boardrooms and green lending: evidence from euro area credit register data (europa.eu)
22022年11月に欧州議会と欧州理事会で採択されたWomen on Boards Directive(取締役会における女性指令)はその一例です。
3 DAXはドイツの主要優良企業40社で構成される株式市場指数です。MDAXはプライムスタンダードの50銘柄で構成されており、時価総額においてDAX指数採用企業に次ぐランク付けの企業が含まれています。

Top Insights

市場展望インサイト

良好な成長とインフレのダイナミクス、先進国市場に対するレラティブ・バリュー、そして中国に現れる可能性のある大きな投資超過収益(アルファ)の獲得機会などにより、2024年のアジア債券市場の見通しは堅調と考えます。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

東アジアでは、2024年2月10日に春節(旧正月)を迎えます。中国株の投資家たちは、期待外れとなった卯年に別れを告げることに安堵し、伝統的に干支において最も縁起が良いとされる辰年がその評判通りの1年になるのかどうか思案しているかもしれません。

詳しくはこちら

日本株月次レポート

現在の日本の株式市場は過去20年で3度目の転換点(過去2回は2005年小泉内閣の構造改革期待、2012年以降のアベノミクス)にあると認識しています。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。