アリアンツ・グローバル・サステナビリティ

戦略目標

  • グローバル・サステナビリティ戦略は環境、社会、ガバナンス基準(ESG)を基に、企業のレピュテーションリスクを回避する一方で、長期的に競争力のある投資リターンと良好な社会的影響を生み出します。

  • 運用目標はローリング3年間超の期間でベンチマークを2%上回るパフォーマンス。
  •  

運用アプローチ

  • ボトムアップ型のファンダメンタル企業リサーチから開始。

  • 次いで全株式は当社独自のESGに基づく計測によって、ふるいにかけられます。

  • 独自の基準に基づき、グローバル株式でポートフォリオを構築します。この際、最低75%はESGのリスク管理において「最高クラス」と判断されるものです。最大で25%の株式は「最高クラス」の候補となる銘柄が対象となります。なお「最低クラス」の株式は投資の対象外です。

  • これらの基準が満たされると、サステナビリティ・チームがグローバル株式チームの他の人員と共同し、選り抜かれながらも十分に多様性のある株式ポートフォリオを構築します。

  • チームの目標は、長期的競争優位性、十分な規模と成長潜在性があり、高いリターンを生み出す企業を割安な価格で確信度の高い投資を行うことです。

  • 毎週のポートフォリオ構築会議において厳密な売買規律が敷かれています。各保有銘柄は、相対比較、収益と価格のモメンタムに基づき株式評価の責任を負うチームメンバーによる判断に拠ります。株式の売買はこれらの基準と、更なる議論を経て執行されます。

 

特性

  • 所有権を共有する積極的なアプローチによって、ESGスコアの低い株式を選別、除外します。つまり、企業、政府、その他の投資家によって企業活動が改善される事を意味します。

  • 地域的に専門性を持つ6セクターのESG専門家がサポート。

  • 定例の報告プロセスにより、ポートフォリオの状況をお客様へフィードバックします。
  •  

哲学

グローバル・サステナビリティ戦略は環境、社会、ガバナンス基準(ESG)を個別または全体として考慮し、長期にわたる競争力ある投資リターンと社会的影響を生み出す戦略です。