Active is: Allianz Global Investors

AllianzGI の株主総会での議決権行使において、国によるガバナンス基準の差が目立つ

2020/02/13
AllianzGI の株主総会での議決権行使において、国によるガバナンス基準の差が目立つ

Summary

世界有数のアクティブ運用会社、アリアンツ・グローバル・インベスターズ(当社)は本日、2019年の株主と経営陣による約10万件の議案に対する議決権行使を分析した内容を発表し、国によりコーポレートガバナンスの基準に差があるというデータを公開しました。

Key takeaways

  • 報酬と取締役に関連した議案が引き続き精査項目として中心的
  • 環境や気候変動に関する株主提案に対する関心の高まりと強い支持
  • コーポレートガバナンス基準では英国が3年連続でリード。日本と米国は出遅れ

世界有数のアクティブ運用会社、アリアンツ・グローバル・インベスターズ(当社)は本日、2019年の株主と経営陣による約10万件の議案に対する議決権行使を分析した内容を発表し、国によりコーポレートガバナンスの基準に差があるというデータを公開しました。

当社は2019年を通して全世界で9,532回(2018年は8,535回)の株主総会に参加し、77%(同75%)で、少なくとも1件以上の議案に対して反対、保留、または棄権しました。議案に反対票を投じた割合は24%(同24%)です。これらの数字は、当社がスチュワードシップに対して非常にアクティブかつ世界的に一貫したアプローチを採用し、投資先企業からの期待に応えていない議案には積極的に反対票を投じ、各議案の利点を考慮してお客様の利益のために行動するという責務を果たしていることを表しています。

報酬関連議案は、2019年も引き続き世界的に最も議論を引き起こした分野であり、当社は経営陣からの全報酬関連議案の48%(同52%)に反対票を投じました。これらの投票の大部分は、業績と報酬が連動していないという株主の懸念、報酬の算定に使われる重要業績評価指標(KPI)や目標が企業価値を高める要因と一致していない、といった状況によるものです。

Eugenia Unanyants-Jackson

当社ESGリサーチのグローバル・ヘッドEugenia Unanyants-Jacksonのコメント

「アリアンツ・グローバル・インベスターズは、議決権の代理行使が、お客様に対するフィデューシャリー・レスポンシビリティ(受託者責任)と当社のスチュワードシップ・プロセスにとって不可欠であると考えています。投資先企業の株主総会への積極的な参加は、エンゲージメントの一つの形、つまり企業経営者や他の投資家、そして市場と対話する機会であると考えています」

「当社は議決権には責任を伴うことを認識し、投資先企業との建設的なエンゲージメントを積極的に実践し、かつ企業にも求めています。同時に、当社の見解と期待を投資先企業に知らせ、お客様の利益を守り高めるために議決権を行使しています。このことは、目標を達成する必要がある場合には、経営陣に対して反対票を投じる覚悟ができていることを意味しています」

報酬関連提案

報酬と業績との結びつきが弱いことへの懸念以外にも、報酬に対して反対票を投じたその他の要因として、希薄化効果が高い株式スキームや短期の株式スキーム、退職や経営権の変更に際して過度な支払いを認める解任規定や契約解除規定などが挙げられます。報酬提案に対して棄権した割合は、2018年の4%から2019年には7%に上昇し、投資先企業にエンゲージする機会が増えていることを示しています。

取締役関連提案

2019年には取締役の選出・再選出に対して世界的に注目が集まりました。当社は取締役会または主要な取締役委員会において独立取締役の比率が十分でなかった場合、非独立取締役に反対票を投じました。特に、長期にわたる在任期間、利益相反、取締役の独立性に支障をきたす報酬契約などの事項を重視しました。

取締役の兼務が引き続き多くの市場で重要課題となりました。非業務執行取締役の要求が増す中、常勤の業務執行役が複数の業務執行役を兼務したり、非業務執行取締役が上場企業や民間企業で多数の指名を受けていた場合に、当社は懸念を示しました。

会長とCEOの兼務により経営トップに権力が集中すると、筆頭独立取締役の存在や取締役会の強い独立性といった適切な抑制と均衡が働かないため、反対票を投じました。

外部監査法人の指名

当社は2019年、外部監査法人の任期に特に注目しました。担当監査法人が20年以上にわたり当該企業を監査しており交代が検討されていない場合は、外部監査法人の再指名に反対票を投じました。

資本化提案

事業上の必要性について経営陣から合理的根拠を得られなかった場合、当社は引き続き大規模な増資の承認に反対票を投じました。

買収防衛の仕組みとして使用される可能性があった場合、株式発行または自社株買いの提案を承認しませんでした。株主の権利に差が生じる可能性のある複数の種類株式構造に賛成しませんでした。

また、既存株主の価値を損なう可能性のある条件が行使される場合、私募および自社株買いの提案に反対票を投じました。

株主提案

当社は、健全なスチュワードシップ制度と、企業と株主間の有益な相互作用のために、株主提案が重要な要素であると考えています。株主提案により、企業は投資家の見解・懸念に関して重要な見識を得ることができます。また、株主提案で提起された議案に対してかなりの賛成票があれば、取締役会と経営陣は慎重に検討する価値があります。

気候変動関連の決議は2019年に強く支持され、気候変動関連の方針と行動、温室効果ガス排出、二酸化炭素排出量削減目標、気温2度上昇のシナリオの下での事業リスクと影響に関する報告の要望などがありました。

当社は、投資先企業のコーポレート・ガバナンスの改善や株主の権利強化を求めた株主提案を支持しました。これらの提案として、独立した取締役会議長の指名、取締役選出における多数決の導入、所有権における格差および支配構造の是正、業務執行取締役に対する株式保有方針の採用、株主が臨時株主総会を招集するのに必要な所有権の基準の引き下げなどが挙げられます。

社会的責任に関連した議案に関して、当社は、政治献金およびロビー活動費用・方針の透明化、社員の多様性、ジェンダーによる報酬の格差、人権、そして職場におけるハラスメントに関する報告を求める提案に賛成しました。

ガバナンス規範の基準に対する議決権の行使に関しては、国ごとに大きな違いがありました。

各国の経営陣からの提案に対する反対票の割合
2019年の経営陣からの提案に対する反対票の割合
日本38%
米国34%
香港29%
イタリア28%
フランス24%
ベルギー21%
スイス18%
ドイツ18%
台湾16%
スペイン15%
オランダ14%
中国12%
スウェーデン10%
英国5%
各国の報酬提案に対する反対票の割合
2019年の報酬提案に対する反対票の割合
香港93%
米国70%
中国57%
ベルギー55%
台湾50%
オランダ48%
イタリア44%
スペイン39%
ドイツ35%
フランス30%
スイス26%
日本26%
スウェーデン22%
英国20%
各国の取締役関連提案に対する反対票の割合
2019年の取締役関連提案に対する反対票の割合
イタリア57%
日本41%
香港35%
フランス30%
米国30%
台湾29%
ドイツ18%
スウェーデン17%
スイス16%
スペイン14%
オランダ13%
ベルギー12%
中国10%
英国6%

Download press release


編集者注

Allianz Global Investorsは、経営陣に対する反対票や棄権に関するコメントを含む全投票を、リアルタイムで開示しています。グローバル・プロキシー・ボーティング・ツールは、当社サイトのサステイナビリティ・セクションの「Active Stewardship(アクティブ・スチュワードシップ)」のページで閲覧可能です。
https://www.allianzgi.com/en/our-firm/esg/active-stewardship#activestewardship.


Allianz Global Investors について

Allianz Global Investors は、世界各地に25拠点、800人以上の運用プロフェッショナルを擁する有数のアクティブ運用会社であり、個人や機関投資家からの5,630億ユーロを超える資産を運用しています。*

私たちは、最も大切なキーワードとして「Active(アクティブであること)」を掲げています。これは、お客様とともに如何に価値を生み出し共有するかを表し、何かを売ることではなく、問題を解決し、経済的な利益を超えて付加価値を創造することであると、私たちは信じています。私たちは革新的な投資の専門知識とグローバル・リソースを活用して、長期的な視点を持って投資を行います。お客様がどこにいても、どのような投資ニーズがあっても対応できる、優れたサービスを提供することを目標としています。

Active is: Allianz Global Investors

*運用資産残高は2019年12月31日時点のデータ

Investing involves risk. The value of an investment and the income from it will fluctuate and investors may not get back the principal invested. Past performance is not indicative of future performance. This is a marketing communication. It is for informational purposes only. This document does not constitute investment advice or a recommendation to buy, sell or hold any security and shall not be deemed an offer to sell or a solicitation of an offer to buy any security.

The views and opinions expressed herein, which are subject to change without notice, are those of the issuer or its affiliated companies at the time of publication. Certain data used are derived from various sources believed to be reliable, but the accuracy or completeness of the data is not guaranteed and no liability is assumed for any direct or consequential losses arising from their use. The duplication, publication, extraction or transmission of the contents, irrespective of the form, is not permitted.

This material has not been reviewed by any regulatory authorities. In mainland China, it is used only as supporting material to the offshore investment products offered by commercial banks under the Qualified Domestic Institutional Investors scheme pursuant to applicable rules and regulations. This communication's sole purpose is to inform and does not under any circumstance constitute promotion or publicity of Allianz Global Investors products and/or services in Colombia or to Colombian residents pursuant to part 4 of Decree 2555 of 2010. This communication does not in any way aim to directly or indirectly initiate the purchase of a product or the provision of a service offered by Allianz Global Investors. Via reception of his document, each resident in Colombia acknowledges and accepts to have contacted Allianz Global Investors via their own initiative and that the communication under no circumstances does not arise from any promotional or marketing activities carried out by Allianz Global Investors. Colombian residents accept that accessing any type of social network page of Allianz Global Investors is done under their own responsibility and initiative and are aware that they may access specific information on the products and services of Allianz Global Investors. This communication is strictly private and confidential and may not be reproduced. This communication does not constitute a public offer of securities in Colombia pursuant to the public offer regulation set forth in Decree 2555 of 2010. This communication and the information provided herein should not be considered a solicitation or an offer by Allianz Global Investors or its affiliates to provide any financial products in Panama, Peru, and Uruguay. In Australia, this material is presented by Allianz Global Investors Asia Pacific Limited (“AllianzGI AP”) and is intended for the use of investment consultants and other institutional/professional investors only, and is not directed to the public or individual retail investors. AllianzGI AP is not licensed to provide financial services to retail clients in Australia. AllianzGI AP (Australian Registered Body Number 160 464 200) is exempt from the requirement to hold an Australian Foreign Financial Service License under the Corporations Act 2001 (Cth) pursuant to ASIC Class Order (CO 03/1103) with respect to the provision of financial services to wholesale clients only. AllianzGI AP is licensed and regulated by Hong Kong Securities and Futures Commission under Hong Kong laws, which differ from Australian laws.

This document is being distributed by the following Allianz Global Investors companies: Allianz Global Investors U.S. LLC, an investment adviser registered with the U.S. Securities and Exchange Commission; Allianz Global Investors Distributors LLC, distributor registered with FINRA, is affiliated with Allianz Global Investors U.S. LLC; Allianz Global Investors GmbH, an investment company in Germany, authorized by the German Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin); Allianz Global Investors (Schweiz) AG, licensed by FINMA (www.finma.ch) for distribution and by OAKBV (Oberaufsichtskommission berufliche Vorsorge) for asset management related to occupational pensions in Switzerland; Allianz Global Investors Asia Pacific Ltd., licensed by the Hong Kong Securities and Futures Commission; Allianz Global Investors Singapore Ltd., regulated by the Monetary Authority of Singapore [Company Registration No. 199907169Z]; Allianz Global Investors Japan Co., Ltd., registered in Japan as a Financial Instruments Business Operator [Registered No. The Director of Kanto Local Finance Bureau (Financial Instruments Business Operator), No. 424, Member of Japan Investment Advisers Association and Investment Trust Association, Japan];and Allianz Global Investors Taiwan Ltd., licensed by Financial Supervisory Commission in Taiwan.

Active is: Sharing insights

Coronavirus spread forces investors to think again

2020/02/27
Coronavirus spread forces investors to think again

Summary

As the humanitarian costs of the coronavirus continue to rise, outbreaks beyond China are challenging the previous consensus view that the impact on markets could be relatively contained. Global stock markets are down, and negative sentiment may become a self-fulfilling prophecy, adding to the need for caution and an active approach.

Key takeaways

  • China has acted to bring the coronavirus under control, but global outbreaks will prolong uncertainty and stock markets across the world have been impacted
  • While the outbreak is impacting demand – both in China and globally – there will also be global supply implications, particularly for the automotive and technology sectors
  • We expect the dominant trend to be a “flight to safety” into the US dollar and US assets
  • This crisis underscores the vulnerable outlook for global risk assets following a strong end to 2019, but long-term investors will want to sit tight and monitor how events play out