アリアンツ・エマージングマーケット・システマティク

戦略目標

  • 当戦略はエマージング株式市場への投資を通じ、まだ市場で織り込まれていない変化を捉え、リターンの獲得を目指します。

  • 魅力的な成長性と割安性の両方をミックスしたボトムアップ型のアクティブなポートフォリオ。

  • ベンチマークを上回ることを目標とし、特に市場の下落時における損失の抑制に注力しています。

  • 再現性の高い運用プロセスは、エマージング消費者関連株式戦略、エマージング小型株式戦略にも適用されています。

 

運用アプローチ

  • 行動ファイナンスに焦点を当てた独自のアルファとリスクのモデル(定量面)と、銘柄の売買実行前の投資テーマの検証(定性面)を組み合わせた運用プロセス。

  • 適正なトラッキングエラーとベンチマークより低い予想リスクに着目したリスク管理。

  • 国、産業、時価総額、流動性水準においてベンチマークを考慮した制約。

  • 高いアクティブ度合いと市場の下落局面での資産保全を目標とするボトムアップ型の確信度の高いポートフォリオ。
  •  

特性

  • 多くの運用マネージャーと異なる独自の行動ファイナンスの着目点。

  • 2,000銘柄以上にのぼるエマージング株式市場のユニバースに対し、日々のアルファとリスクへの洞察を備えた運用プロセス。

  • 当戦略では十分に多様性のあるポートフォリオを構築する事でベンチマークに対する大きなリスクを回避し、確信度の高いボトムアップ型の銘柄選択でリターンを獲得。

  • 運用開始以来、エマージング株式戦略担当のポートフォリオ・マネージャーの離職はゼロ。
  •  

哲学

当戦略はエマージング株式市場への投資を通じ、まだ市場で織り込まれていない変化を捉え、リターンの獲得を目指します。投資行動のバイアスが提供する投資機会を捉え、本質的かつバリュエーションの評価基準によって補完します。資産クラス間に存在する非効率性とアルファ機会を勘案すると、当運用アプローチは特にエマージング株式市場に向いていると考えられます。