ブレンド・ファイナンス:機関投資家の方々への新たなアセットクラス

2022/08/15
Blended Finance

昨年末にスコットランドのグラスゴーで開催された、第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)は、いくつかのことを明確にしました。まずは、気候変動問題に取り組み、国連が掲げる17の持続可能な開発目標(SDGs)を支援するという国際社会の揺るぎない姿勢です。次に、世界各国の官民セクターは、数兆ドルを必要とする資金の調達を掲げたこと。そして最後に、これらの取り組みは先進国のみでは成しえないであろうという共通認識を確認したことです。これらは、いずれも発展途上国のサステナビリティを推進する資金の拠出の重要性を高めるものとなりました。



ブレンド・ファイナンスとは

ここまでは非常に良い流れと言えるでしょう。しかし、新興国におけるこのようなプロジェクトは、資金調達こそが難題となります。現状、公的資金では到底ニーズに対応しきれておらず、その一方で民間の投資にはリスクと市場アクセスの問題という2つの障害が存在します。具体的には、機関投資家は規制の関係で、非投資適格の国に限られた範囲内でしか投資できないのが一般的であり、その結果、欧州の保険会社の債券ポートフォリオの97%は先進国への投資となり、新興国への投資額は3%に過ぎません。また市場アクセスの問題として、途上国への公開市場からの投資は金融や不動産部門に大きな恩恵をもたらしますが、これらは幅広く途上国の経済に発展をもたらすものではありません。加えてその一方で、インフラや農業といった重要となる業種や地域の中小企業は、殆どその支援を受けずに置き去りにされたままとなります。


ブレンド・ファイナンスはこのような課題に対し役割を発揮します。ブレンド・ファイナンスとは、民間資本を動員するために(公的)開発資金や慈善事業資金を活用する戦略です。公的資金と民間資金をリスクバランスの取れた一つの枠組みへと統合し、途上国のSDGs達成に向けたプロジェクトに投資するものです。これにより、機関投資家は現地でインパクト投資を行うと同時に、魅力的な目標リターンの獲得が期待されます。



2つの資本ポジション

一般的に、ブレンド・ファイナンス戦略は、「ジュニア」ポジションと「シニア」ポジションという2つの資本ポジションで構成されます。公的資金によるジュニアポジションがファースト・ロス(最初の損失)を吸収しつつ、民間資金によるシニアポジションが優先権を持つ構造となっています。このようなファースト・ロス構造は、機関投資家のリスクを軽減し、投資適格の格付けに投資するような側面を得るカギとなります。ポートフォリオにおいては、リスクの緩衝材として十分なジュニアポジションの資本を確保し、またシニアポジションのリターンのボラティリティを軽減するために、投資プロジェクトの十分な分散が図られます。


アリアンツ・グローバル・インベスターズ(AllianzGI)は、現在では5年のブレンド・ファイナンス投資の経験を有しています。この投資において重要となるのはパートナーシップです。第一のパートナーとなる開発金融機関とのパートナーシップにより、投資家は彼らの現地でのプレゼンス、長年の投資経験、魅力的なインパクト・プロジェクトへのアクセス、ESGリスク軽減のノウハウなどの恩恵を受けることができます。また第二のパートナーとして公的機関と慈善団体があり、公的機関と慈善団体がファースト・ロスに対し保証を提供することで、第三のパートナーである民間セクターの参入の必要条件となるリスクの低減を可能とします。このようにして、ブレンド・ファイナンスは、多層構造的アプローチが構築されています。


2017年、世界銀行グループ傘下の国際金融公社とスウェーデン国際開発協力庁(SIDA)の協力のもと、新興国のインフラ投資のためのビークルが立ち上げられました。COP26期間中には、このファンドの目標額を10億米ドルに倍増し、農業や中小企業向けプロジェクトにも融資することを目的としています。そしてドイツでは、2019年に連邦経済協力開発省およびKfWの協力のもと、Africa Grow のファンド・オブ・ファンズが発足し、経済的かつ持続可能な社会的発展を促進するために、アフリカの中小企業やスタートアップ企業に現地ファンドを通じて融資することを目的としています。アリアンツGIは、ブレンドファイナンス戦略へのコミットメントに対し、すでに合計20億ドル以上の投資を実行しています。



次のステップ

弊社の次のステップは、単独や数社のみといった限定的なパートナーシップでは成り立たないブレンド・ファイナンス戦略を提供することです。オープンなプラットフォームを通じて、むしろプロジェクトの選定などといったソーシングをファースト・ロスの利害関係とを切り離します。これにより、複雑さが軽減され、より迅速な戦略の立ち上げが可能になります。投資対象は、新興国や途上国において、気候変動に対する保護と回復に焦点を当てたサステナブルなプロジェクトとしています。またサステナブル開示規則(SFDR)に照らし合わせると、この戦略はインパクト重視の投資であることから、第9条ファンドに分類されます。


これまでの内容をまとめると、 ブレンド・ファイナンスは、適したリスク格付けのストラクチャーを有する官民の資金パートナーシップを構築し、新興国や途上国がSDGsを達成するために、差し迫って必要としている資金を供給することを可能とします。機関投資家にとって、この新しいアセットクラスは、インパクトを重視した投資に対する領域を、彼らが望み、必要とするリスク分類へと広げるものとなるでしょう。



By アリアンツ・グローバル・インベスターズ、開発金融部門首席ポートフォリオ・マネジャー、ナディア・ニコロヴァ
アリアンツ・グローバル・インベスターズ、インスティチューショナル・ビジネス・デベロップメントD/A/CH責任者、トーマス・リンカー






#2264267

Investing involves risk. The value of an investment and the income from it will fluctuate and investors may not get back the principal invested. Past performance is not indicative of future performance.  This is a marketing communication.  It is for informational purposes only. This document does not constitute investment advice or a recommendation to buy, sell or hold any security and shall not be deemed an offer to sell or a solicitation of an offer to buy any security. 

The views and opinions expressed herein, which are subject to change without notice, are those of the issuer or its affiliated companies at the time of publication.  Certain data used are derived from various sources believed to be reliable, but the accuracy or completeness of the data is not guaranteed and no liability is assumed for any direct or consequential losses arising from their use.  The duplication, publication, extraction or transmission of the contents, irrespective of the form, is not permitted.

This material has not been reviewed by any regulatory authorities.   In mainland China, it is used only as supporting material to the offshore investment products offered by commercial banks under the Qualified Domestic Institutional Investors scheme pursuant to applicable rules and regulations. This document does not constitute a public offer by virtue of Act Number 26.831 of the Argentine Republic and General Resolution No. 622/2013 of the NSC. This communication's sole purpose is to inform and does not under any circumstance constitute promotion or publicity of Allianz Global Investors products and/or services in Colombia or to Colombian residents pursuant to part 4 of Decree 2555 of 2010. This communication does not in any way aim to directly or indirectly initiate the purchase of a product or the provision of a service offered by Allianz Global Investors. Via reception of his document, each resident in Colombia acknowledges and accepts to have contacted Allianz Global Investors via their own initiative and that the communication under no circumstances does not arise from any promotional or marketing activities carried out by Allianz Global Investors. Colombian residents accept that accessing any type of social network page of Allianz Global Investors is done under their own responsibility and initiative and are aware that they may access specific information on the products and services of Allianz Global Investors. This communication is strictly private and confidential and may not be reproduced. This communication does not constitute a public offer of securities in Colombia pursuant to the public offer regulation set forth in Decree 2555 of 2010. This communication and the information provided herein should not be considered a solicitation or an offer by Allianz Global Investors or its affiliates to provide any financial products in Brazil, Panama, Peru, and Uruguay. In Australia, this material is presented by Allianz Global Investors Asia Pacific Limited (“AllianzGI AP”) and is intended for the use of investment consultants and other institutional/professional investors only, and is not directed to the public or individual retail investors. AllianzGI AP is not licensed to provide financial services to retail clients in Australia.  AllianzGI AP (Australian Registered Body Number 160 464 200) is exempt from the requirement to hold an Australian Foreign Financial Service License under the Corporations Act 2001 (Cth) pursuant to ASIC Class Order (CO 03/1103) with respect to the provision of financial services to wholesale clients only.  AllianzGI AP is licensed and regulated by Hong Kong Securities and Futures Commission under Hong Kong laws, which differ from Australian laws.

This document is being distributed by the following Allianz Global Investors companies:  Allianz Global Investors U.S. LLC, an investment adviser registered with the U.S. Securities and Exchange Commission; Allianz Global Investors Distributors LLC, distributor registered with FINRA, is affiliated with Allianz Global Investors U.S. LLC;  Allianz Global Investors GmbH, an investment company in Germany, authorized by the German Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht (BaFin); Allianz Global Investors (Schweiz) AG; Allianz Global Investors Asia Pacific Ltd., licensed by the Hong Kong Securities and Futures Commission; Allianz Global Investors Singapore Ltd., regulated by the Monetary Authority of Singapore [Company Registration No. 199907169Z]; Allianz Global Investors Japan Co., Ltd., registered in Japan as a Financial Instruments Business Operator [Registered No. The Director of Kanto Local Finance Bureau (Financial Instruments Business Operator), No. 424, Member of Japan Investment Advisers Association and Investment Trust Association, Japan];and Allianz Global Investors Taiwan Ltd., licensed by Financial Supervisory Commission in Taiwan.