グローバル・テクノロジー

戦略目標

当戦略の目標はリスク調整後リターンに見あった長期的なキャピタルゲインを最大化し、獲得することです。投資対象はインフォメーション・テクノロジー分野を中心とした世界株式市場であり、S&P北米テクノロジー・セクター指数を継続的に上回ることを目指しています。


運用アプローチ

当戦略はテクノロジー分野における主要な成長テーマを捉え、長期にわたり良好なリスク調整後リターンを提供することを目標としています。


特性

  • 当社独自の調査、深い業界知識と技能、ユニークな洞察。

  • アクティブなポートフォリオ・マネジメント:リターンを最大化するため、ファンダメンタルズの調査と定量的リスク管理の双方に基づくダイナミックな運用アプローチ。

  • 経験豊富なポートフォリオ・マネジメント・チーム:チームメンバーは合計70年を越えるテクノロジー分野での運用経験を有しています。

  • 投資哲学を反映した新しい投資アイデアを継続的にスクリーニング。

哲学

目ざましい進歩を伴うテクノロジー分野での創造的破壊は今後も継続し、テクノロジーに精通したボトムアップ型アクティブ運用にとって、絶対また相対リターンを獲得できると信じています。すなわち、銘柄選択と規律を持ったリスク管理によって、テクノロジー株のボラティリティがアルファの獲得機会となります。イノベーションは運用者にとって新興企業のみならず、テクノロジーの進歩により変貌する既存の業界においても注目すべき重要な要素です。我々は適正価格から乖離した投資機会を発掘するために、独創的かつ革新的なリサーチが必要であると考えています。