マルチ アセット ロング ショート

運用アプローチ

  • 流動性のあるグローバルなマルチアセットを投資対象として選定。

  • 投資対象資産のトレンドを特定するAllianzGI独自の市場サイクル分析とファンダメンタル分析を元に、ロングポジションとショートポジションを構築。

  • 目標リスク10%程度の範囲内で、特定の資産・証券にリスクが偏らないようなバランスのとれたリスク配分・管理を実施。

特性

  • 日次の流動性と低コスト。

  • 伝統的資産との低い相関。

  • リーマンショックの時期を含む、欧州機関投資家のアクティブ・アロケーション運用でのリスク管理・ドローダウン管理の実績。

哲学

市場の非効率性は、行動経済学で言われる「群衆行動(Herding)」や「保守的志向(Conservatism)」によって各資産クラスで一定期間継続するトレンドを形成することや、「過剰な自信(Overconfidence)」が価格が正常な水準を超えて上昇/下落するトレンドを引き起こすことで生まれると考えています。

こうした投資家行動がもたらす市場の非効率性は、アクティブな資産配分によって、リターンに結び付けられると考えています。