ダイナミック マルチ アセット プラス

戦略目標

市場の大幅な下落時におけるダウンサイドリスクの抑制を行いつつ、中長期的にSAAを上回る魅力的なリスク調整後のリターンの追及を目指します。


運用アプローチ

  • お客様と合意したSAAと投資対象可能資産から、流動性を考慮したグローバルなマルチアセットの投資先証券を選定。

  • 投資対象資産のトレンドを特定するAllianzGI独自の市場サイクル分析とファンダメンタル分析を元に、ダイナミックに配分比率を変更。

  • 常時ダウンサイドリスクのモニタリングを行い、リスク許容度が低下した場合は、ポートフォリオのリスク低減の為のリバランス(キャッシュ引き上げ、安全資産引き上げなど)を実施。

特性

  • 長期間にわたって様々な機関投資家・リテールの資産を運用してきた経験と実績。

  • AllianzGI独自の市場サイクル分析とファンダメンタルズ分析に基づく、ダイナミックな資産配分比率の変更。

  • リーマン・ショックを乗り切った下落リスク抑制のためのリスク管理プロセス。

  • 顧客のニーズに対応した柔軟なカスタマイズ。

哲学

市場の非効率性は、行動経済学で言われる「群衆行動(Herding)」や「保守的志向(Conservatism)」によって各資産クラスで一定期間継続するトレンドを形成することや、「過剰な自信(Overconfidence)」が価格が正常な水準を超えて上昇/下落するトレンドを引き起こすことで生まれると考えています。

こうした投資家行動がもたらす市場の非効率性は、アクティブな資産配分によって、リターンに結び付けられると考えています。