幸せなのは雨が降っているときだけ

経済楽観主義者達は、もはや絶滅危惧種と言ってもいいかもしれません。アメリカ・ミシガン大学の消費者心理調査は、1952年に調査を開始して以来の最低水準となりました。これは現在のパンデミックを考慮しても、1985年を起端にユーロ圏の消費者信頼感は停滞し続けています。今週はIMFでも、「世界的な景気後退に陥るのは時間の問題かもしれない」と報告されました。

投資家たちは、どのようにこの荒波を乗り越えられるでしょうか。明らかな課題は、インフレが過熱しており、各中央銀行は金利を引き上げなくてはなりません。金利の引き締めが予定される一方でどの程度引き締めるかをインフレの継続的な下落を前に判断することは難しいでしょう。なぜなら中央銀行の利上げは、意図の有無に関わらず、景気後退を加速させることがあるからです。

しかし、これは結論を先延ばしにするものではありません。例えば、アメリカにおいて、次のような問いかけをするとどうでしょう。多くの脆弱な企業が店をたたんだコロナウィルスによる景気後退から丁度2年が経過した今、大規模な企業倒産は起こりうるのか。また、消費者は物価上昇に不平を募らせているが、支出をし続けているのか。(答えはyes)家計のやりくりはまだ逼迫していないのか。(答えはyes)企業は現在も採用を続けているのか。(下記チャート参照)何が言いたいかというと、景気停滞とは経済が循環するうえで、自然な流れでもあるという側面もあるのです。

それを踏まえたうえで、重要なのは景気後退が来るのかどうかではなく、いつ来るのかです。

今週のチャート
米国経済ハイフリークエ ン シ ー データー、景気後退がどこか分かりますか?(% charge from 2019)
chart-W30

Past performance and forecasts are not a reliable indicator of future re-sults. Source: AllianzGI Global Economics & Strategy; OpenTable; Indeed; TSA; as of 26 July 2022

来週を考える

来週の経済カレンダーは、経済指標で埋め尽くされています。それらの指標は、2022年の上半期を終え、第3四半期が始まろうとするなか、健全なグローバル経済に影を落とすものとなるでしょう。

月曜日のアジア圏では、中国の財新/マークイット製造業PMI指数 は、過去3年以上で最も早い成長を示すことが期待されています。しかし、アメリカでは反対に、ISM製造業指数が2020年6月以来のなだらかな成長が拡大すると予測されています。一方、大西洋側では、ロシア・ウクライナ戦争の影響が、ユーロ圏で17カ月ぶりに失業率を押し上げていたかもしれません。

火曜日と水曜日は、ユーロ圏に引き続き注目すべきであり、6月の生産者物価上昇率は前年比36.7%増、小売売上高が0.4%減と予想されいます。アメリカの経済ウォッチャーはJOLTS求人労働異動調査の動向に関心を寄せるだろうと思われます。レポートでは恐らく、記録的な数値に近い水準の求人があった5月の11.25百万から若干減少し6月は11百万となることが予想されています。

木曜日は、日本とイギリスに注目が集まります。日本では、家計消費支出(インフレ調整後)が3か月連続の、縮小傾向から抜け出し、6月は前月比2.1%の上昇となる兆しが見えます。これは今年始まって以来の、よい兆候といえるでしょう。イギリスでは、イングランド銀行が7カ月の間で6回目となる利上げを実施するでしょう。今月の初めにイングランド銀行は、「経済の見通しは、実質的な悪化をしている」と発表しています。政府は引き続き、1982年マーガレット・サッチャー政権下以来のインフレの過熱に悪銭苦闘を強いられています。

今週は、金曜日に米国雇用統計が終盤に予定されています。コンセンサスの予測では、歴史的な厳しい状況から若干の緩和が見られるとされています。非農業部門雇用者数の拡大は6月の372千人から若干の減少がみられるものの、7月も255千人と依然として高い数字を維持すると見られています。失業率は世代をまたいで3.6%の低い水準を保ち続けるとみられ、平均時給は前月比0.3%増となる見通しです。

テクニカルについて

足元で行われた投資家調査では、非常に悲観的な見方が示されました。景気後退時かと思われるような弱気な姿勢がみられ、株式と債券への配分比率は減少し現金保有比率が増加しています。不安定なサプライチェーン、コモディティ、労働市場そして住宅市場により、インフレの今後の見通しにも暗雲が立ち込めています。その一方で一部の投資家は、インフレを見通した上で、景気停滞のリスクと中央銀行が緩和に乗り出す可能性に着目しており、それは2023年にも実施されるのではないかと見ています。こうした動きは長期国債の金利低下を促し、実際に米国10年債利回りは6月に3.5%に近づいて以降、足元では2.8%から3.0%のレンジに急落しています。もし利回りが2.7%のテクニカルラインを割った場合、そこからさらに下がることも起こりうるでしょう。

 


晴れの日が訪れますように。


グレッグ・メイヤー
ディレクター、シニア・エコノミスト、グローバル・エコノミスト&ストラタジー

  • Investing involves risk
    The value of an investment and the income from it will fluctuate and investors may not get back the principal invested.[*] Past performance is not indicative of future performance. This is a marketing communication. It is for informational purposes only. This document does not constitute investment advice or a recommendation to buy, sell or hold any security and shall not be deemed an offer to sell or a solicitation of an offer to buy any security. The views and opinions expressed herein, which are subject to change without notice, are those of the issuer or its affiliated companies at the time of publication. Certain data used are derived from various sources believed to be reliable, but the accuracy or completeness of the data is not guaranteed and no liability is assumed for any direct or consequential losses arising from their use. The duplication, publication, extraction or transmission of the contents, irrespective of the form, is not permitted. This material has not been reviewed by any regulatory authorities. In mainland China, it is for Qualified Domestic Institutional Investors scheme pursuant to applicable rules and regulations and is for information purpose only. This document does not constitute a public offer by virtue of Act Number 26.831 of the Argentine Republic and General Resolution No. 622/2013 of the NSC. This communication's sole purpose is to inform and does not under any circumstance constitute promotion or publicity of Allianz Global Investors products and/or services in Colombia or to Colombian residents pursuant to part 4 of Decree 2555 of 2010. This communication does not in any way aim to directly or indirectly initiate the purchase of a product or the provision of a service offered by Allianz Global Investors. Via reception of his document, each resident in Colombia acknowledges and accepts to have contacted Allianz Global Investors via their own initiative and that the communication under no circumstances does not arise from any promotional or marketing activities carried out by Allianz Global Investors. Colombian residents accept that accessing any type of social network page of Allianz Global Investors is done under their own responsibility and initiative and are aware that they may access specific information on the products and services of Allianz Global Investors. This communication is strictly private and confidential and may not be reproduced. This communication does not constitute a public offer of securities in Colombia pursuant to the public offer regulation set forth in Decree 2555 of 2010. This communication and the information provided herein should not be considered a solicitation or an offer by Allianz Global Investors or its affiliates to provide any financial products in Brazil, Panama, Peru, and Uruguay. In Australia, this material is presented by Allianz Global Investors Asia Pacific Limited (“AllianzGI AP”) and is intended for the use of investment consultants and other institutional/professional investors only, and is not directed to the public or individual retail investors. AllianzGI AP is not licensed to provide financial services to retail clients in Australia. AllianzGI AP is exempt from the requirement to hold an Australian Foreign Financial Service License under the Corporations Act 2001 (Cth) pursuant to ASIC Class Order (CO 03/1103) with respect to the provision of financial services to wholesale clients only. AllianzGI AP is licensed and regulated by Hong Kong Securities and Futures Commission under Hong Kong laws, which differ from Australian laws. This document is being distributed by the following Allianz Global Investors companies: Allianz Global Investors U.S. LLC, an investment adviser registered with the U.S. Securities and Exchange Commission; Allianz Global Investors Distributors LLC, distributor registered with FINRA, is affiliated with Allianz Global Investors U.S. LLC; Allianz Global Investors GmbH, an investment company in Germany, authorized by the German Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin); Allianz Global Investors (Schweiz) AG; in HK, by Allianz Global Investors Asia Pacific Ltd., licensed by the Hong Kong Securities and Futures Commission; ; in Singapore, by Allianz Global Investors Singapore Ltd., regulated by the Monetary Authority of Singapore [Company Registration No. 199907169Z]; in Japan, by Allianz Global Investors Japan Co., Ltd., registered in Japan as a Financial Instruments Business Operator [Registered No. The Director of Kanto Local Finance Bureau (Financial Instruments Business Operator), No. 424], Member of Japan Investment Advisers Association, the Investment Trust Association, Japan and Type II Financial Instruments Firms Association; in Taiwan, by Allianz Global Investors Taiwan Ltd., licensed by Financial Supervisory Commission in Taiwan; and in Indonesia, by PT. Allianz Global Investors Asset Management Indonesia licensed by Indonesia Financial Services Authority (OJK). [*Subject to change – depends on the content of the material which may mention certain investment instruments that involve particular risk]. #2314845