2023年、再始動への準備

2022 年はいくつか大きな変化をもたらしました。インフレが高まり、その結果、過去10年間の低金利環境は唐突に終わりを告げました。また、欧州での戦争によって、エネルギー問題と地政学リスクが高まりました。2023年にはこれらの激変の影響が徐々に明確になってゆくでしょう。

2023年にはこれらの激変の影響が徐々に明確になってゆくでしょう。米国では2023年に景気後退に陥る確率が高まっていますが、この原因は主に、米国連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策が景気を減速させ、大きな実質所得の減少に伴い消費者心理が暗転したためです。しかしながら、特にエネルギーと商品価格の下落により、インフレは多くの主要国でピークアウトしたと見られており、消費者の負担もいくらか軽減されてゆくでしょう。しかし、労働市場は依然として厳しく、コア・インフレとサービス部門のインフレ率は共に穏やかに低下すると見られます。インフレが続くことで、多くの主要中央銀行が明示的または暗黙のうちに目指している2%のインフレ目標の達成は、まだまだ先のことのように思われます。  

つまりそれは、これらの中央銀行による利上げの流れが、まだ終了していないと結論づけることができるでしょう。主要金利は、市場が予想しているよりも長い間上昇し続けるか、高止まりするだろうと見られています。

投資家にとっては、さらに不安定な市場環境をもたらしますが、それと同時に新たなスタート、すなわちポートフォリオの新たな方向性を示す機会にもなるでしょう。利上げサイクルが継続し、利回りが上昇する中で、国債市場は来年の見通しを見直す必要があるでしょう。社債市場は、金利スプレッドに景気や信用力のリスクが予想されるほど、市場で魅力的な動きが見られます。株式市場は通常、景気後退期に最安値を記録しますが、このような時期は事態の悪化が緩和され、懸念の壁を乗り越えようとするコンセンサスが見受けられるときでもあります。このような時期には、アナリストの業績予想に景気後退のリスク増を反映させると、役に立つでしょう。

ゼロ金利に近い状況で資金が貸されなくなった環境では、今日、投資家に直接収入となる安定したキャッシュフローを持つ企業が、再び魅力的に映るでしょう。食料、エネルギー、サイバーセキュリティなどの分野を組み合わせた国家安全保障のような多面的なテーマは、気候変動への耐性を高める企業のイノベーションと同様に興味深いものと思われます。

 
今週のチャート

US inflation peaking - The way back to the 2%-Target may become long though

Comparison of 3-months annualized in inflation rates of different US inflation concepts

 

Source: Allianz Global investors, Bloomberg, Federal Reserve Bank of Atlanta

戦術的配分、 株式と債券
  • 資本市場は過渡期にあるように思われます。インフレ懸念はやや低下するなか、成長懸念は高まっています。これは戦術的には債券市場の安定化を示しているかもしれません。
    株式市場では、インフレ率のピークが短期的には安心感をもたらすと見られます。もし成長率の減速の始まりが穏やかで、なおかつ予想より遅れて始まれば、更に安心でしょう。
  • 2022年に世界経済にネガティブなインパクトを与えた二つの供給ショックは、わずかにですが明るい兆しを見せています。欧州のエネルギー危機は、温暖な秋に伴う消費の減少の結果、いくぶん緩和されました。
    そんな中、中国ではゼロコロナ政策からの開放に向け、最初の一歩を踏み出したようです。
  • 投資家のセンチメントは依然として慎重なことから、現金保有高も高止まりしているようです。
    悪材料さえなければ、ショートポジションがカバーされ、社債や株式などリスクの高い資産クラスが支持されるだろうと見られます。
  • 長期投資家は、今後の見通しが良くなることが期待されるでしょう。
    債券利回りの上昇と株式バリュエーションの低下は、新らたに先を予測することなく、長期的に高いリターンを期待されることを意味します。そして、それは新たなスタートの手助けとなるでしょう。


リスタートに備えましょう

 

 

ステファン・ロンドルフ
シニア・インベストメント・ストラタジスト・グローバル・エコノミック&ストラテジー

  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

Top Insights

水は、生命にとってなくてはならないものですが、時には生命を脅かすものでもあります。温暖化と地球人口の増大に伴って干ばつと洪水の両方が増えることが予想される中、こうしたリスクの緩和と適応には、多大な努力が必要となります。今後は、ポートフォリオにおける水リスクのスクリーニングにせよ、水危機のソリューションを提供する企業の特定にせよ、水に対する投資家の注目が強まると予想されます。

詳しくはこちら

地球上の生物種の多くを絶滅から救う取り組みが時間との戦いとなる中、最近開催されたCOP 15会議で世界各国が生物多様性保全の危機に対応するための計画に合意しました。しかし合意の成功は、あらゆるステークホルダーが、国際的な生物多様性目標に沿った資金の動員と、危機の2つの側面である気候変動と生物多様性の損失に取り組むことに主眼を置き、密接に協力できるかどうかにかかっています。

詳しくはこちら

農作物の収量を増やすための従来のアプローチは、たとえば肥料や害虫防除の改善、より大型で優れた機械の使用などによって既存のプロセスを改良し、資本をより効率的に利用することによって、収量を少しずつ上げていくというやり方に頼っています。

詳しくはこちら