Regulation | ~ 2 min read

森林破壊に対するアクション:新たなEUルールが採択

森林破壊の抑制に向けた重要な一歩として、EU理事会は欧州議会とともに、一次産品による森林破壊と森林劣化を防止するための新たな規則を全面的に採択しました。

規則案の趣旨は?

この新規則は、EU域内の特定のサプライチェーンに焦点を当て、「EU市場に出回る特定の主要商品が今後、EU域内外における森林破壊や森林劣化を助長しない」ようにすることを目指すものです1。EUは、生物多様性に影響を与える多くの一次産品の主要消費地域とみなされており、今回のアクションは、生物多様性損失の一因となっている被害のかなりの部分を食い止めることを狙いとしています。

これは新しい動き?

これは新しい動きというわけではありません。この規則はもともと、2021年11月に欧州委員会(EC)が提案したもので、趣旨については原則として合意されたものの、その範囲について、立法機関であるEU理事会と欧州議会との間で折り合いがついていませんでした。議会は、産品の範囲、森林の定義と規制対象の事業体について、より積極的な計画を求めていました。その結果、より多くの産品が含まれることになりましたが、サバンナに由来する商品と金融機関による投資はどちらも除外されます。

新規則による影響は?

注目すべきこととして、EUの輸入品は、世界の森林破壊の1割の原因となっています2。新規則は、森林破壊に関連するあらゆる産品、たとえば牛、カカオ、コーヒー、パーム油、ゴム、大豆、木材などに影響を与えることになります。それらの産品をEU域内で販売したり流通させたりしている企業は、デューディリジェンスを実施し、自社のサプライチェーンが「森林破壊フリー」であるという重要な証拠を示すことを求められます。これらの規則に違反していることが判明した場合、EUでの年間売上高の最大4%の罰金を科せられる恐れがあります。

次のステップは?

欧州議会は4月19日に本規則を採択し、続いてEU理事会も5月16日に採択しました。2023年6月にこの規則が施行されると、大企業と中規模企業には18カ月の猶予期間を経て(2024年12月から)適用され、小企業と零細企業には24カ月の猶予期間を経て(2025年6月から)適用されます。

弊社の見解は?

今回の規則採択は、好ましい動きであり、世界に先駆けた取り組みとなります。サプライチェーンの透明性が確保されることになり、森林破壊を経済的に抑止する可能性があります。しかし、規則の実施は困難であり、大企業によるいっそうの努力が必要となるでしょう。また、EU域外の国々は、自国の企業の製品が不当な扱いを受けているとみなすかもしれないため、政治的な問題を引き起こす恐れもあります。

生物多様性と森林破壊については詳しくは、ロイターイベンツとの提携により刊行されたこちらのホワイトペーパーをご覧ください。https://jp.allianzgi.com/ja-jp/jp-insights/outlook-and-commentary/tackling-the-biodiversity-challenge 



1 https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_22_7444
2 https://www.europarl.europa.eu/news/en/headlines/society/20221019STO44561/deforestation-causes-and-how-the-eu-is-tackling-it

Top Insights

市場展望インサイト

金利に連れて、債券利回りの水準は全般的に大きく修正されました。このため投資家は、より高いインカムを求めてクレジット市場でリスクが高めの商品に手を出す必要がなくなりました。

詳しくはこちら

市場展望インサイト

「より高くより長く」という環境は、企業エコシステムの大きな変化にもつながっています。10年以上続いた超低金利時代が終わり、おそらく利益率が低く、キャッシュ創出力が弱く、あるいはバランスシートが不安定である一部の質の低い企業は、これから生き残りに苦労するかもしれません。

詳しくはこちら

サステナビリティ関連

この11月末、世界の大部分の国々から、代表団が砂漠の地へと向かいます。最新の国連気候変動会議、つまりCOP 28が、ドバイで開催されるからです。慌ただしい日程に含まれる議題には、熱波が健康に及ぼす影響や、気候変動を緩和するために貿易が果たしうる役割などが含まれます。

詳しくはこちら
  • 【ご留意事項】
    • 本資料は、アリアンツ・グローバル・インベスターズまたはグループ会社(以下、当社)が作成したものです。
    • 特定の金融商品等の推奨や勧誘を行うものではありません。
    • 内容には正確を期していますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている個別の有価証券、銘柄、企業名等については、あくまでも参考として申し述べたものであり、特定の金融商品等の売買を推奨するものではありません。
    • 過去の運用実績やシミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料には将来の見通し等に関する記述が含まれている場合がありますが、それらは資料作成時における当社の見解または信頼できると判断した情報に基づくものであり、将来の動向や運用成果等を保証するものではありません。
    • 本資料に記載されている内容・見解は、特に記載のない場合は本資料作成時点のものであり、既に変更されている場合があり、また、予告なく変更される場合があります。
    • 投資にはリスクが伴います。投資対象資産の価格変動等により投資元本を割り込む場合があります。
    • 最終的な投資の意思決定は、商品説明資料等をよくお読みの上、お客様ご自身の判断と責任において行ってください。
    • 本資料の一部または全部について、当社の事前の承諾なく、使用、複製、転用、配布及び第三者に開示する等の行為はご遠慮ください。
    • 当社が提案する戦略および運用スキームは、グループ会社全体の運用機能を統合したものであるため、お客様の意向その他のお客様の情報をグループ会社と共有する場合があります。
    • 本資料に記載されている運用戦略の一部は、実際にお客様にご提供するにあたり相当程度の時間を要する場合があります。

     

    対価とリスクについて

    1. 対価の概要について 
    当社の提供する投資顧問契約および投資一任契約に係るサービスに対する報酬は、最終的にお客様との個別協議に基づき決定いたします。これらの報酬につきましては、契約締結前交付書面等でご確認ください。投資一任契約に係る報酬以外に有価証券等の売買委託手数料、信託事務の諸費用、投資対象資産が外国で保管される場合はその費用、その他の投資一任契約に伴う投資の実行・ポートフォリオの維持のため発生する費用はお客様の負担となりますが、これらはお客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)を通じてご負担頂くことになり、当社にお支払い頂くものではありません。これらの報酬その他の対価の合計額については、お客様が資産の保管をご契約されている機関(信託銀行等)が決定するものであるため、また、契約資産額・保有期間・運用状況等により異なりますので、表示することはできません。

    2. リスクの概要について 
    投資顧問契約に基づき助言する資産又は投資一任契約に基づき投資を行う資産の種類は、お客様と協議の上決定させて頂きますが、対象とする金融商品及び金融派生商品(デリバティブ取引等)は、金利、通貨の価格、発行体の業績・財務状況等の変動、経済・政治情勢の影響を受けます。 従って、投資顧問契約又は投資一任契約の対象とさせて頂くお客様の資産において、元本欠損を生じるおそれがあります。 ご契約の際は、事前に必ず契約締結前交付書面等をご覧ください。

     

     アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン株式会社
     金融商品取引業者 関東財務局長 (金商) 第424 号 
    一般社団法人日本投資顧問業協会に加入
    一般社団法人投資信託協会に加入
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会に加入

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

ここからは、jp.allianzgi.comから移動します。 移動するページはこちらです。