アリアンツ・グローバルエクイティ・ハイアルファ

戦略目標

アクティブ型でリスクバランスのとれたグローバル株式の運用で、3~5年の期間でMSCI ワールド指数並びにMSCI オールカントリーワールド 指数を2~3%上回るリターンを目指します


運用アプローチ

  • ボトムアップ式のファンダメンタルリサーチで銘柄を絞り込みます。

  • 続いてグローバル株式チームが、あらゆるリサーチ情報からベストの投資アイデアを選り抜き、銘柄を厳選しつつも十分に多様性のある株式ポートフォリオを構築します。

  • チームの目標は長期的競争優位性、十分な規模と成長潜在性があり、高いリターンを生み出す可能性の企業を割安な価格で高い確信度を持って投資を行うことです。

  • 毎週のポートフォリオ構築会議においては厳密な売買規律が儲けられています。各保有銘柄は相対比較、収益と価格のモメンタムに基づき株式評価を行うチームメンバーの判断に拠ります。株式の売買はこれらの基準と、更なる議論を経て執行されます。
  •  

特性

  • 市場の動きに依存せず、銘柄選択がリターンの源泉。

  • 平均16年の運用経験を持ち、パフォーマンスは長期に市場平均を上回り定評のある運用チーム。

  • マーケットサイクルに拘らず、市場平均を上回るパフォーマンスを生み出すため、グローバル株式というアセットクラスにおける市場の非効率性をうまく活用します。
  •  

哲学

グローバルエクイティ・ハイ・アルファ戦略は、株式市場は完全には効率的ではなく、非効率性を活用する余地があるという考察が基になっています。ボトムアップ式のファンダメンタルの株式選定に基づくリサーチをベースとした投資を行うことによって、どのようなビジネスサイクルの局面においても株式市場において一貫して長期にわたり平均を上回るパフォーマンスを挙げることが可能と私たちは考えています。独立したファンダメンタルリサーチにより、私たちは株式の価格決定における市場の歪みを探し出し、お客様にに長期にわたりパフォーマンスを提供出切るよう努めています。

株式選定において、長期的成長、収益の質、魅力的なバリュエーションの3つの要素が鍵となります。

ポートフォリオではそれれぞれのセクター内で高い成長性を持つ銘柄を保有しています。第2に高い期待リターン、強固な経営陣、市場でのリーダーシップ、優れた営業基盤等の質の高い銘柄です。さらに、各株式は絶対並びに相対ベースでも、バリュエーション面で上昇余地が大きいことが求められます。