Don't downsize your dreams

インフレ早わかり:インフレ環境における投資

2022/07/15
Inflation cheat sheet: Key facts, figures and definitions

Summary

インフレに関するよくある質問に対する答え、投資家はインフレにどう立ち向かうべきかをご覧いただけます。

Sustainable Minute with Matt Christensen

サステナビリティ: EUタクソノミー

2022/07/24

Summary

EUタクソノミー解説:アリアンツGIのサステナブル&インパクト・インベスティング, グローバルヘッド、マット・クリステンセンが、EUタクソノミーの鍵となる要素、複雑さや主要な目的を解説します。また、それらがサステナブル投資をするうえで、投資家にどのような影響を与えるのかをお伝えします。


重要なポイント


  • EUのサステナブル・ファイナンスのプラットフォームは、EUタクソノミーの範囲拡大の草案を公開しました。これにより、タクソノミーに含まれる経済活動が大幅に増えるとみられています。
  • 今後、限定された環境活動だけでなく、悪影響の分類から脱却しようとする経済活動へも資金が渡ることが期待されます。
  • システムの複雑化や評価基準の判断などが、導入の障害になる懸念もあります。

アイコンをクリックすると、インフレに関するよくある質問に対する答えをご覧いただけます。

短期的にインフレを押し上げる3つの要因

長期的にインフレを押し上げる4つの要因

Icon: thumbs up
インフレの良いところ

インフレの中には、経済にとって
そして、株価にとって―良いものもあります。
  • 健全な経済は、持続的なペースで成長するものであり、インフレは経済成長につきものの副作用です。
  • また、物価が適度に上昇すれば企業の利益が増大することから、適度なインフレは株式市場にもプラスに働きます。
  • S&P 500指数で見ると、株価が最も上がったのは、インフレ率が2%から4%のときでした。しかし、インフレ率が5%以上になると、利益が下がり、消費も全体的にしぼむ傾向にあります。
  • 一方、こうした高い株価(とインフレ高進)は、何年にもわたる中央銀行の非常に「緩い」金融政策の結果として生じたものです。中央銀行がインフレ対策を取る方針を固めたことで、株価にも圧力がかかる可能性があります。
 

Icon: thumbs down
インフレの悪いところ

少しのインフレでも、購買力が損なわれる
  • インフレ率が3%になると、資産の価値はたった10年で25%近くも目減りします。
  • そのため、インフレはポートフォリオにとって「隠れた脅威」と呼ばれます。

10万ユーロで投資を始めたと仮定した場合の年3%のインフレ率の影響

Effect of 3% annual inflation rate on initial EUR 100,000 hypothetical
investment 出所:アリアンツ・グローバル・インベスターズ。上記の例は仮定に基づくものであり、あくまでも参考用です。
  • ベース効果: インフレの測定に使われることのある用語。2つの時点を比べる際、一時点のインフレ率が異常に低い(「ベース」)と、わずかな上昇でもインフレ率が大幅に上昇したように見えます。
  • ビハインド・ザ・カーブ: 中央銀行が意図的に、インフレ抑制のための利上げを遅らせるときに使われる用語。
  • ブレークイーブンインフレ率: 期待インフレ率とインフレプレミアムの合計。投資に対し、a) 固定された平均インフレ率の下で得られるリターンと、b) 変動キャッシュフローとして実際のインフレ率の下で得られるリターンが等しくなるような平均インフレ率を表します。
  • CPI(消費者物価指数): 通常、ヘッドラインCPIを意味し、ヘッドラインインフレとも呼ばれます。米国や英国などで主要なインフレ指標として使われています。コアCPI/コアインフレに対し、想定する財・サービスの「バスケット」全体の価格を指します。ヘッドラインインフレは変動が激しいため、短期的な予測にはあまり適さないとみなされています。
  • コアCPI(消費者物価指数)、コアインフレ: ヘッドラインインフレから変動の激しい食料品・エネルギー価格を除いて計算されます。
  • CPI-U(全都市消費者物価指数): 米国の都市部の消費者が消費財・サービスの市場「バスケット」に支払った価格の一定期間にわたる平均的な変動を示します。
  • デフレーション: インフレ率が0%を切った状態。
  • ディスインフレーション: インフレ率が下がっているものの、マイナスにはなっていない状態。
  • 期待インフレ率: 平均年間インフレ率、すなわち基礎となる価格指数の変動に対する市場参加者の予想を表します。
  • HICP(統一消費者物価指数): 欧州連合(EU)で算定されているCPI。HICPには、ユーロ圏をカバーするMUICP、EU全体をカバーするEICP、EU加盟国ごとの各国HICPのほか、EU、アイスランド、ノルウェーをカバーする欧州経済地域(EEA)のHICP指数であるEEACIPなど、いくつかの種類があります。
  • ハイパーインフレ: インフレ率が破壊的な勢い – 一般的に1カ月あたり50%以上 – で上昇している状態。
  • インフレ期待: 将来のインフレ率に対する消費者と企業の予想。高いインフレ期待は実際にインフレを押し上げる可能性があります。
  • インフレリスクプレミアム: 予期せぬインフレまたはデフレに対する補償。予期せぬ出来事に対する保険料と類似しています。
  • 金融緩和政策: 経済成長を刺激するために中央銀行が金利引き下げや資産購入等によって行うマネー供給の拡大を意味する経済的な表現。拡張的金融政策や緩和的金融政策とも呼ばれます。
  • マネーサプライ: 経済が保有する現金、流動性の高い銀行口座預金、長期預金等の量を示すもの。マネーサプライが経済産出量を上回ると、同じ量の財・サービスに対し、その購入にあてられる貨幣の量が増えることになるため、一般にインフレが起こります。
  • 名目: インフレを織り込む前(名目利回り、名目成長率など)。
  • 需給ギャップ: 経済における余分な生産能力、つまり実際の成長と潜在成長の差。近年、世界経済はその潜在力をフルに発揮していなかったため、需給ギャップが増大しました。これは、景気減速期や景気後退期によく見られる現象です。現在、需給ギャップは縮小しつつあります。
  • PCE(個人消費支出):家計および家計サービスを提供する非営利団体によって消費される財・サービスの価格。PCEは、CPIより低く推移する傾向があります。
  • 実質:インフレ織り込み後。
  • リフレーション:デフレが止まった、または反転した状態。
  • スタグフレーション:高インフレ、経済成長の低迷、高失業率が同時に生じている状況。
  • 労働分配率:経済産出量のうち、報酬という形で労働者が受け取る部分。
  • WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油:原油価格の推移を把握する標準的な方法の一つ。

1. 出所:ブルームバーグ、コンセンサス・エコノミクス。2022620日現在のデータ。コンセンサスのデータは、通年の平均インフレ率の推定値を反映。現在のインフレ指標とは直接比較できない。
2. 出所:労働統計局。2022713日現在のデータ。現在のインフレ率は、直近の月(単月)の前年同月比インフレ率を反映。
3. 出所:マーケットウォッチ、20226月現在。マクロトレンズ、20226月現在。

2155531 | 6125

  • Investing involves risk. The value of an investment and the income from it will fluctuate and investors may not get back the principal invested. Investing in the water-related resource sector may be significantly affected by events relating to international political and economic developments, water conservation, the success of exploration projects, commodity prices and tax and other government regulations. Past performance is not indicative of future performance. This is a marketing communication. It is for informational purposes only. This document does not constitute investment advice or a recommendation to buy, sell or hold any security and shall not be deemed an offer to sell or a solicitation of an offer to buy any security.

    The views and opinions expressed herein, which are subject to change without notice, are those of the issuer or its affiliated companies at the time of publication. Certain data used are derived from various sources believed to be reliable, but the accuracy or completeness of the data is not guaranteed and no liability is assumed for any direct or consequential losses arising from their use. The duplication, publication, extraction or transmission of the contents, irrespective of the form, is not permitted.

    This material has not been reviewed by any regulatory authorities. In mainland China, it is used only as supporting material to the offshore investment products offered by commercial banks under the Qualified Domestic Institutional Investors scheme pursuant to applicable rules and regulations. This document does not constitute a public offer by virtue of Act Number 26.831 of the Argentine Republic and General Resolution No. 622/2013 of the NSC. This communication's sole purpose is to inform and does not under any circumstance constitute promotion or publicity of Allianz Global Investors products and/or services in Colombia or to Colombian residents pursuant to part 4 of Decree 2555 of 2010. This communication does not in any way aim to directly or indirectly initiate the purchase of a product or the provision of a service offered by Allianz Global Investors. Via reception of his document, each resident in Colombia acknowledges and accepts to have contacted Allianz Global Investors via their own initiative and that the communication under no circumstances does not arise from any promotional or marketing activities carried out by Allianz Global Investors. Colombian residents accept that accessing any type of social network page of Allianz Global Investors is done under their own responsibility and initiative and are aware that they may access specific information on the products and services of Allianz Global Investors. This communication is strictly private and confidential and may not be reproduced. This communication does not constitute a public offer of securities in Colombia pursuant to the public offer regulation set forth in Decree 2555 of 2010. This communication and the information provided herein should not be considered a solicitation or an offer by Allianz Global Investors or its affiliates to provide any financial products in Brazil, Panama, Peru, and Uruguay. In Australia, this material is presented by Allianz Global Investors Asia Pacific Limited (“AllianzGI AP”) and is intended for the use of investment consultants and other institutional/professional investors only, and is not directed to the public or individual retail investors. AllianzGI AP is not licensed to provide financial services to retail clients in Australia. AllianzGI AP (Australian Registered Body Number 160 464 200) is exempt from the requirement to hold an Australian Foreign Financial Service License under the Corporations Act 2001 (Cth) pursuant to ASIC Class Order (CO 03/1103) with respect to the provision of financial services to wholesale clients only. AllianzGI AP is licensed and regulated by Hong Kong Securities and Futures Commission under Hong Kong laws, which differ from Australian laws.

    This document is being distributed by the following Allianz Global Investors companies: Allianz Global Investors U.S. LLC, an investment adviser registered with the U.S. Securities and Exchange Commission; Allianz Global Investors Distributors LLC, distributor registered with FINRA, is affiliated with Allianz Global Investors U.S. LLC; Allianz Global Investors GmbH, an investment company in Germany, authorized by the German Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin); Allianz Global Investors (Schweiz) AG; Allianz Global Investors Asia Pacific Ltd., licensed by the Hong Kong Securities and Futures Commission; Allianz Global Investors Singapore Ltd., regulated by the Monetary Authority of Singapore [Company Registration No. 199907169Z]; Allianz Global Investors Japan Co., Ltd., registered in Japan as a Financial Instruments Business Operator [Registered No. The Director of Kanto Local Finance Bureau (Financial Instruments Business Operator), No. 424, Member of Japan Investment Advisers Association and Investment Trust Association, Japan]; and Allianz Global Investors Taiwan Ltd., licensed by Financial Supervisory Commission in Taiwan.