米国短期ハイイールド

戦略目標

米国短期ハイ・インカム戦略は、投機的格付け社債市場の構造的な非効率性を活用することにより、資産保全に重点を置きながら、流動性を確保しプラスのトータルリターンを追及します。


運用アプローチ

当戦略は投機的格付け債券とバンクローンに投資対象とし、保守的な運用アプローチを取っています。質の高い短期の高利回り社債に投資することにより、運用チームは信用リスクをコントロールしつつ、下落時における下落幅を最小限に留めることが可能です。


特性

ポートフォリオでは、投資家がデフォルトリスクを過大評価する傾向にあることから発生する、短期の質の高い投機的格付け社債の魅力的な利回りを狙います。差別化された要因には次のものがあります:

  • デフォルトのリスクを回避する優れた実績‐米国の発行体に対し徹底した信用調査を行うことにより、運用チームは信用度に対して割安であり、デフォルト・リスクが極めて低いと思われる発行体を発掘することが可能です。

  • 質の高い高利回り社債を重視‐運用チームは、高いリターンを追及することよりむしろ、リスクを最小化し、資産を保全することに重点を置いています。従って、投機的格付けにおいてもより格付けが高く、大型で流動性があり、質の高い銘柄に投資することで、継続的なインカム収入の獲得が出来ます

  • 厳格な売買規律がコスト削減を通して付加価値を高める - 投資チームの規律あるアプローチでは、売値と買値のスプレッドが相対価値を減価させ、全体の利回りにも影響することを認識しています。購入規律に基き、信用評価とリターンを生み出す機会とを比較し、最もリスク調整後相対価値を持つ債券を選択します。また、厳格な売却規律により、運用チームは発行体のファンダメンタルズ悪化の兆候が確認された場合、直ちに売却します。

哲学

運用チームは、短期ハイイールド債券市場において優れたリスク調整後リターンを獲得するためには、資産保全およびデフォルト・リスクの最小化と管理が一番重要であると信じています。投機的格付けの中でも高い格付を持ち、信用の質の高い社債に投資することによってデフォルト・リスクを管理し、資金を保全します。これによって短期ハイイールド債券市場で得られるインカム収入が投資家のリターンとして蓄積されます。


厳密な銘柄選択によって低いボラティリティでプラスのリターンを挙げることを重視し、市場で大幅に割安に評価されていると思われる信用性の高い優良な高利回り債券を保有します。厳密な信用調査により、一貫して投資目標を達成してきました。